美容情報

【最軽量】キヌージョドライヤーを美容師がレビュー!気になる効果や口コミは?

可愛いフォルムで大人気の、キヌージョシリーズ。

そんなキヌージョから、ヘアドライヤーが発売されましたね。

YUYA

キヌージョといえばアイロンやコテが大人気だよ

そんなキヌージョのヘアドライヤーを購入するにあたって、

疑問・悩み

・どういった効果があるの?

・価格と性能は比例してるの?

・実際のところどうなの?

・メリットとデメリットを知りたい

といった疑問や、悩みがありますよね。

ということで美容師である僕が、実際にキヌージョを1年使って感じた魅力やメリット、デメリットなどを紹介します。

結論から言うとキヌージョドライヤーは、こういったヘアドライヤーを求めている方におすすめ。

こんな方におすすめ

・軽量のヘアドライヤー

・大風量のヘアドライヤー

・なるべく安くて良いヘアドライヤー

・旅行に持って行けるヘアドライヤー

YUYA

個人的には即決レベルでおすすめだよ

ちなみに、僕が実際に使って感じたデメリットはこちら

キヌージョのデメリット

・風量が強いので毛先が絡まりやすい

・SWINGモードは時間がかかる

・音が少しうるさい

それでは、キヌージョヘアドライヤーを解説しますね。

この記事でわかること

・キヌージョヘアドライヤーとは

・キヌージョヘアドライヤーの効果やメリット、デメリット

・実際に1年使ってみた感想

YUYA
このブログでは、美容師である僕が実際に使って良かったものを紹介しています
キヌージョ ヘアドライヤー ホワイト
created by Rinker
KINUJO
価格33,000円
重量約363g
コード2m
消費電力1,250W
おすすめ度
(5 / 5.0)

歴代最軽量!?とにかく軽いキヌージョヘアドライヤー

最近のヘアドライヤーって、性能が高くてすごく優秀なんですけど、どれもちょっと重たい、、、。

ヘアドライヤーが重たいと腕が疲れて、髪を乾かすのが嫌になったり、途中で止めちゃいますよね?

YUYA

半乾きで終わるってこともあるよね?

そのためヘアドライヤーは性能だけでなく、重量もしっかり確認して選ぶのが大切です。

キヌージョヘアドライヤーは、高性能で軽量なヘアドライヤーが良い!、といった我がままに応えてくれます。

キヌージョヘアドライヤーの最大の魅力は、なんといっても軽さ。

その重さなんと、驚きの約363g

YUYA

500mlのペットボトルより軽い、、、

これだけ軽ければ腕が疲れることなく、髪をしっかり乾かせますよね。

ちなみに、半乾きの髪はダメージを受けやすいので、必ずしっかり乾かしてくださいね。

こちらは他社の人気ヘアドライヤーと、キヌージョヘアドライヤーの重量を比較した表です。

キヌージョ復元ドライヤープロテクトイオンホリスティックリファレプロナイザー4D
重量約363g約670g620g約405g約695g約750g
価格(税込)33,000円31,900円24,200円24,200円40,000円57,200円

ご覧の通り、キヌージョヘアドライヤーがすば抜けて軽いですよね。

価格も他社のドライヤーと比べて、高くもなく安くもない中間です。

キヌージョ ヘアドライヤー ホワイト
created by Rinker
KINUJO

本体のカラーは3種類あるので、好みやインテリアに合わせて選んでくださいね。

カラー展開

・ホワイト

・モカ

・ペールブルー

ちなみに、キヌージョヘアドライヤーを購入する際は、1年保証が付く公式サイトがおすすめ。

Amazonや楽天で購入する場合でも、「KINUJO【公式】」と書かれたショップから購入してくださいね。

YUYA
正規販売店以外で購入すると保証がつかないよ
キヌージョ ヘアドライヤー ホワイト
created by Rinker
KINUJO
キヌージョ ヘアドライヤー モカ
created by Rinker
KINUJO
キヌージョ ヘアドライヤー ペールブルー
created by Rinker
KINUJO

キヌージョヘアドライヤー4つの機能と効果

キヌージョヘアドライヤーはただ軽いだけでなく、4つの機能や効果があります。

魅力ポイント

・髪が早く乾かせる大風量

・選べる3つのモード

・遠赤外線を超えた超遠赤外線

・コンパクトに折りたたみ可能

軽量ながらも、いろいろな機能を搭載しているすごく優秀なヘアドライヤーです。

それでは1つず解説していきます。

髪が早く乾かせる大風量

キヌージョヘアドライヤーには、超高性能でコンパクトなモーターが使用されているので、軽量を維持しながら大風量の風で髪を乾かせます。

髪を早く乾かせるので、熱ダメージを抑えることができますし、なにより時間短縮にもなります。

YUYA

従来のモーターの半分ぐらいの大きさなんだよ

また風量は、3段階に細かく変更できます。

風量

・強風

・中風

・弱風

YUYA

ちなみにマイナスイオンも出てるよ

風量だけでなく、髪の状態などに合わせて風の温度も3段階に変更できます。

風の温度

・高温

・中温

・低温

ヘアカラーはシャンプーだけでなく、ヘアドライヤーの熱でも退色します。

でも時間はかかりますが、中温もしくは低音に設定して乾かせば、ヘアカラーの退色を穏やかにできますよ。

YUYA

ここまで細かく風量や温度を調整できるドライヤーはないよね

選べる3種類のモード

キヌージョヘアドライヤーにはの3種類のモードがあり、仕上がりの質感や、髪の状態に合わせて選べます。

選べるモード

・GROSSモード

・SCULPモード

・SWINGモード

GROSSモードはツヤを出しながら、潤いまとまりのある髪に。

YUYA

くせを伸ばすこともできるよ

SCULPモードは低音の風が髪と頭皮を保湿し、キューティクルを引き締めながら、パサつきのない髪に。

SWINGモードは髪が高温になり過ぎないように、自動で温風と冷風を切り替え、ダメージ抑えつつツヤのある髪に。

といったように、好みの質感や髪の状態に合わせて変更できます。

YUYA

温風と冷風の切り替え機能はもはやマストだね

3段階に調整できる風量や温度に加えて、仕上がりの質感などで選べる3種類のモード、まさに高性能ドライヤーですよね。

遠赤外線を超えた超!遠赤外線

キヌージョヘアドライヤーからは、遠赤外線を超えた「超!遠赤外線」が発生します。

YUYA

超!遠赤外線は育成光線とも言われているよ

遠赤外線の効果は3つ。

3つの効果

・熱ダメージを抑える

・髪に潤いを残せる

・速乾

赤外線には物などを暖める働きがあり、髪の内部から熱を生み出します。

そのため大風量の風と遠赤外線によって、熱ダメージを抑えつつ髪を素早く乾かせます

YUYA

大風量と超!赤外線でロングの髪も速乾だよ

コンパクトに折りたたみ可能

キヌージョヘアドライヤーは、軽量かつコンパクトな設計。

さらに中心部分から折りたためるので、置き場所に困らずスッキリ収納できます。

YUYA

スタイリッシュなデザインだから部屋に置いてもオシャレだよね

最近ではヘアドライヤーを旅行などに持って行く方も多く、コンパクトさはかなり重要視されていますよね。

ただ高性能のヘアドライヤーはサイズが大きく、折りたたみもできないので、旅行に持っていくのは大変、、、。

YUYA

カバンにすっぽり入るサイズ感が良いよね

でもキヌージョヘアドライヤーは、コンパクトかつ軽量なので、旅行にも気軽に持って行くことができますよ。

コンパクトさを求める方であれば、購入する価値有りです。

キヌージョ ヘアドライヤー ホワイト
created by Rinker
KINUJO

ここが残念!キヌージョヘアドライヤー3つデメリット

魅力いっぱいのキヌージョヘアドライヤーですが、もちろんデメリットもあります。

実際に使って感じたデメリットはこの3つ。

デメリット

風量が強く毛先が絡まりやすい

SWINGモードは乾かす時間がかかる

・音が少しうるさい

1つずつ解説しますね。

風量が強く毛先が絡まりやすい

大風量が魅力的なキヌージョヘアドライヤー。

ただ風量が強いがゆえに、きちんと丁寧に髪を乾かさないと、毛先が絡まったり広がりやすくなります。

特に下から風を当てたり、スマホを触りながら片手で乾かしたりすると、すごく広がりやすくなります

YUYA

よくやりがちな乾かし方だよね

乾かす前に必ずクシなどで髪をとかし、洗い流さないトリートメントをつけるなど、必ずひと手間を加えてください。

また風はなるべく下から当てず、上から当てるようにすることで、広がることなくキレイなまとまりのある髪に仕上がります。

YUYA

キヌージョヘアドライヤーの魅力を活かすためにも、丁寧に乾かしてね

SWINGモードは乾かす時間がかかる

自動で温風と冷風を切り替えてくれる、SWINGモード。

凄く便利な機能ではあるのですが、乾かすのに少し時間がかかります。

理由はシンプルで、髪の温度を感知しているわけではなく、ただ温風と冷風を交互に出してるだけだからです。

YUYA

まぁこれは仕方ないよね、、、

温度感知センサー搭載で、髪の温度を計測しながら切り替えてくれるなら良かった、、、。

もし早く髪を乾かしたい方は、SWINGモードをOFFにして使ってください。

少しでも熱ダメージを抑えたい方は、少し時間はかかりますがSWINGモードを積極的に使ってくださいね。

音が少しうるさい

大風量ドライヤーの大きな欠点といえば、送風口からの音です。

キヌージョヘアドライヤーの送風口は小さく、キーンと甲高い音がします。

YUYA

ドライヤーの音ってなるべく小さいほうが良いよね、、、

といっても夜、近所迷惑になるほどではありません。

もし音が気になるようであれば、風量を中か弱にして使ってくださいね。

キヌージョヘアドライヤーをレビュー

それでは、キヌージョヘアドライヤーをレビューします。

ということで、まずは開封。

箱はシンプルでオシャレなデザインですね。

入っているものはこちら

同梱品

・本体

・ノズル

・ストラップ

・取り扱い説明書

折りたたんだ状態は、かなりコンパクトです。

広げてもコンパクト。

iPhoneと比較するとこんな感じ

絹女ドライヤーとiPhoneの比較

ちなみに僕は美容師ですが、ノズルは使わないのでこのまま封印です。

今回はホワイトを選びましたが、モカやペールブルーもあります。

キヌージョ ヘアドライヤー モカ
created by Rinker
KINUJO
キヌージョ ヘアドライヤー ペールブルー
created by Rinker
KINUJO

電源ボタンは、本体の裏側。

表側には冷風ボタン

電源を入れると、中央にあるディスプレイが光ります。

左から温度切り替えボタン、モード切り替えボタン、風量切り替えボタン。

GROSSモード

SCULPモード

SWINGモード

フィルター部分が簡単に取り外せるので、ささっと掃除ができます。

実際に1年使ってみての感想

第一印象は、すごく軽い!そしてコンパクト!

YUYA

デザインもスタイリッシュで良いよね

ずっと使っていても腕が疲れず、持ち手が手にフィットするので凄く使いやすいです。

風量や温度も調整できるので、髪質や状態に合わせることができるのも○

そして個人的にお気に入りなのが、GROSSモード。

実際に使ってみると、手触りがすごく良くなり、しっとり潤いのある髪に仕上がりました

正直マイナスイオンや、SCULPモードなどの効果は実感できませんでしたが、GROSSモードは本当にしっとりキレイにまとまります。

こればかりは文章でお伝えしにくいので、実際に使ってみてください、、、笑

8割ほどはSWINGモードで乾かし、残り2割はGROSSモードで乾かす、こういった使い方が個人的におすすめです。

キヌージョヘアドライヤーを実際に使って感じたメリット、デメリットのまとめはこちら

メリット

・とにかく軽くてコンパクト

・デザインもシンプルで可愛い

・風量が強くてすぐに乾かせる

・風量と温度を細かく調整できる

・GROSSモードの仕上がりが良い

・SWINGモードで温風と冷風の自動切り替え

・収納スペースに困らない

・旅行に持って行ける

デメリット

・丁寧に乾かさないと毛先が絡まる

・下から風を当てすぎると広がる

・風量を強くすると音が大きい

・GROSSモードにするとちょっと変な臭いがする

・SWINGモードだと乾くのが遅くなる

・温度感知センサーが付いていない

総合的に大満足のヘアドライヤーです。

シンプルに軽くて風量が強い。

ヘアドライヤーに軽量と大風量を求めるなら、キヌージョヘアドライヤーはすごくおすすめですよ。

ただきちんと丁寧に髪を乾かさないと、毛先が絡まったり広がります

YUYA

慣れるまでは風量を少し弱めにするのも○

33,000円とやや価格が高いですが、3年間使えば1日たったの約30円なのですごくお得ですよね。

公式サイトで購入すれば1年保証が付くので、万が一壊れても安心です。

キヌージョ ヘアドライヤー ホワイト
created by Rinker
KINUJO

キヌージョヘアドライヤーの口コミ

キヌージョヘアドライヤーに関する口コミを集めてみました。

キヌージョヘアドライヤーのレビュー、効果・口コミまとめ

キヌージョヘアドライヤーのまとめ

まとめ

・重量は驚愕の363g

・コンパクトに折りたたみ可能

・価格は33,000円(税込)

・大風量で髪がすぐに乾く

・風量と温度を3段階に調整可能

・選べる3つのモード

・超!遠赤外線で熱ダメージを抑えられる

・丁寧に乾かさないと絡まり、広がりに繋がる

・SWINGモードは乾かすのに時間がかかる

ここ最近、人気のヘアドライヤーを数種類ほど使う機会があったのですが、キヌージョヘアドライヤーはダントツで最高です。

僕自身、一美容師としても一消費者としても、ドライヤーに求めるのは軽さです。

重たいドライヤーだと、やっぱり腕が疲れる、、、。

ですがキヌージョヘアドライヤーは腕が疲れることなく、素早く髪を乾かせるので本当に楽チンです。

値段は33,000円とやや高めですが、性能などを考えると妥当って感じです。

ヘアドライヤーは3、4年は使えるので、3年間使えば1日たったの約30円なのでお得です。

ぜひ一度、キヌージョヘアドライヤーを使ってみてくださいね。

キヌージョ ヘアドライヤー ホワイト
created by Rinker
KINUJO
キヌージョ ヘアドライヤー モカ
created by Rinker
KINUJO
キヌージョ ヘアドライヤー ペールブルー
created by Rinker
KINUJO

-美容情報