美容情報

美容師が徹底解説!おすすめのレプロナイザーはこれ!違いは?効果は?

 

今販売されているドライヤーで、最高峰そして最高級なのが

レプロナイザー

です。

YUYA
高級ドライヤーって有名だよね

 

そんなレプロナイザーにはいくつか種類があり、価格や性能が異なります。

 

そのため、、、

疑問

・それぞれ何が違うの?

・おすすめのレプロナイザーはどれ?

・そもそもレプロナイザーってどうなの?

といった疑問があると思います。

 

そこで今回は美容師である僕が、レプロナイザーシリーズの効果や違いなどを徹底解説させていただきます。

 

ちなみに、、、

 

個人的におすすめのレプロナイザーは、

レプロナイザー 4D PLUS

です。

 

なぜ4DPLUSがおすすめなのかも含めて、解説していきます。

この記事でわかること

  • レプロナイザー4種類の違い
  • レプロナイザーの効果
  • 効果的な使い方
  • あなたに合ったレプロナイザー
YUYA
このブログでは、美容師である僕が実際に使って良かったものを紹介しています

レプロナイザー4種類を比較

大人気のレプロナイザーですが、今現在4種類のレプロナイザーが販売されています。

レプロナイザーシリーズ

・レプロナイザー 2D PLUS

・レプロナイザー 3D PLUS

・レプロナイザー 4D PLUS

・レプロナイザー 7D PLUS

YUYA
元々はヘアビューザーって名前だったんだよ

 

4種類を比較した表がこちら

 2D3D4D7D
価格(税込)27,500円46,200円57,200円79,200円
重量約709g約744g約750g約758g
消費電力1,200W1,200W1,200W1,200W
温風温度約110℃約98℃約98℃約100°C

 

4種類の異なる点としては、

ポイント

・バイオプログラミング効果

・価格

・重量

で、あとはほとんど同じです。

YUYA
ちなみに7Dだけが唯一、海外でも使えるよ

 

レプロナイザー7Dは、2020年12月に発売されたレプロナイザーの最新作です。

 

5D、6Dを飛ばして7Dまで一気に上がりましたね 笑

 

そのぶん価格も一気にぶっ飛び、

79,200円(税込)

と正に高級ドライヤーです。

 

逆に2Dは27,500円(税込)と、かなり価格は控えめです。

YUYA
それでもちょっと高いね、、、

 

重量に関しては2Dが一番軽く、7Dが一番重たいです。

 

ですが、3D4D7Dの差は数gぐらいなので、どれもほぼ同じです。

4種類の違いはバイオプログラミング効果

レプロナイザーの魅力と言えば、

バイオプログラミング

です。

バイオプログラミングとは

髪や肌の細胞や、遺伝子を直接活性化させる技術です。

髪の主成分であるタンパク質や水分を活性化させることで、髪が綺麗に整います。

YUYA
バイオプログラミングはリュミエリーナの独自技術だよ

 

このバイオプログラミングには、

バイオプログラミングの効果

・髪が乾燥しすぎない

・髪が傷みにくい

・使えば使うほど髪が潤う

・ツヤツヤさらさらになる

といった効果があります。

YUYA
お肌のリフトアップ効果もあるみたいだよ

 

 

ちなみに、このバイオプログラミングは

2D<3D<4D<7D

の順に効果が高くなっているとのこと。

 

4Dから7Dまで一気に飛んだのは、バイオプログラミング効果が凄く高くなったからです。

 

僕自身、凄く気になったので、レプロナイザーを販売しているリュミエリーナに直接聞いてみたところ、

4Dと7Dでは、バイオプログラミング効果にかなりの差があります

とのことです。

 

そんな凄く魅力的なバイオプログラミングですが、、、

 

ココに注意

実は効果自体のエビデンス(証拠)がなく、本当かどうかが謎なんです。

YUYA
美の方程式もちょっと謎だよね 笑

 

お肌のリフトアップ効果に関しても、以前までは公式サイトに

冷風をあてるだけで、素肌のキメが整う・潤いが増し、フェイスアップする

と書かれていましたが、今現在は消されています。

YUYA
さらに謎が深まる、、、笑

 

ただ実際に使ってみると、髪はツヤツヤさらさらになりますし、まとまり感も凄くよくなります。

 

また、顔も本当にリフトアップします。

 

商品自体は凄く良いのに、過剰な表現によって少し胡散臭さが出てしまっていますね。

正直4Dで充分、コスパ重視なら3D

冒頭でもお伝えした通り、レプロナイザーを買うのであれば4Dがおすすめです。

 

というのも、4Dと7Dではそこまで違いがなく、あってもバイオプログラミングの効果です。

 

そのバイオプログラミングも既にお伝えした通り、効果は実感できるものの、実験データなどの証拠がありません。

 

価格も

価格差

・7D → 79,200円

・4D→ 57,200円

と約2万円の差がありますが、この価格差を埋めるほどの、バイオプログラミング効果の差を得ることができませんでした。

YUYA
それなら2万円でシャンプーとか買ったほうが良いかもね

 

そのため価格と性能のバランスが取れている、4Dがおすすめなのです。

 

もう少し価格を抑えたいって方は、3Dがおすすめです。

 

ココがおすすめ

価格であれば2Dが一番安くなっていますが、3Dは2019年12月にリニューアルし、風量が強くなるなど性能がグンッと上がりました。

 

そのぶん価格も4,000円ほど上がりましたが、、、笑

YUYA
価格がそのまま同じなら良かったんだけどね

 

ただ7Dは唯一、海外でも使用することができます。

 

そのため、海外へ旅行などに行った際もレプロナイザーを使いたいって方は、7D一択になります。

あなたに合ったレプロナイザー

3D → コスパ重視の方

4D → レプロナイザーの効果を充分に得たい方

7D → 海外でも使いたい方

レプロナイザーは効果無し?

革命的なドライヤーであるレプロナイザーですが、なかには

レプレプロナイザーを使っているけど、効果がいまいちわからない

といった口コミも多数あります。

 

 

 

実際僕は何度もレプロナイザーを使っていますが、ツヤやまとまり感は使った直後から実感することができました。

YUYA
手触りも凄く良いよ

 

ココに注意

またくせ毛が改善されるといった効果もありますが、くせ毛改善に関しては最低でも3ヶ月は使わないと、実感しにくいかなって感じです。

 

ドライヤーだけでなく、シャンプーやトリートメントなどヘアケア全般に言えることがですが、まずは最低でも3ヶ月は継続して使う必要があります。

YUYA
ヘアケアは継続が重要だからね

 

気軽に買える価格ではないので、不安な方は2Dもしくは3Dがおすすめです。

 

正直2D、3Dでも充分な効果を得ることができます。

 

そして、効果が実感できない原因として

購入したレプレプロナイザーが偽物

ということがあります。

 

レプレプロナイザーは高級商品が故に、偽物が多く出回っています。

YUYA
ロゴが違ったり、シリアルナンバーが無かったりするよ

 

特に少しでも安く購入しようと、割引きされている非正規店で購入した場合に凄く多いです。

 

そのためもし購入するのであれば、正規店美容室での購入が必須です。

YUYA
非正規店だと壊れた時に修理してもらえないよ

 

Amazonや楽天などでも購入できますが、必ず販売元を確認して購入してください。

レプロナイザーの効果的な使い方

レプロナイザーの効果を充分に得るためには、レプロナイザーを正しく使う必要があります。

 

レプロナイザーの効果的な使い方はこちら

レプロナイザーの使い方

・オイルなどは付けない

・まずは根本を温風でしっかり乾かす

・毛先は温風で8割ぐらい乾かし、残り2割は冷風で乾かす

・くせや広がる部分には、さらに温風と冷風を繰り返し当てる

となっております。

YUYA
普段の使い方と比べてみてね

 

髪を乾かす前にヘアオイルなど、洗い流さないトリートメントを付けることが多いと思いますが、レプロナイザーを使用する際は付けません。

 

リュミエリーナいわく、

オイルなどの薬剤がドライヤーの熱と反応し、髪にダメージを与える可能性がある

とのこと。

 

ですが、僕はオイルなどを付けても良いと思ってます 笑

 

リュミエリーナの言っていることはわかりますが、やはり好みなどもあると思うので、付けたい方は付けてください。

YUYA
もしヘアオイルを付けないなら、ヘアオイル代を節約できるね

 

それと重要なポイントは、冷風の使い方ですね。

 

ココがポイント

レプロナイザーは冷風をしっかり使うことで、ツヤツヤさらさら、まとまりのある髪に仕上がります。

 

冷風を使って髪を乾かすとなると少し時間がかかり、めんどくさいと感じる方も多いと思いますが、冷風のほうが髪への負担が少ないのでおすすめです。

 

時間をかけたくないって方は、少し手間ではありますが、温風と冷風を切り替えながら乾かしください。

YUYA
とにかく冷風をしっかり使うのがポイントだよ

レプロナイザー3つのデメリット

ここからは、レプロナイザーの3つのデメリットをご紹介します。

 

レプロナイザーのデメリットはこちら

レプロナイザーのデメリット

・シンプルに価格が高い

・吹出口が熱くなる

・重い・折り畳めない

となっております。

シンプルに価格が高い

みなさん既にご存知の通り、レプロナイザーの価格は本当に高いです。

 

ココがダメ

一番安い2Dでも27,500円、僕がおすすめする4Dは57,200円と、ドライヤーの中でトップクラスの価格です。

 

もちろん、価格に比例するぐらい魅力的な効果がありますが、それでも高い、、、。

YUYA
価格と性能は比例するって言うけど、それでもね、、、

 

まぁドライヤーは長く使えるので、長い目で見ればお得ですし、髪も綺麗になるので安いとも言えますね。

 

今話題のリファビューテックドライヤーは、レプロナイザーと同じく髪がしっとり潤い、サラサラになります。

 

また髪の温度を自動で探知し、温風と冷風を自動的に切り替えてくれるセンサーまで搭載されています。

 

それでいてお値段は36,300円(税込)と、やや高めではありますがレプロナイザーよりかは安いです。

YUYA
僕はリファビューテックドライヤーを使っているよ

リファビューテック ドライヤー
created by Rinker
ReFa

 

他にも1400Wの風量と、育成光線によって髪を素早くしっかり乾かすことができる

ホリスティックキュアドライヤーRp.

もあります。

 

ホリスティックキュアドライヤーRp.は、

選べる3つのモード

・ハリコシ → ボリュームアップモード

・しっとり → ボリュームダウンモード

・スキャルプ → 頭皮の保湿、キューティクルケアモード

の3つのモードを選択することができ、全ての髪の悩みに対応することができます。

 

ただ単に良いドライヤーが欲しい、のであればレプロナイザー以外にも選択肢はあります。

 

僕がおすすめするドライヤーは、こちらの記事にまとめています。

吹出口が熱くなる

個人的にレプロナイザーの一番嫌なところは、吹出口が熱くなるという点です。

 

ココがダメ

髪を乾かした後の吹出口は、火傷するんじゃないかってぐらい熱くなります。

YUYA
もうね本当に熱いんだよ、、、

 

もちろん他のドライヤーも多少は熱くなりますが、レプロナイザーは異常です 笑

 

2Dから4Dにかけて改善されつつありますが、それでもちょっと熱い、、、。

 

まぁ吹出口を持つことはあまり無いのですが、レプロナイザーを購入予定の方は気をつけてくださいね。

重い・折りたためない

レプロナイザーは他のドライヤーと比べると、やや重めもしくは重めです。

 

ココがダメ

そのため、髪を乾かしている最中に腕が疲れてしまいます。

YUYA
ドライヤー選びでは重量もポイントだよ

 

腕が疲れると髪を乾かすのが嫌になり、途中で止めてしまう方も多いはずです。

 

そうなると髪が半乾きになり、ダメージに繋がります。

 

2Dは約709gとまだ軽めですが、4Dだと約750g、7Dに関しては約758gです。

YUYA
軽さ重視なら2Dだね

 

また折りたたむことができず、少し場所を取ってしまいます。

 

ドライヤーを旅行などに持って行く方も多いので、せめてもう少しサイズをコンパクトにしたほうが良いと思います、、、。

レプロナイザーの口コミ

レプロナイザーに関する口コミを集めてみました。

 

 

 

 

 

レプロナイザー比較のまとめ

この記事のまとめ

まとめ

・今現在レプロナイザーは4種類

・4種類の違いはバイオプログラミング効果

・おすすめはバランスのとれた4D

・バイオプログラミングの証拠はない

・ただサラサラでまとまりのある髪に仕上がる

・冷風を使うとさらに○

・偽物もあるので注意

 

謎多きバイオプログラミングですが、実際のところ効果が実感できますし、実感できている方も多いので効果があると言っても良いですね。

 

価格が高く手軽に購入できる物ではありませんが、ドライヤーの平均寿命は3〜4年なので、長い目で見れば購入しても損ではないです。

 

またドライヤーは、毎日使う物だからこそ、い物を使う必要があります。

 

やはり、価格は性能と比例します。

 

毎日しっかり丁寧に、そして良い物を使えば髪も少しずつ綺麗になります。

 

レプロナイザーは決して悪い物ではないので、髪を綺麗にしたい方はぜひ使ってみてくださいね。

-美容情報