オンライン英会話

【留学生が徹底比較】結局ネイティブキャンプとDMM英会話どっちが良いの?

  約20社あるオンライン英会話のなかでも人気1位、2位を争う 人気オンライン英会話 ・DMM英会話 ・ネイティブキャンプ の2社ですが、共にネイティブ講師のレッスンを受けれることが最大のメリットです。   人気が故に、どちらを利用するか悩んでいる方も多いはずです。 ・料金はどっちが安いの? ・教材はどっちが良いの? ・結局どっちがおすすめ? etc…   僕もオンライン英会話を始める際に、どちらを利用するかかなり悩みました。 YUYA決めるまでに2社とも、2〜3ヶ月ぐらい利 ...

続きを読む

オンライン英会話

Kimini英会話の教材22種類を解説!あなたに合った教材はこれ!

  参考書などで有名な学研が提供するオンライン英会話、Kimini英会話。   Kimini英会話の教材は、学研が持つ英語学習のノウハウを元に、全てオリジナルで制作されています。 YUYA僕も実際に利用したけど、とにかくわかりやすい!   そんな質の高い教材は全部で22種類あり、レベルや目的で選ぶことができます。   ただ、、、 疑問・悩み ・どんな教材があるの? ・どの教材を選べば良いかわからない ・初心者の私にはどの教材が合っているの? といった疑問や、悩みがあ ...

続きを読む

ロブソンストリート

【Liuyishou Hotpot】寒い冬を乗り切るなら火鍋【ダウンタウン・バンクーバー】

  スポンサー   冬目前のバンクーバーです。 毎日雨が降り気温も低く、凍える日々を過ごしています。 そんなときは体が温まる鍋を食べたくなります。 はい、ということで今回ご紹介させていただくのは 火鍋 です。   スポンサー   タップできるもくじ1 火鍋とは2 Liuyishou Hotpot3 Liuyishou Hotpotの場所と行き方3.1 Liuyishou Hotpotに到着3.2 メニュー3.3 料理が届きました3.4 お会計4 まとめ 火鍋とは 気 ...

続きを読む

観光スポット

【English Bay】あなたはもう行った?夕焼けを見るならイングリッシュベイ【バンクーバー・カナダ】

  バンクーバーにはいくつかビーチがありますが、その中でも個人的に一番オススメなのは イングリッシュベイ です。 バンクーバーに住む方なら、ぜひ一度は行っていただきたいビーチです。 ということで、今回はそんなイングリッシュベイの魅力をご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 バンクーバーを代表するビーチ2 イングリッシュベイの行き方3 イングリッシュベイ周辺のレストラン3.1 Cactus Club Cafe3.2 Hook Seabar3.3 S ...

続きを読む

グランビル周辺

【Browns Crafthouse】落ち着いた空間で美味しいお酒とハンバーガー【バンクーバー・ダウンタウン】

  スポンサー   バンクーバーにあるレストランは、どのお店も美味しい! ですがガヤガヤしていたりと、落ち着いてご飯を食べることができるレストランが少ないです。 今回はたまには落ち着いた空間でゆっくり食べたい、って方にオススメのレストランです。 スポンサー   タップできるもくじ1 Browns Crafthouse2 Browns Crafthouseの場所と行き方2.1 Browns Crafthouseに到着2.2 メニュー2.3 料理が届きました2.4 お会計3 まと ...

続きを読む

留学・ワーホリ

【徹底節約】留学・ワーホリ費用の抑え方【安く抑える方法】

  留学・ワーホリで一番心配なこと、不安なことって お金 ですよね?   費用が高額なので、諦める方も多いのが現実です。   ですが、、、 無駄な出費さえ削れば、費用を抑えることは可能です。   今回は、誰でも実施できる費用の抑え方をご紹介させていただきます。 この記事でわかること 留学・ワーホリでかかる費用 費用の抑え方 滞在は中の節約方法 YUYA僕はフィリピンで3ヶ月、カナダで1年滞在していたよ スポンサー タップできるもくじ1 留学・ワーホリ費用の徹底節約2 ...

続きを読む

美容情報

おしゃれ女子への一歩!美容師が使うおすすめのヘアバーム6選!

  数年前から知名度が上がってきている ヘアバーム ご存知の方も多いのではないでしょうか?   ですが、まだまだヘアバームのことをあまり知らない方が多いのも事実です。 そして各メーカーがこぞって販売しているため、たくさんの種類があります。   そのため、、、 疑問や悩み ・どのヘアバームを使っていいのかわからない ・ワックスとどんな違いがあるの? ・そもそもヘアバームの使い方がわからない などの疑問や悩みもあるはずです。   ということで今回は、美容師である僕がオス ...

続きを読む

英語学習

【Netflixで英語学習】英語字幕と日本語字幕を同時に表示【Language Learning with Netflix】

  みなさん、英語を取得するために必要な時間ってどれぐらいか知っていますか?   その時間、なんと 3,000時間 です!   この膨大な時間、少しでも楽しく学習したいですよね?   そんな楽をしながら英語の学習をしたい方に、オススメなのが Netflixで英語と日本語の字幕を同時に表示させる です。   この記事でわかること Netflixで英語学習をするメリット 映画、ドラマでの学習方法 LLNの使い方 スポンサー タップできるもくじ1 英語の習得には ...

続きを読む

観光スポット

どこで滑る?ダウンタウンから行けるバンクーバーのスキー場5選【スノボー・カナダ】

 

カナダで人気のスポーツといえば

スキー

スノボー

ですよね。

 

スキーやスノボーが目的で、ワーホリや留学でカナダに来る方も多いぐらいです。・

 

未経験の方も雄大な自然の中、ぜひチャレンジしていただきたいものです。

 

でも

疑問

・ダウンタウンからどれぐらいで行けるの?

・料金はどれぐらいかかるの?

・ウェアなどはレンタルできるの?

といった疑問を持つ方も多いと思います。

 

ということで、今回はバンクーバーにあるスキー場5ヶ所を詳しくご紹介させていただきます。

 

スポンサー

 

カナダは世界でも有数のスキー国

ご存知の方も多いと思いますが、2010年の冬季オリンピックはここバンクーバーで開催されました。

 

それぐらいカナダは、世界でも有数のスキー国なんです。

 

国内・国外問わず毎年たくさんの方がカナダに訪れ、スキーやスノボーを楽しんでいます。

 

ココがおすすめ

スキー場によってはビレッジ(村)があり、長距滞在できるように宿泊施設や飲食店、スーパーマーケットなどがあります。

またスキー場の大きさは、日本のスキー場と比べ物にならいぐらい広く、雪質もとても良いです。

 

一度カナダで滑ってしまうと、毎年通いたくなるぐらい最高の環境です。

バンクーバーのスキー場5選

それではバンクーバーのダウンタウンから行ける、スキー場5個をアクセス方法、料金などと一緒にご紹介させていただきます。

 

スキー場はこちら

おすすめのスキー場

・グラウスマウンテン

・マウントシーモア

・サイプレスマウンテン

・ウィスラーブラッコム

・ヘムロックバレー

です。

スポンサー

グラウスマウンテン

1つ目は、ダウンタウンから一番近い

グラウスマウンテン

です。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Sleep tight everyone. Or don't sleep at all! Under eye circles look good on some people. Photo by @pa_gu98 #curiocityvancouver

Curiocity Vancouver(@curiocityvancouver)がシェアした投稿 -

 

暖かい時期は、ハイキングもできるので一年を通して人気のスポットです。

 

公共交通機関でも約1時間ほどで行くことができ、一番気軽に行けるスキー場となっています。

 

車であれば約30分ほどで行くことができます。

 

ココがおすすめ

スキー場は緩やかなコースもあるので、初心者の方、ご家族で行く方でも安心して楽しむことができます。

夜にはダウンタウンの夜景を一望できるので、ナイターも大人気です。

 

日帰りで長時間スキー、スノボーを楽しみたい方にオススメです。

アクセス方法

◯シーバス+バス

ウォーターフロント駅からシーバスに乗りロンズデール・キーまで行き、236番のバスに乗り換え終点のグラウスマウンテンまで行く。

 

バスを降りたらゴンドラ(有料)に乗り、ゲレンデまで行く。

 

※リフト券を購入すればゴンドラは無料

 

営業時間

月曜〜日曜 9:00am-10:00pm

>> グラウスマウンテン公式サイト

リフト券

 大人(19-64)シニア(65-)学生(13-18)子供(5-12)
1日券(9:00am-10:00pm)$72$52$52$27
半日券(4:00pm-10:00pm)$52$42$42$25
シーズンパス$825$675$725$375

※4歳以下は無料(シーズンパスは$40)

レンタル料金

スキーレンタル

 大人(19-64)シニア(65-)学生(13-18)子供(5-12)
スキー、ブーツ、ストック$45$29$42$26
スキーのみ$35$20$32$18
ブーツのみ$20$15$17$12
ストックのみ$5$5$5$5

スノボーレンタル

 大人(19-64)シニア(65-)学生(13-18)子供(5-12)
スノーボード、ブーツ$45$29$42$26
スノーボードのみ$35$20$32$18
ブーツのみ$20$15$17$12

ウェアレンタル

 大人(19-64)シニア(65-)学生(13-18)子供(5-12)
上下セット$28$20$28$20
ジャケットのみ$16$14
パンツのみ$14$13
ヘルメットのみ$8$8$8$8

マウントシーモア

2つ目は、地元の方に大人気の

マウントシーモア

です。

 

バンクーバーで一番歴史のあるスキー場で、家族で経営されています。

 

グラウスマウンテンと同様に、緩やかなコースが多いので初心者の方も安心して滑れます。

 

初級・中級コースが豊富です。

 

ココがおすすめ

規模は若干小さいものの、平日はリフト券が安いので平日に行くのがオススメです。

 

テレインパークが多いので、スノボーの方はより一層楽しめますよ。

アクセス方法

◯シャトルバス

ミレニアムラインのルパート駅もしくは、ノースバンクーバーのパークゲートコミュニティセンターから、マウントシーモアへ向かう有料のシャトルバスに乗る。

 

・ルパート駅 ⇄ マウントシーモア $15

・パークゲートコミュニティセンター ⇄ マウントシーモア $10

・シーズンパス $49

 

出発予定時刻の10分前には集合

>> 詳細、時刻表はこちら

 

車で行く方は冬用タイヤが必須

 

営業時間

9:00am-10:00pm

>> マウントシーモア公式サイト

 

ルパート駅

パークゲートコミュニティセンター

リフト券

 大人(19-59)シニア(60-)学生(13-18)子供(5-12)
1日券(9:00am-10:00pm)$69$48$48$26
半日券(2:30pm-10:00pm)$49$39$39$23
ナイト券(5:00pm-10:00pm)$36$31$31$21
シーズンパス$424$164$234$104

※4歳以下は無料(シーズンパスは$39)

平日

 大人(19-59)シニア(60-)
1日券(9:00am-10:00pm)$48$41
半日券(2:30pm-10:00pm)$39$35
ナイト券(5:00pm-10:00pm)$31$31

レンタル料金

スキーレンタル

 大人(19-64)シニア(65-)学生(13-18)子供(5-12)4歳以下
スキー、ブーツ、ストック(1日)$45$29$41$26$20
スキー、ブーツ、ストック(5:00pm-10:00pm)$35$22$33$22$20

スノボーレンタル

 大人(19-64)シニア(65-)学生(13-18)子供(5-12)4歳以下
スノーボード、ブーツ(1日)$45$29$41$26$20
スノーボード、ブーツ(5:00pm-10:00pm)$35$22$33$22$20

ウェアレンタル

 全ての方
上下セット$28
ジャケットのみ$16
パンツのみ$16
ヘルメットのみ$10

サイプレスマウンテン

3つ目は、ノースバンクーバー近辺では一番大きいスキー場

サイプレスマウンテン

です。

 

バンクーバーオリンピックの際には、スノーボード競技とスキーのフリースタイル競技が行われました。

 

そのため上記2つのスキー場よりも、中級・上級コースが多く難易度は少し高めです。

 

ココがおすすめ

標高が高いため雪質が良く、上質なスキー場を求めている方を満足させてくれます。

19kmにも及ぶクロスカントリースキーコースもあり、様々なウインタースポーツを楽しむことができます。

 

オープンの時期が12月半ばとやや遅めで、リフト券も少し高めです。

アクセス方法

◯シャトルバス

ダウンタウンキツラノリッチモンドノースバンクーバーなど計6ヶ所からサイプレスマウンテンへ向かう有料のシャトルバスに乗る。

 

・大人 $25(往復)

・シニア/学生 $20(往復)

>> 詳細、時刻表はこちら

 

車で行く方は冬用タイヤが必須

 

営業時間

9:00am-10:0pm

>> サイプレスマウンテン公式サイト

リフト券

 大人(19-64)シニア(65-)学生(13-18)子供(6-12)幼児(0-5)
1日券(9:00am-10:00pm)$79$56$56$36$8
半日券(2:00pm-10:00pm)$67$51$51$33$6
ナイト券(5:00pm-10:00pm)$53$41$41$28$6
シーズンパス$679$329$429$229$40

レンタル料金

スキーレンタル

 13歳以上13歳以上(2:00pm-)12歳以下
スキー、ブーツ、ストック$49$44$29
スキーのみ$37$33$23
ブーツのみ$30$25$18
ヘルメット$10$10$8

スノボーレンタル

 13歳以上13歳以上(2:00pm-)12歳以下
スノーボード、ブーツ$49$44$29
スノーボードのみ$37$33$23
ブーツのみ$25$20$15
ヘルメット$10$10$8

ウェアレンタル

 13歳以上13歳以上(2:00pm-)12歳以下
上下セット$30$30$17
ジャケットのみorパンツのみ$16$16$10

ウィスラーブラッコム

4つ目は、北米最大のスキー場

ウィスラーブラッコム

です。

 

カナダのスキー場と言えばウィスラー、と言っても過言ではないぐらいとても大人気のスキー場です。

 

バンクーバーオリンピックの際には、バイアスロンやボスブレー、アルペン、ジャンプ、クロスカントリーなど様々な種目の競技が行われました。

 

そして世界中からたくさんのスキーヤー、スノーボーダーが集まります。

 

ココがおすすめ

魅力はなんと言ってもコースの多さです。

その数なんと200以上。

上級コースだけでゲレンデが2ヶ所あり、初級コース・中級コースも充実しています。

また日本には無い、最長11kmのコースまであります。

 

何度行っても飽きません。

 

またウィスラービレッジがあり、宿泊施設はもちろんのこと、レストランやスーパーマーケットなどがたくさんあります。

 

ダウンタウンから少し離れているので、日帰りではなく1泊以上の滞在がオススメです。

 

長期でスキー、スノボーを楽しみたい方はぜひ。

アクセス方法

◯シャトルバス

ダウンタウンのハイアットリージェンシーホテルから、有料のシャトルバスに乗る。

>> 詳細、時刻表はこちら

 

ウィスラーへの行き方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

 

営業時間

11月下旬〜1月下旬 8:30am-3:00pm

1月下旬〜2月下旬 8:30am-3:30pm

2月下旬〜4月下旬 8:30am-4:00pm

4月下旬~5月下旬 10:00am-4:00pm

>> ウィスラー公式サイト

リフト券

 大人(19-64)シニア(65-)学生(13-18)子供(7-12)
1日券(シーズンによって異なる)$123-$161$111-$145$105-$137$62-$81
シーズンパス$1,349$909$809$469

※6歳以下は無料

 

シーズン、購入するタイミングによって料金が変動します。

 

2日以上で買うと安くなります。

 

他にも様々なチケットがあります。

>> 詳細はこちら

レンタル料金

ウィスラーにはたくさんのレンタルショップがあり、ショップによって料金が異なります。

 

またレンタルできるスキー、スノボーもいくつか種類があり、種類によって料金が異なります。

>> 詳細はこちら

 

スキー

・スポーツスキー → 初心者

・パフォーマンススキー→ 中級者

・デモスキー→ 上級者

・ジュニアスキー子供用

 

スノボー

・スポーツスノーボード→ 初心者、中級者

・デモスノーボード→ 上級者

・ジュニアスノーボード子供用

スキーレンタル

 スポーツパフォーマンスデモジュニア
スキー、ブーツ、ヘルメット$69.30$87.30$96.30$46.80
スキーのみ$51.30$69.30$78.30$28.80
スキー、ブーツ$58.50$76.50$85.50$36.00
スキー、ヘルメット$62.10$80.1089.10$39.60

スノボー

 スポーツデモジュニア
スノーボード、ブーツ、ヘルメット$69.30$96.30$46.80
スノーボードのみ$51.30$78.30$28.80
スノーボード、ブーツ$58.50$85.50$36.00
スノーボード、ヘルメット$62.1089.10$39.60

 

ウィスラーの公式サイトから、ウェアのレンタルできません。

 

ウェアをレンタルをしたい方は、レンタルショップのサイトから申し込む必要があります。

 

こちらはWhistler Winter Wearの料金です。

 全ての方
上下セット$50
ジャケットのみ$28
パンツのみ$28
上下セット(学生)$40
上下セット(子供)$35
手袋$15
ゴーグル$10

ヘムロックバレー

5つ目は、穴場スキー場

ヘムロックバレー

です。

 

意外と知られていないヘムロックバレー。

 

ほとんどの方が上記4つのスキー場で行くため、混雑しておらず伸び伸びとスキー、スノボーを楽しむことができます。

 

ココがおすすめ

またリフト券が他のスキー場より安く、初心者エリア専用のリフト券はさらにお得です。

 

スキー場の近くには宿泊施設もあるので、1泊2日などでゆったり滑ることもできます。

 

オープンの時期が12月半ばとやや遅めで、営業時間も短いです。

アクセス方法

◯車

シャトルバスなどがなく、車のみのアクセス。

 

営業時間

月曜〜木曜・土曜・日曜 9:00am-4:00pm

金曜 9:00am-8:00pm

>> ヘムロックバレー公式サイト

リフト券

 大人(19-64)シニア(65-79)学生(13-18)子供(6-12)初心者エリア
1日券$59$34$49$29$26
半日券(12:30pm-4:00pm)$44$29$39$24$21
シーズンパス$699$399$$499$299

※5歳以下は無料(シーズンパスは$28)

 

時期によって多少異なります。

>> 詳細はこちら

レンタル料金

スキーレンタル

 1日半日(12:30pm-4:00pm)ナイト(4:00pm-8:00pm)
高性能スキー、ブーツ、スティック$60$50$45
高性能スキーのみ$45$40$35
スキー、ブーツ、スティック$52$43$37
スキーのみ$33$29$24
ブーツのみ$21$17$15
スティックのみ$10$8$7
ヘルメット$12$11$10

スノボーレンタル

 1日半日(12:30pm-4:00pm)ナイト(4:00pm-8:00pm)
高性能スノボー、ブーツ$60$50$45
高性能スノボーのみ$45$40$35
スノボー、ブーツ$52$43$37
スノボーのみ$33$29$24
ブーツのみ$21$17$15
ヘルメット$12$11$10

ウェアレンタル

 

ウェアのレンタルはしておりません。

まとめ

オリンピック開催地に選ばれるだけあって、たくさんのスキー場がありますね。

 

一つ一つのスキー場のクオリティも高く、絶対に満足できるはずです。

 

一番人気はもちろんウィスラーです。

 

ワーホリの方でスキー、スノボーがしたくてウィスラーに住む方、ウィスラーのスキー場で働く方もいるぐらいです。

 

一番の魅力はやはり、宿泊施設があることです。

1週間〜1ヶ月ぐらい滞在する方もいます。

 

自然が溢れる白銀の世界で優雅にスキー、スノボーを楽しんでみませんか?

 

ぜひ行ってみてくださいね。

 

スポンサー

-観光スポット

© 2021 YUYA WORLD TRIP.