美容情報

【比較】結局レプロナイザーとリファってどっちがいいの?美容師が解説!

 

たくさんあるドライヤーの中で、今人気1、2位を争っているのが

人気のドライヤー

・レプロナイザー

・リファビューテック ドライヤー

です。

YUYA
2つとも有名だよね

 

どちらとも髪がツヤツヤさらさら、しっとりまとまると大好評のドライヤーです。

 

僕自身、2つとも使用しましたがどちらも性能が高く、凄くおすすめのドライヤーです。

 

ただ性能が似ているが故に、、、

疑問や悩み

・結局どっちがいいの?

・何が違うの?

・私の髪質にはどっちが合ってるの?

といった疑問や悩みがあると思います。

 

そこで今回は、美容師である僕がレプロナイザーとリファを、徹底的に解説していきます。

この記事でわかること

  • レプロナイザーとリファの効果、機能
  • レプロナイザーとリファの違い
  • あなたに合ったドライヤー

YUYA
このブログでは、美容師である僕が実際に使って良かったものを紹介しています

先に結論!あなたにはこっち!

先にダラダラと解説しても仕方ないので、先に結論からいきます。

 

レプロナイザーがおすすめの方はこちら

レプロナイザーがおすすめの方

・とにかく良いドライヤーを使いたい方

・お肌をリフトアップさせたい方

・くせ毛の方や多毛の方

となっております。

 

リファがおすすめの方はこちら

リファがおすすめの方

・コスパ的に良いドライヤーを使いたい方

・温風と冷風を切り替えるのが苦手な方

・軟毛や細毛の方

となっております。

リファビューテック ドライヤー
created by Rinker
ReFa

 

選ぶ基準を大きく左右するのは、やはり価格ですね。

 レプロナイザー4Dリファ ビューテック
価格(税込)57,200円36,300円
重量約750g約695g
消費電力1,200W1,200W
特徴バイオプログラミングハイドロイオン

 

またドライヤーに、どういった効果を求めるのか、もすごく重要です。

YUYA
2つとも共通点が多いけど、髪への効果でちょっと異なる部分があるかな

 

比較の前に、まずはレプロナイザーとリファの機能をご紹介します。

レプロナイザーの特徴

レプロナイザーは今現在、4種類が販売されています。

レプロナイザー

・レプロナイザー 2D PLUS

・レプロナイザー 3D PLUS

・レプロナイザー 4D PLUS

・レプロナイザー 7D PLUS

YUYA
ちなみに元々はヘアビューザーって名前だったよ

 

4種類を比較した表がこちら

 2D3D4D7D
価格(税込)27,500円46,200円57,200円79,200円
重量約709g約744g約750g約758g
消費電力1,200W1,200W1,200W1,200W
温風温度約110℃約98℃約98℃約100°C

 

レプロナイザーの魅力といえば、やはり

バイオプログラミング

です。

バイオプログラミングとは

髪や肌の細胞や、遺伝子を直接活性化させる技術です。

髪の主成分であるタンパク質や水分を活性化させることで、髪が綺麗に整います。

 

このバイオプログラミングが口コミで広がり、瞬く間にレプロナイザーは有名になりました。

 

バイオプログラミングには、

バイオプログラミング

・髪が乾燥しすぎない

・髪が傷みにくい

・使えば使うほど髪が潤う

・ツヤツヤさらさらになる

といった効果があり、髪への負担を減らしながら、ツヤとまとまりのある髪に仕上げてくれます。

YUYA
ちなみに2D<3D<4D<7Dの順に、バイオプログラミングの効果が高くなるよ

 

そんな魅力的なバイオプログラミングですが、、、

 

実は効果のエビデンス(証拠)がなく、本当かどうか不確かなのです。

 

ただ実際に使用した美容師さんや一般の方で、上記の効果を実感できた人が多数いるので、効果自体はあります。

YUYA
実際僕も実感できたよ

 

ちなみにお肌のリフトアップ効果もありますが、こちらも公表はされていません。

 

レプロナイザーについては、こちらの記事に詳しくまとめています。

リファの特徴

リファは、美顔器で有名なMTGから販売されているドライヤーです。

 

そんなリファの魅力はこちら

リファ

・風の温度を約60℃以下にキープしてくれる

・ハイドロイオンという特殊なイオンが発生する

・髪質に合わせて選べる2つのモード

となっております。

YUYA
ちなみに僕はリファを家でも使っているよ

 

リファには髪の温度を自動で探知し、温風と冷風を自動的に切り替えてくれるセンサー

プロセンシング機能

が搭載されています。

 

このプロセンシング機能によって、ドライヤーの風を約60℃以下にキープすることができます。

YUYA
温風と冷風を切り替えてくれるって楽チンだね

 

またハイドロイオンは、髪の水分量を高めながらキューティクルを保護し、しっとり柔らかな髪に仕上げてくれます。

 

そしてリファには、

選べる2つのモード

・MOIST

・VOLUME UP

の、2種類のモードが搭載されています。

 

ふんわりさせたい方はVOLUME UP、しっとりまとめたい方はMOIST、のように髪質に合わせて選ぶことができます。

 

ちなみに、、、

 

ハイドロイオンですが、レプロナイザーのバイオプログラミングと同じく、今現在エビデンス(証拠)は無いとのこと。

YUYA
でも効果が実感できるよ

 

最近は、

・マイナスイオン搭載

・遠赤外線搭載

といったドライヤーが多いのですが、どれもきちんとした根拠はなく、本当かどうか謎です。

 

そのためあまり効果に期待しすぎず、もしかしら髪に良い影響があるかも、ぐらいに思っておくほうが良いです 笑

YUYA
まぁ実際、効果を実感している人もいるから何とも言えないんだけどね

 

リファドライヤーについては、こちらの記事に詳しくまとめています。

レプロナイザーとリファを徹底比較

それでは、レプロナイザーとリファを比較していきます。

 

今回、比較する項目はこちら

比較する項目

・価格

・髪への効果

・風量

・サイズ、重量

・海外対応

の5項目です。

 

レプロナイザーは4種類ありますが、今回は4Dとリファを比較します。

 

それでは1つずつ見ていきましょう。

価格

まずは、一番気になる価格です。

 

価格を比較した表はこちら

 レプロナイザー4Dリファ ビューテック
価格(税込)57,200円36,300円

 

レプロナイザー4Dの57,200円に対して、リファは36,300円です。

 

ココがポイント

価格差は20,900円と、もう1台ドライヤーが買えるぐらい差があります。

YUYA
やっぱりレプロナイザーは高いね、、、

 

もしくは、リファのカールアイロン(22,000円)が買えちゃいますね。

リファビューテック カールアイロン 32mm
created by Rinker

 

レプロナイザー7D(79,200円)に関しては、リファが2台も買えます 笑

 

 結論!価格で選ぶならリファ

 

先程もお伝えした通り、リファのほうが格段に安いので、価格で選ぶのであればリファです。

 

またレプロナイザー4Dを1台買うのであれば、リファドライヤーとカールアイロン、もしくはストレートアイロンを買うほうがお得です。

 

もしくは、レプロナイザー2Dか3Dです。

 

2Dと3Dは、4Dと比べてバイオプログラミング効果が落ちますが、それでも十分な効果を得ることができます。

YUYA
2Dだと27,500円だから、リファより安いね

髪への効果

次に、髪への効果です。

 

どちらとも髪がさらさら、しっとりまとまるといった効果があります。

 

それぞれバイオプログラミンや、ハイドロイオンという他のドライヤーにはない、魅力的な機能が搭載されています。

 レプロナイザー4Dリファ ビューテック
機能バイオプログラミンハイドロイオン

 

バイオプログラミンにはくせ毛を改善する効果もあり、くせ毛特有の広がりをしっかり抑えてくれます。

YUYA
くせ毛の人にはやっぱりレプロナイザーかな

 

ですが、、、

 

リファにはハイドロイオンに加えて、MOIST機能も搭載されています。

 

ココがおすすめ

さらに温度調整までしてくれるので、熱ダメージを抑えながらも髪をしっとりまとめることができます。

 

また軟毛や細毛の方は、VOLUME UP機能を使うことで、ふんわりとした髪に仕上げることができます。

 

 結論!効果はほぼ同じ。でも総合的にはリファ

 

バイオプログラミンも凄く魅力的な機能ではありますが、総合的に考えるとやはりリファのほうが上です。

YUYA
リファは色々なドライヤーの良いとこ取りって感じだね

 

もしレプロナイザーにも温度調節機能が搭載されていれば、結果が変わっていたかもしれませんね。

風量

次に、風量です。

 

消費電力は、どちらも1,200Wといたって普通です。

 レプロナイザー4Dリファ ビューテック
消費電力1,200W1,200W

 

使用した感じも特に差はなく、4Dが気持ち強いかな?ぐらいです。

YUYA
どちらともサロン用だから、風量は一般的なドライヤーより強めだよ

 

ですが、問題はリファのプロセンシング機能です

 

プロセンシング機能は、温風と冷風を自動で切り替えながら髪を乾かします。

 

ココに注意

そのためレプロナイザーと同じ風量でも、髪を乾かすのに少し時間がかかります。

YUYA
もちろん、プロセンシング機能をOFFにすることもできるよ

 

 結論!髪を早く乾かしたいならレプロナイザー

 

髪を乾かすのに時間をかけたくないって方は、レプロナイザーがおすすめです。

 

ただ、、、

レプロナイザーのバイオプログラミング効果を十分に発揮するには、温風と冷風を切り替えながら髪を乾かす必要があります。

 

冷風をしっかり使うことで、ツヤツヤさらさら、まとまりのある髪に仕上がります。

 

そのため、レプロナイザーでも冷風を使うとなると、結果的にはどちらも髪を乾かすのに時間がかかります。

YUYA
切り替えが楽なのはプロセンシング機能があるリファだね

サイズ・重量

次に、サイズ・重量です。

 

サイズはどちらもほとんど同じで、レプロナイザーが少し大きいぐらいです。

 レプロナイザー4Dリファ ビューテック
サイズ高さ253.5×幅247×奥行72.1mm高さ246×幅232×奥行81 mm
重量約750g約695g

 

重量に関しては、リファが約50gほど軽いですね。

YUYA
それでもちょっと重たいかな

 

ただ、どちらも折りたたみができないので、収納に少しスペースを取ります。

 

 結論!軽さで選ぶならリファ

 

50gって聞いただけだとそこまで差を感じませんが、実際に使ってみると意外にも差を感じる重さです。

 

ココがポイント

特にミディアム以上の方は、髪を乾かすのに時間がかかるので、できるだけ腕が疲れない軽さのドライヤーを選ぶのが○

YUYA
ブローをする人は軽いドライヤーのほうがやりやすいよ

 

2Dであれば約709gと、リファと同じぐらいの重量です。

海外対応

最後に、海外対応です。

 

どちらも海外には対応しておらず、国内のみで使用可能です。

 レプロナイザー4Dリファ ビューテック
海外対応使用不可使用不可

 

 結論!レプロナイザーとリファは海外では使用不可

 

最近は旅行などにドライヤーを持って行く方も多いので、海外対応にしてほしかったですね。

YUYA
ちなみにストレートアイロンであれば、どちらも海外で使えるよ

 

ですが、なんと7Dは海外対応になっております。

 

なので海外にもドライヤーを持って行きたいって方は、7D一択となります。

総合的におすすめはリファ

どちらとも価格が高いだけあって、とても性能が高く、素晴らしいドライヤーです。

 

個人的には、価格と性能のバランスがとれたリファがおすすめです。

 

やはりレプロナイザーは、とにかく高い!

YUYA
安かったらレプロナイザーもありなんだけどね、、、

 

2Dか3Dであれば多少、価格を抑えぎみでありますが、そのぶん性能が下がります。

 

それに比べてリファは、36,300円と決して安くはありませんが、

リファ

・温風と冷風の自動切り替え

・髪を保湿してくれるハイドロイオン

・髪質に合わせて選べる2つのモード

と、レプロナイザーにはない魅力があります。

 

またこれだけの機能がありながらも、4Dより約20,000円も安いのは、かなり魅力的です。

YUYA
僕の知り合いの美容師さん達もリファ推しだよ

 

レプロナイザーにはくせ毛を改善してくれる効果がありますが、4Dを買うのであればリファのドライヤーと、ストレートアイロンを買うほうが良いです。

リファビューテック ドライヤー
created by Rinker
ReFa
リファビューテック ストレートアイロン
created by Rinker
ReFa

レプロナイザーの口コミ

レプロナイザーに関する口コミを集めてみました。

 

リファの口コミ

リファに関する口コミを集めてみました。

 

レプロナイザーとリファの比較まとめ

この記事のまとめ

まとめ

・個人的におすすめはリファ

・価格で選ぶならリファ、もしくは2D

・髪への効果はほぼ同じ

・リファのほうが搭載されている機能が多い

・風量はほとんど同じ

・重量で選ぶならリファ、もしくは2D

・どちらとも海外では使用不可、7Dは可能

 

レプロナイザーのバイオプログラミング

リファのハイドロイオン

 

どちらも効果の証拠はなく、不透明な点はありますが、本当に良いドライヤーです。

 

性能が高いぶん価格も高めですが、ドライヤーは長期間使えるので、長い目で見ればお得です。

YUYA
ドライヤーの平均寿命は3〜4年だよ

 

ドライヤーは毎日使うものです。

 

だからこそ、髪に優しいドライヤーを使う必要があります。

 

ぜひこの記事を参考にして、あなたに合ったドライヤーを選んでくださいね。

 

レプロナイザーとリファを含む、僕がおすすめするドライヤーはこちらの記事にまとめています。

リファビューテック ドライヤー
created by Rinker
ReFa

-美容情報