美容情報

【随時更新】2021年美容師おすすめの人気ヘアドライヤー7選【コスパ・高級】

シャンプーやトリートメントと同じく、毎日使う物と言えば

ヘアドライヤー

です。

ヘアドライヤーは毎日使うものだからこそ、慎重に選ばないとダメージなどに繋がります。

ただ、、、

今現在、たくさんのヘアドライヤーが販売されています。

YUYA
僕も把握できないぐらいあるよ、、、

そのため、

疑問や悩み

・何を基準にドライヤーを選べばいいか分からない

・私の髪質に合ったドライヤーは?

・高いドライヤーって何がいいの?

などの疑問や、悩みを持つ方も多いはずです。

そこで今回は、美容師である僕がおすすめするヘアドライヤー7選と、ヘアドライヤーを選ぶ際のポイントをご紹介させていただきます。

この記事でわかること

  • ヘアドライヤーの選び方
  • あなたに合ったヘアドライヤー
  • おすすめのヘアドライヤー7選

YUYA
このブログでは、美容師である僕が実際に使って良かったものを紹介しています

ヘアドライヤー選び4つのポイント

みなさんも既にご存知の通り、ヘアドライヤーにはたくさんの種類があります。

YUYA
正直、僕も把握できていないよ、、、

ドライヤーを選ぶ基準の1つとして

価格

があると思います。

ドライヤーもピンきりで、安い物もあれば高い物もあります。

今回僕がご紹介させていただくドライヤーは、基本的にはプロ用となっております。

そのため価格は少し高め、もしくは高めです。

ただドライヤーなどの性能は、価格に比例すると僕は思っています。

YUYA
高い物には高いなりの理由があるよ

ココがポイント

髪を大切にしたいでのあれば、良い物を使う必要があります。

初期費用はかかりますが、綺麗な髪を手に入れる為の投資と思ってぜひ良いドライヤーを使ってください。

そんなドライヤー選びの、4つのポイントはこちら

  • 早く乾かすなら風量が強いプロ用
  • 保湿など髪への効果
  • 腕が疲れない軽さ
  • 長く使える耐久性

となっております。

早く乾かすなら風量が強いプロ用

ショートの方であればすぐに髪を乾かすことができますが、ロングの方であればそうはいきません。

ショートであれば5分、ロングであれば10〜15分が平均的です。

YUYA
髪が傷んでる人ほど時間がかかるよ

そのためドライヤーに求める性能の1つに

風量

があるはずです。

もし風量を求めるのであれば、市販品ではなくプロ用一択となります。

ほとんどのヘアドライヤーのワット数は、1,200W前後です。

ココがポイント

ですが同じ1,200Wでも、市販品とプロ用では風量にかなりの差があります。

YUYA
市販品でも1,400Wとかあるけど、1,200Wのプロ用より風量が弱い物はたくさんあるよ

プロ用は、美容師が営業中に使うことを想定して作られています。

そのため、風量がかなり強く作られているのです。

そして美容師は、少しでも早くお客様の髪を乾かす必要があります。

なので風量を求めるのであれば、プロ用がおすすめです。

保湿など髪への効果

最近のドライヤーはただ髪を乾かすだけでなく、髪に潤いやツヤを与える物やダメージレスな物など、+αの効果を持ち合わせたドライヤーが販売されています。

なかには顔に風を当てることで、お肌がリフトアップするなんて効果があるドライヤーもあります。

YUYA
今のドライヤーはただ乾かすだけじゃないんだね

そのため自分がドライヤーに何を求めるの、も選ぶ際のポイントになります。

ドライヤーに求めること

・髪を潤わせたい

・少しでもダメージを減らしたい

・髪の広がりを抑えたい

など、髪への効果も含めてドライヤーを選ぶのがおすすめです。

腕が疲れない軽さ

重たいドライヤーをずっと持っていると、腕が疲れますよね?

ココがポイント

腕が疲れないためにも、なるべく軽くて使いやすいドライヤーを選ぶことも大切です。

腕が疲れると髪を乾かすのが嫌になり、途中で止めてしまう方も多いはずです。

そうなると髪が半乾きになり、ダメージに繋がります。

YUYA
逆にサイズが小さいドライヤーは風量が弱い物が多いよ

なので腕が疲れず、ずっと持っていれるぐらいの重さのドライヤーがおすすめです。

長く使える耐久性

安いドライヤーであれば壊れてもあまり気になりませんが、高いドライヤーが壊れてしまうとショックですよね?

そのためドライヤーの耐久性も、凄く大切な選考基準です。

YUYA
なるべく長く使いたいよね

特に市販の物は、持ち運びやすさコンパクトさなどを重視して作られている物もあります。

そのためプロ用と比べると、耐久性が若干劣ります。

ココがポイント

プロ用は1日に何度も使用することを考えて作られているので、スイッチ周りやモーターなどが頑丈に作られています。

なので安い市販品のドライヤーを頻繁に買い換えるぐらいであれば、耐久性が高く長く使えるプロ用を買うほうが良いです。

YUYA
初期費用はかかるけど、やっぱりプロ用のドライヤーが総合的におすすめだよ

髪を乾かさないのは究極のNG

最後にドライヤーを選ぶポイントではないのですが、、、

みなさん、髪はきちんと乾かしていますか?

めんどくさいや、暑いといった理由で乾かしていない方も多いはずです。

もし髪を乾かさないと、、、

注意

・キューティクルが剥がれる

・ダメージやカラーの退色に繋がる

・頭皮が臭くなる

・髪が乾燥する

など、髪にかなりの負担がかかります。

髪は濡れている状態が、一番デリケートな状態です。

なるべくデリケートな状態を少なくするためにも、お風呂上がりなど髪が濡れた時はすぐに乾かしてあげてくださいね。

YUYA
ヘアケアは日々の積み重ねが大切だよ

美容師おすすめのヘアドライヤー7選

それでは本題に入ります。

今回ご紹介させていただくドライヤー7選はこちら

おすすめのヘアドライヤー

・ノビー ドライヤー NB1904

・復元ドライヤー

・プロテクトイオン ヘアードライヤー NIB3001

・ホリスティックキュアドライヤー

・絹女ヘアドライヤー

・リファビューテック ドライヤー

・レプロナイザー 4D Plus

となっております。

 ノビー NB1904復元ドライヤープロテクトイオンホリスティック絹女リファレプロナイザー4D
価格(税込)9,460円17,270円19,580円24,200円26,400円36,300円57,200円
重量約670g約715g約750g約405g約363g約695g約750g
消費電力1,200W750W1,300W1,500W1,250W1,200W1,200W
特徴安くて壊れにくい体全身にも使える静電気を抑える使うほど髪が潤う軽くて大風量髪を保湿する綺麗にまとまる

それでは1つずつ解説していきます。

ちなみにこれからご紹介させていただくドライヤーは、基本的に美容室もしくは正規販売店でしか購入できません。

Amazonや楽天でも購入はできますが、製造されてから月日がかなり経ってるなど品質が劣る可能性もあります。

そのため正規ルートで仕入れを行っているビューティーパーク公式サイト、美容室での購入をおすすめします。

Amazon等で購入していただくのも良いのですが、上記の点だけご注意ください。

ノビー ドライヤー NB1904

まずは、コスパと長く使える耐久性が魅力的な

ノビー ドライヤー NB1904

です。

特徴

・とにかく安い

・マイナスイオンなどの効果はない

・長期間使える耐久性

髪が潤うなどの効果はありませんが、風量が強く髪を乾かす時間を短縮できます。

YUYA
ただ早く乾かせたら良いって人におすすめだよ

また重量も軽く、長時間使っていても腕が疲れません。

そして先程もお伝えした通り、ノビードライヤー最大の魅力は耐久性です。

ココがおすすめ

このドライヤーを母親にプレゼントしてから既に10年ほど経ちますが、今だに現役です。

時々フィルターを掃除したり交換する必要はありますが、雑に使わなければ長期間使うことができます。

値段もプロ用の中ではリーズナブルなほうなので、始めてプロ用ドライヤーを買う方にもおすすめです。

YUYA
価格は高くなるけどマイナスイオン付きもあるよ

復元ドライヤー

次に、熱ではなく振動で髪を乾かすという今までに無い新しい技術のドライヤー

復元ドライヤー

です。

特徴

・遠赤外線で髪を乾かす

・風の温度が低く、熱ダメージを抑えることができる

・体全身に使える

復元ドライヤーは、

熱からのダメージをなくしたい

という思いから作られました。

ココがポイント

そのため温度はHIGHモードでも80℃、LOWモードでは65℃とドライヤーの中ではかなり低温です。

では、何を使って乾かすのか?

それは育成光線という名前の、遠赤外線です。

この遠赤外線の温熱効果によって、熱からのダメージをなくしつつ髪を乾かすことができます。

YUYA
育成光線には、人間の皮膚細胞を活性化させる働きがあるよ

ココがおすすめ

それに加えて低温なので髪だけでなく体全身に使うことができ、バストアップやヒップアップ、お顔のリフトアップにも使えます。

ただ、正しく使わないと髪を乾かすのに時間がかかります。

この点だけ気にならなければ、凄く良いドライヤーです。

復元ドライヤーに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

プロテクトイオン ヘアードライヤーNIB3001

次に、先程ご紹介したノビーシリーズの

プロテクトイオン ヘアードライヤー NIB3001

です。

特徴

・風量が強い

・静電気やパサつきを抑えてくれる

・温風と冷風を自動で切り替えてくれる

このプロテクトイオンヘアードライヤーは、アメトーークで紹介され話題になりました。

ココがおすすめ

ノビードライヤーNB1904の1.5倍の風力で、瞬時に髪を乾かしてくれます。

また付属のアタッチメント「ケアドライフード」を使うことで、熱からのダメージを抑えつつ髪全体を均一に乾かしてくれます。

YUYA
消費電力が1300Wだから使うコンセントに気をつけてね

さらにマイナスイオンプラスイオンを同時に放出することで、静電気やパサつきを防ぎながら髪をまとめてくれます。

温風と冷風を自動で切り替えながら、熱ダメージを抑えてくれるのも○

ただ重量が800gなので、少し重たいと感じるかもしれません。

もしもっと軽いドライヤーが良い方、もしくはお家に1300Wに対応しているコンセントがない方

プロテクトイオン ヘアードライヤー NIB2600

がおすすめです。

若干風力は弱くなりますが、540gと軽いので腕が疲れることもありません。

ノビードライヤーに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

ホリスティックキュアドライヤー

次に、美容師さんからも人気がある

ホリスティックキュアドライヤー

です。

特徴

・405gと軽い

・強い風量と遠赤外線で髪を乾かす

・使えば使うほど髪が潤う

ホリスティックキュアドライヤーは、サイズがやや大きいものの、405gと500mlのペットボトルよりも軽いです。

ココがおすすめ

それでいて1500Wの風量と、復元ドライヤーと同じ育成光線が放出されるので、髪を素早くしっかり乾かしてくれます。

YUYA
とにかく早く乾かしたい人におすすめだよ

またドライヤー本体に数種類の天然鉱石ミネラルが配合されており、使えば使うほど髪が潤うという仕様になっています。

ホリスティックキュアドライヤーには、もう1種類のドライヤー

ホリスティックキュアドライヤー モイストプラス

があります。

モイストプラスは、髪が広がりやすい方や、よりしっとりまとめたい方におすすめです。

2種類の違いは、

2種類の違い

・黒色のホリスティックキュアは、ハリコシと速乾

・白色のホリスティックキュアモイストプラスは、ダメージケアとしっとりとした潤い

といった感じ。

YUYA
モイストプラスは1350Wだよ

さらに、ホリスティックキュアドライヤーの最高位

ホリスティックキュアドライヤー Rp.

こちらは、上記2機種の良いとこ取りをしたドライヤーです。

選べる3つのモード

・ハリコシ → ボリュームアップモード

・しっとり → ボリュームダウンモード

・ケア → キューティクルケアモード

3つのモードを選択することができ、全ての髪の悩みに対応することができます。

YUYA
ドライヤーもここまで進化したんだね

価格は33,000円と高めですが、買って損はしないドライヤーです。

ホリスティックキュアドライヤーに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

絹女ヘアドライヤー

次に、コンパクトかつ大風量の

絹女ヘアドライヤー

です。

キヌージョ ヘアドライヤー ホワイト
created by Rinker
KINUJO

特徴

・約363gという超軽量

・大風量で速乾

・選べる3つのモードと、3段階に調整できる風量と風温

絹女ヘアドライヤーの魅力は、なんと言っても軽さです。

その軽さ、なんと驚愕の約363g!

先程ご紹介した、ホリスティックキュアドライヤーを大幅に超えて、今回ご紹介するドライヤーの中で一番軽いです。

YUYA
僕が今まで使ってきたドライヤーの中で一番軽いよ

お値段も26,400円と、良心的○

そして元々コンパクトにもかかわらず、さらにコンパクトに折りたたむことができるので、旅行なども気軽に持っていくことができます。

ココがおすすめ

風量がかなり強く、髪の内側から熱を生み出す遠赤外線も放出されるため、ロングの方でもすぐに髪を乾かすことができます。

YUYA
マイナスイオンも出てるよ

また絹女ヘアドライヤーには

選べる3つのモード

・GROSSモード

・SCULPモード

・SWINGモード

の3種類のモードが搭載されており、仕上がりの質感や、髪の状態に合わせて選ぶことができます。

おすすめはGROSSモード

GROSSモードを使うと、手触りがすごく良くなり、しっとりまとまりのある髪に仕上がります。

軽量で大風量のドライヤーを求めている方に、すごくおすすめのドライヤーです。

YUYA
僕は今絹女ヘアドライヤーを使っているよ

ただ風量が強いので、下から風を当てながら乾かすと、髪が広がりやすくなります、、、。

ちなみに本体のカラーは、ホワイトだけでなくモカもあります。

キヌージョ ヘアドライヤー モカ
created by Rinker
KINUJO

絹女ヘアドライヤーについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

リファビューテック ドライヤー

次にMTGから販売されている、

リファビューテック ドライヤー

です。

リファビューテック ドライヤー
created by Rinker
ReFa

特徴

・温風と冷風を自動で切り替えてくれる

・温度感知センサーで、ドライヤーの熱を約60℃以下に保つ

・髪質に合わせて選べる2つのモード

リファと言えば、あの美容ローラーが有名ですよね。

YUYA
顔とかをコロコロする美顔器だよ

リファビューテック ドライヤーには、髪の温度を自動で探知し、温風と冷風を自動的に切り替えてくれるセンサー

プロセンシング機能

が搭載されています。

ココがおすすめ

このプロセンシング機能により、ドライヤーの熱を常に60℃以下に保つことができ、熱ダメージから髪を守ってくれます。

YUYA
髪は熱ダメージを受けると硬くなったり、ゴワついたりするんだよ

また風出口からは、ハイドロイオンという特殊なイオンが出ています。

ハイドロイオンには、髪を保湿しながらキューティクルを保護する効果があり、適度な水分を残しつつさらっとした髪に仕上げてくれます。

さらにビューテックドライヤーには、

選べる2つのモード

・VOLUME UP

・MOIST

の2種類のモードが搭載されています。

軟毛や細毛の方でふんわり仕上げたい方は、VOLUME UP

硬毛や太毛の方でしっとり仕上げたい方は、MOIST

のように、髪質や理想の仕上がりによって選ぶことができます。

ただお値段は36,300円と、お高めです。

YUYA
ちょっと音も大きいかも、、、

ビューテックドライヤーに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

レプロナイザー 4D Plus

最後に、ドライヤーの最高峰

レプロナイザー 4D Plus

です。

特徴

・しっとり潤い、広がりを抑えてくれる

・使えば使うほど髪が潤う

・髪が乾燥しにくい

レプロナイザー4D以外にも、髪が’傷まないコテやストレートアイロンのヘアビューロンが有名です。

魔法のドライヤーと言われているレプロナイザー4Dですが、その秘密は独自で開発されたバイオプログラミングです。

バイオプログラミングとは

髪や肌の細胞や遺伝子を直接活性化させる技術です。

髪の主成分であるタンパク質や水分を活性化させることで、髪が綺麗に整っていくといった感じです。

簡単に説明すると、レプロナイザー4Dを使って髪を乾かすだけでしっとり潤いサラサラになります。

くせ毛で広がりやすい方も、綺麗にすっとまとまります。

ココがおすすめ

髪が傷むどころか、使えば使うほど髪が潤うというまさに魔法です。

YUYA
顔に冷風を当てるとリフトアップするよ

気になるお値段は、、、

57,200円!

高い!笑

めちゃくちゃ高いです。

ですが値段相応の効果があるので、

髪にはとにかくお金をかけてもいい!

って方におすすめです。

レプロナイザー4Dを販売しているリュミエリーナは、値下げを全くしません。

注意ポイント

ネットには定価より安く販売されている物もありますが、偽物の可能性が高いので必ず正規のお店や美容室で購入してくださいね。

なんと、2020年12月にレプロナイザーの最新作

レプロナイザー 7D Plus

が発売されました。

価格は4Dを遥かに超える驚愕の

79,200円!

YUYA
もはや笑えるレベルだね 笑

4Dと比べて7Dは、バイオプログラミング効果がかなり格段にアップしたとのことです。

ですが、、、

実際に使ってみて4Dと7Dでは、そこまで仕上がりに差を感じなかったので4Dでも十分です。

最新作の7Dを含むレプロナイザーに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

美容師おすすめのヘアドライヤーまとめ

自宅でのヘアケアはシャンプーやトリートメントが大切ですが、ドライヤーも凄く大切です。

これらに共通しているのは、毎日使う物という点です。

毎日使う物だから、良い物を使う必要があるのです。

ヘアケアは、毎日のホームケアがとても大切です。

お金と時間がかかりますが、髪を良い状態に保つためには必要なことなのです。

ぜひプロ用のドライヤーを試してくださいね。

おすすめのヘアアイロンはこちら

-美容情報