美容情報

美容師がホリスティックキュアドライヤー3種類の違いと効果を解説!

 

次々と新しい商品が発売されるヘアドライヤー。

 

ここ数年、各メーカーがこぞってドライヤーを発売しているため、今では数え切れないぐらいのドライヤーがあります。

YUYA
種類が多いと悩むよね、、、

 

そんな数あるドライヤーの中でも、美容師さんから支持を得ているのが

ホリスティックキュアドライヤー

です。

YUYA
実際に使っている美容師さんも多いよ

 

ですが、、、

 

ただ聞いたことがある、見たことがあるだけで、

疑問・悩み

・どういった効果があるの?

・価格と性能は比例してるの?

・3種類あるけど、どう違うの?

・実際のところどうなの?

といった疑問や、悩みがあると思います。

 

そこで今回は美容師である僕が、ホリスティックキュアドライヤーの効果や、3種類の違いなどを徹底解説させていただきます。

この記事でわかること

  • ホリスティックキュアドライヤーとは
  • 3種類の違い
  • 魅力やメリット、デメリット
  • あなたに合ったホリスティックキュアドライヤー

YUYA
このブログでは、美容師である僕が実際に使って良かったものを紹介しています

軽くて大風量のホリスティックキュアドライヤー

ホリスティックキュアドライヤーの最大の魅力は、なんと言っても軽い!

 

その重さ、なんと405g!

 

500mlのペットボトルより軽いです。

 

にもかかわらず風量も強く、髪を素早く乾かすことができます。

YUYA
軽くて大風量って最強すぎる、、、

 

ここ最近のドライヤーって、凄く性能が高く風量も強いけど、とにかく重たい、、、。

 

重たいドライヤーだと、髪を乾かしていると腕が疲れるし、途中で嫌になっちゃいますよね。

YUYA
高性能で軽いドライヤーってあまりないよね

 

もし髪を半乾きのままにすると、

・髪が広がりやすくなる

・ヘアカラーが退色しやすくなる

・パサつきやすなる

と、良いことがありません。

 

ココがポイント

ですが、軽量かつ大風量のホリスティックキュアドライヤーであれば、腕が疲れることなく髪をしっかり乾かすことができます。

YUYA
てことは髪への負担を減らせるってことだね

育成光線で素早く乾き潤う

ホリスティックキュアドライヤーの本体には、数種類の天然鉱石ミネラルが配合されています。

 

この天然鉱石やミネラルからは、

育成光線

が放出されます。

YUYA
3種類全てに天然鉱石やミネラルが配合されているよ

 

育成光線は、遠赤外線よりも暖める働きが高く、髪の内部から熱を生み出します。

 

 

ココがおすすめ

大風量と育成光線の組み合わせによって、髪を乾かす時間を短縮することができ、熱ダメージを抑えることができます。

YUYA
ドライヤーを使う時間が長いと、それだけ髪に負担がかかるよ

 

また育成光線は、髪内部に水分を浸透させ、水分バランスを整えてくれます。

 

そのため使えば使うほど髪が潤い、しっとりまとまりのある髪に仕上がります。

YUYA
手触りも良くなるよ

ホリスティックキュアドライヤー3種類の違いと効果

ホリスティックキュアドライヤーには今現在、

ホリスティックキュア

・ホリスティックキュアドライヤー

・ホリスティックキュアドライヤーモイストプラス

・ホリスティックキュアドライヤーRp.

3種類があり、それぞれ効果などが異なります。

 ホリスティックモイストプラスRp.
価格(税込)24,200円24,200円33,000円
重量約405g約405g約460g
消費電力1,500W1,350W1,400W

 

それでは1つずつ解説していきます。

 

ちなみに、、、

 

ホリスティックキュアドライヤーは購入する際は、基本的には1年保証が付く正規販売店ビューティーパークがおすすめです。

 

Amazonや楽天で購入する場合でも、「正規販売店」と書かれたショップから購入してください。

YUYA
正規販売店以外で購入すると保証がつかないよ

さらっとふんわりのホリスティック

まずは、ホリスティックキュアドライヤーです。

こんな方におすすめ

・軟毛、細毛の方

・ふんわりボリュームを出したい方

・髪にハリコシがなく、ぺたっとする方

・さらっと質感に仕上げたい方

 

黒色のホリスティックキュアドライヤーは、速乾に加えて髪にハリコシを与えてくれます。

 

そのため軟毛や細毛の方など、ボリュームがでにくい方におすすめです。

YUYA
仕上がりはさらっとした質感だよ

 

価格は、24,200円(税込)となっております。

 

ただ消費電力が1,500Wなので、使用する際は必ずコンセントの最大容量を確認してくださいね。

しっとりまとまりのモイストプラス

次に、白色のホリスティックキュアドライヤーモイストプラスです。

こんな方におすすめ

・硬毛、太毛の方

・くせ毛の方

・広がる髪をしっとりまとめたい方

・パサつきが気になる方

 

白色のホリスティックキュアドライヤーは、しっとり潤いのある髪に仕上げてくれます。

 

そのため硬毛や太毛、くせ毛など髪が広がりやすい方におすすめです。

 

風量は黒色のホリスティックキュアドライヤーより劣りますが、そのぶん育成光線の放出量が多く、保湿力が約20%高いです。

YUYA
髪が乾きすぎるのを防いでくれるよ

 

水分が減り乾燥しがちな、ヘアカラーをした髪にもおすすめです。

 

価格は黒色と同じく、24,200円(税込)となっております。

ホリスティックキュアの最高峰Rp.

最後に、黒と白の良いとこ取りをしたホリスティックキュアドライヤーRp.です。

こんな方におすすめ

・髪のダメージが気になる方

・とにかく良いドライヤーを使いたい方

・ふんわりボリュームを出したい方

・広がる髪をしっとりまとめたい方

 

ホリスティックキュアドライヤーRp.には、選べる3つのモード

選べる3つのモード

・ボリュームアップモード → ハリコシ

・ボリュームダウンモード → しっとり

・キューティクルケアモード → ケア

が搭載されており、髪質や理想の仕上がりによって選ぶことができます。

 

そのため軟毛や硬毛など、髪質問わず全ての悩みに対応することができます。

YUYA
キューティクルケアモードはパサつきを抑えながら、ツヤを出してくれるよ

 

ただ機能がたくさん詰まっているぶん、重量が約460gと若干ですが重ためです。

 

価格が33,000円(税込)とやや高めですが、3種類の中で一番おすすめです。

ここがダメ!ホリスティックキュアドライヤーのデメリット2つ

軽量なのに速乾、そして育成光線と魅力的なホリスティックキュアドライヤーですが、デメリットもあります。

 

僕が感じたデメリットは

デメリット

・大きい、折りたためない

・コードが長い

の2つです。

大きい・折りたためない

ホリスティックキュアドライヤーは軽量にもかかわらず、とにかく大きい。

YUYA
モーターが大きいのかな?

 

ココがダメ

そして折りたたむことができないので、収納スペースもとります。

 

ここ最近は、ドライヤーを旅行などに持って行く方も多いので、コンパクトさはかなり重要です。

 

ここまで軽量にできたなら、あとうもう少し頑張ってコンパクトにしてほしかった、、、。

YUYA
吹出口もちょっと長いかな

 

まぁ少なからず軽量ではあるので、収納スペースが確保できる方や、旅行に持って行くことがない方は気にならないポイントです。

コードが長い

ホリスティックキュアドライヤーのコードは、約3mとかなり長いです。

 

3mってお家で使うとかなり邪魔、、、笑

YUYA
家で使うなら1.5mあれば充分かな?

 

そもそもホリスティックキュアドライヤーは、プロ用のドライヤーなので、美容師さんが営業中に使うことを想定して作られています。

 

なので、仕方ないと言えば仕方ない 笑

 

ココがダメ

ただコードが長い分、ドライヤー本体を持ったときに+αの重みを感じます。

 

まぁ3mもあれば、家のどこでも髪を乾かせるのでメリットでもありますね。

他社のドライヤーと比較

ホリスティックキュアドライヤー以外に、ここ最近人気のドライヤーと言えば

他社のドライヤー

・絹女

・リファ

・レプロナイザー

があります。

 

こちらの表は、ホリスティックキュアドライヤーRpと、上記3つのドライヤーを比較した表です。

 Rp.絹女リファレプロナイザー4D
価格(税込)33,000円26,400円36,300円57,200円
重量約460g約363g約695g約750g
消費電力1,400W1,250W1,200W1,200W

 

率直に言うと、Rp.は良くも悪くも平均的って感じです。

 

軽量と大風量という魅力がありますが、他社のドライヤーと比較すると、ここ最近のドライヤーであれば普通です。

YUYA
良く言えばバランスが取れているってことだね

 

ドライヤーは何を求めるか、で選択が変わります。

 

1つずつ比較しながら解説していきます。

絹女ドライヤーと比較

もし軽さやコンパクトさを求めるのであれば、絹女は約363gとかなり軽量です。

YUYA
絹女は風量と風の温度を3段階に調整できるよ

キヌージョ ヘアドライヤー ホワイト
created by Rinker
KINUJO

 

また風量も強く、ホリスティックキュアドライヤーと同じぐらい、もしくはそれ以上です。

 

ココがおすすめ

そして折りたたむことができるので、旅行などにも気軽に持って行くことができます。

 

絹女ドライヤーに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

リファと比較

リファはRp.と同じく、髪質や仕上がりの質感によって

選べる2つのモード

・VOLUME UP

・MOIST

の2つのモードを選ぶことができます。

リファビューテック ドライヤー
created by Rinker
ReFa

 

正直ふんわり感やまとまり感は、リファもRp.も同じぐらいで差は感じません。

 

ココがおすすめ

ただリファには温度感知センサーが付いており、温風と冷風を自動で切り替え、髪の温度を約60℃以下に保ってくれます。

YUYA
温度感知センサーはリファだけ付いているよ

 

となると、Rp.よりリファのほうが熱ダメージからの負担を減らすことができます。

 

お値段は36,300円(税込)と、Rp.よりやや高めです。

 

リファドライヤーに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

レプロナイザーと比較

レプロナイザーには、バイオプログラミングが搭載されています。

 

バイオプログラミングには、

バイオプログラミング

・髪が乾燥しすぎない

・髪が傷みにくい

・使えば使うほど髪が潤う

・ツヤツヤさらさらになる

といった効果があり、しっとりまとまりのある髪に仕上がります。

 

Rp.でもボリュームダウンモードと、キューティクルケアモードを組み合わせて使うことで、同等の効果を得ることができます。

 

ですが、わざわざモードを切り替える必要がありますし、キューティクルケアモードは風量が弱いので時間がかかります。

 

ココがおすすめ

その反面、レプロナイザーはモードなどを切り替える必要がなく、風量も一定なので乾かす時間は変わりません。

YUYA
あえて言うなら、レプロナイザーは冷風をしっかり使う必要があるよ

 

ただレプロナイザーは、お値段が57,200円とかなり高額です。

 

価格差が25,000円ほどあるので、僕ならRp.を購入し、手間でもモードを切り替えて使います。

 

レプロナイザーに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

ホリスティックキュアドライヤーの口コミ

ホリスティックキュアドライヤーに関する口コミを集めてみました。

 

ホリスティックキュアドライヤーのまとめ

この記事のまとめ

まとめ

・ホリスティックキュアドライヤーは3種類ある

・軽くて大風量が魅力ポイント

・育成光線によって髪が素早く乾き、潤う

・黒はさらっとふんわり

・白はしっとりまとまり

・Rp.は髪髪を問わず使える

・軽量だが大きく、折りたためない

・コードが3mとお家で使うなら長い

 

軽量で大風量そして育成光線と、魅力ポイントが多いホリスティックキュアドライヤー。

 

他社のドライヤーっと比較すると、良くも悪くも普通ですが、とてもバランスの取れたドライヤーです。

 

特にRp.は髪質を問わず使うことができ、しっとりまとまり感も3種類の中で一番良いです。

 

価格もここ最近のドライヤーの中では、やや抑えめです。

 

お伝えした通り、ドライヤーは何を求めるかで選択が変わります。

 

まずは自分が何を求めるかを考え、ドライヤーを選んでくださいね。

 

ホリスティックキュアドライヤーを含む、僕がおすすめするドライヤーはこちらの記事にまとめています。

-美容情報