カナダ編 日常

ついにカナダに到着

スポンサー   カナダ出発当日からたくさんのハプニングがありました。 カナダに向けて出発 それでも、なんやかんやで無事カナダに到着致しました! カナダに着いてからもハプニングはありましたが、、、笑 スポンサー   タップできるもくじ1 北京を出発2 フライト時間は約11時間2.1 エアチャイナの機内食3 バンクーバー国際空港に到着4 またもやハプニング発生5 ホームステイ先へ到着6 まとめ 北京を出発 結局ホテルで1泊したので、日付が変わってしまいましたが、いよいよ北京を出発です。 今 ...

ReadMore

セブ島留学編 学校情報

セブ島留学を通して感じたこと

スポンサー   帰国してから早くも1周間が経ちました。 セブロスが凄すぎて毎日苦しんでいます。 今すぐセブ島に帰りたいです 笑 そんなこんなで今回のセブ島留学で感じた色々なことを書きたいと思います。 スポンサー   タップできるもくじ1 セブ島留学で感じたこと2 フィリピン人最高3 宗教について4 フィリピン人の英語について5 ストリートチルドレン6 有って当たり前から無くて当たり前に7 まとめ セブ島留学で感じたこと 3ヶ月セブ島で英語を学び、暮らし、色々なこと感じました。 文化、宗 ...

ReadMore

グランビル周辺 レストラン

【Malone's】ダウンタウンで一番オススメのパブ、マローンズ【バンクーバー・ダウンタウン】

  スポンサー   今回ご紹介させていただくのは 僕がダウンタウンで一番オススメするパブです。 特にデートで行く、お洒落なバーやパブを探している方にオススメです。   スポンサー   タップできるもくじ1 Malone's2 Malone'sの場所と行き方2.1 Malone'sに到着2.2 メニュー2.3 料理が届きました2.4 お会計3 まとめ Malone's さて今回ご紹介させていただくのは、ともてお洒落なパブ Malone's です。 Malone'sのホ ...

ReadMore

セブ島留学編 観光スポット

【ボホール島の行き方】自力で行く方法1/2

  スポンサー   先日、ずーーーっと行きたかった 【ボホール島】 に行ってきました。 ほとんどの方はツアーなどで行くことが多いと思いますが、僕は少しでも出費を抑えたいので全て自力で行ってきました。 結果的には行けなかった場所もありましたが、総合的にはかなり出費を抑えることができました。 今回も画像付きで解説していきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 ボホール島とは2 まずはPier1(港)へ2.1 ボホール島行きのチケットを買う2.2 ターミナルフィ ...

ReadMore

ライフハック

意外に知らない!?一時帰国中に国民健康保険に加入する方法【留学・ワーホリ・海外滞在】

  スポンサー   海外で病院に行くとなると、とにかく医療費が高い、、、。 ただの風邪などであれば海外保険が適用されますが、歯医者などとなってくると保険適用外なので行きたくても行けません。 そんな方は日本へ一時帰国し、病院へ行くと思います。 でも住民票を抜いてきたから、保険証が無い、、、ってパターンありますよね? 今回は、一時帰国中に国民健康保険に加入する方法をご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 実は加入できる国民健康保険2 手続き ...

ReadMore

美容情報

美容師がおすすめするヘアカラー用シャンプー6選!長持ちさせる方法も教えます!

  髪を染めたばかりなのに、もう色が抜けちゃった、、、 そんな経験をお持ちの方も多いはずです。   ヘアカラーをした後は、ヘアカラーに合ったヘアケアが必要になります。 そのヘアケアの中でも、一番重要なのが シャンプー です。   でも、、、 疑問・悩み ・種類が多くてどれを選んだら良いかわからない ・どういった効果があるかわからない などの疑問や悩みを、持っていると思います。   ということで今回は、美容師である僕が厳選したおすすめのカラー用シャンプー6選と、ヘアカ ...

ReadMore

カナダ編 日常

【徹底解説】意外に簡単!カナダSINナンバーの取得方法【バンクーバー・ワーキングホリデー】

  カナダでは働く際には SINナンバー というものが必要になります。   先日、実際に取得してきたので写真付きで解説していきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 働くならSINナンバーは必須2 取得方法は2つ3 必要な書類は3つ4 Service Canadaの場所4.1 シンクレアセンターの行き方5 取得までの流れ6 まとめ 働くならSINナンバーは必須 SINナンバーってなに? って思った方も多いと思います。   SINナンバーとは So ...

ReadMore

ライフハック

登録しなきゃ損!コスパ最強のAmazonプライムビデオを徹底解説!

  誰もが一度は利用したことがあるであろう Amazon   そのAmazonが提供しているサービス Amazonプライムビデオ をご存知でしょうか?   Amazonプライム会員になると利用できるサービスですが、 ・聞いたことあるけど、詳しく知らない ・どんなメリットがあるの? ・そもそもAmazonプライムってなに? といったような疑問や悩みをよく耳にします。   ということで今回は、Amazonプライムビデオについて徹底解説していきます。   またA ...

ReadMore

カナダ編 観光スポット

お風呂に入りたい?1泊2日で行くおすすめの温泉5選をご紹介!【バンクーバー・カナダ】

  海外にずっと滞在していると恋しくなるもの、そう お風呂 ですよね。   でもカナダにはお風呂入る習慣がなく、基本的にはシャワーだけです。   ホームステイやシェアハウスに住んでいると、ルールなどもありお風呂に入るのが難しいですよね。   そんなお風呂に入りたい時は、温泉がおすすめです。   今回は、バンクーバーから公共交通機関で行ける温泉を、ご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 カナダには約130の温 ...

ReadMore

カナダ編 日常

【Compass Card】コンパスカード購入方法と使用方法、バス・スカイトレインの乗り方

  バンクーバーに住む方であれば、ほとんどの方が持っている Compass Card(コンパスカード)   今回は、コンパスカードの購入方法と使用方法のご紹介です。   これ1つあればバスなどの公共機関を使用する際、とても便利になります。   スポンサー   タップできるもくじ1 コンパスカードはICカード1.1 ゾーンで料金が変わる1.2 カードの種類と購入方法1.3 コンパスカードの使い方2 券売機での購入方法とチャージ方法 2.1 コンパスカード発券 ...

ReadMore

カナダ編 日常

【口座開設】カナダワーホリ・留学生におすすめの銀行はCIBC!開設方法を徹底解説【バンクーバー・トロント】

2020年4月12日

 

ワーホリや留学に来たら、まずするべき事の1つに

銀行口座の開設

があります。

 

カナダにはいくつか銀行がありますが、個人的にオススメの銀行はCIBCです。

 

ただ、口座を開設するにあたって

悩み・疑問

  • そもそも何で口座を開設しないといけないの?
  • 英語があまり話せないから不安
  • 口座の開設方法がわからない

といった悩みや疑問があると思います。

 

ということで今回はオススメの銀行CIBCについてと、口座の開設方法をご紹介させていただきます。

 

スポンサー

 

銀行口座の開設は必須

カナダ住むとなると、銀行口座の開設が必要になります。

 

1ヶ月〜3ヶ月の短期留学の方は開設をしなくても大丈夫ですが、ワーホリの方、長期留学の方は必ず口座の開設が必要です。

 

というのも、

口座開設が必要な理由

・給料はの支払いは銀行振り込み、もしくは小切手

・カナダはカード社会、支払いはほとんど銀行のデビットカード

・住む家のオーナーによっては、銀行振り込みで家賃を払わないといけない

という理由があるからです。

 

滞在期間が長ければ長いほど、銀行の口座は必要になります。

銀行口座がないと不便

長期で滞在するとなると、とにかく銀行の口座を開設しないと生活が不便になります。

 

ワーホリの方は現地で働く方がほとんどだと思いますが、銀行口座が無いと給料を受け取れません。

これは日本と同じですね。

 

またカナダは日本よりも遥かにカード社会のため、スーパーマーケットや飲食店などほとんどのお店の支払いはカードです。

 

もちろん現金も使えますが、カードのほうがスマートで楽です。

 

日本のクレジットカードも使用可能ですが、手数料などで損をします。

 

最後にシェアハウスなどでは家賃を銀行振り込みで払うことが多く、これも銀行口座がないとできません。

 

もちろん現金での支払いも受け入れてくれるオーナーさんもいますが、振り込みのほうが楽です。

スポンサー

ワーホリ・留学生はCIBC一択

日本には3大メガバンクよ呼ばれている銀行がありますが、カナダにもメガバンクが5つあります。

5大メガバンク

・Royal Bank of Canada (RBC)

・The Toronto-Dominion Bank (TD)

・The Bank of Nova Scotia (Scotiabank)

・Bank of Montreal (BMO)

・Canadian Imperial Bank of Commerce (CIBC)

 

冒頭でもお伝えし通り、ワーホリや留学生の方にはCIBCがオススメです。

 

CIBCのメリットは

メリット

・口座維持費が無料

・カード利用制限がない

・ATM利用無制限

・ATMが多い

です。

口座維持費が無料

カナダの銀行口座は、日本とは異なり口座維持費が必要です。

 

でもCIBCには、この口座維持費が1年間無料になるプランがあるのです。

 

そのプランはこちら

CIBCのプラン

・ワーホリの方 → CIBC smart for Foreign Workers

・留学の方 → CIBC smart for Student

※CIBC smart for Studentは高校、大学、カレッジに在学している間無料

 

他の銀行も$◯◯以上口座に入っていれば無料というプランはあるものの、やはりずっと無料の方が安心です。

カード利用制限がない

口座を開設した際にデビットカード/キャッシュカードを発行するのですが、このデビットカードを使って支払いをする場合、利用回数の限度があります。

 

この利用限度を超えた場合、手数料が発生するため余分にお金を払う必要があります。

 

他の銀行は何回目まで無料というプランがほとんどですが、上限は10数回です。

 

でもCIBCの場合この利用限度がありません。

 

そのため安心して利用することができます。

ATM利用無制限

ATMを利用するのも制限があります。

 

しかも先程のデビットカードの支払いと回数と、ATMの利用回数を合わせて◯回までとなっております。

 

そのため頻繁にデビットカードで支払いをするのに加えて、ATMでお金を引き出す機会がある方が上限を超えた場合、手数料を払う必要があります。

 

CIBCの場合、このATMも無制限で利用することができます。

ATMが多い

CIBCは先程お伝えした5大メガバンクの中でも、5番目に大きい銀行です。

 

ですがATMの数が多く、ダウンタウンなんかを歩いていると良く見かけます。

 

正直あまりATMを利用する機会はありませんが、いざという時にあったほうが助かります。

 

CIBC以外の口座維持費や、デビットカードの利用回数などはこちらのサイトに詳しく書いてあります。

>> カナダの銀行の詳細

CIBCにもデメリットはある

そんな僕たちワーホリや留学生に優しいCIBCですが、1つだけデメリットがあります。

 

ココに注意

それは小切手が反映されるのに時間がかかる

という点です。

 

職場の雇用主から小切手で貰った給料を口座へ入金するのですが、CIBC以外の銀行は入金した直後にそのお金を使うことができます。

 

でもCIBCは、入金してから5日〜7日後にようやくお金を使うことができます。

 

なので働き始めた直後など口座にお金があまり無い時、全くない時はお金をすぐに使うことができず不便です。

 

ですがある程度口座にお金が貯れば、そこまで気にはならないです。

口座維持費が無料なので、この点は仕方ないです。

英語が不安な方はTDもあり

もし本当に英語が不安なのであれば、TDのバンクーバー支店には日本人の方がいるので日本語で開設することができます。

 

ココに注意

TDは口座維持費、カードとATMの利用制限があるのでその点は注意です。

 

ただTDはどのプランも口座を開設してから6ヶ月間は、口座維持費がかかりません。

 

なので6ヶ月以内の留学生の方は、CIBCではなくTDという選択肢もあります。

 

また観光ビザで入国しワーキングホリデービザに切り替える方は、

観光ビザ期間中はTD、ワーキングホリデービザ期間中はCIBC

といったように、銀行を変えるといった方法もあります。

 

スポンサー

口座の開設方法

それではCIBCの口座の開設方法です。

 

流れとしましては

step
1
予約

step
2
店舗に行く

step
3
ATMでパスワード設定

となっております。

 

もちろん、手続きは全て英語になります。

 

凄く不安ですよね。僕もめちゃくちゃ不安でした。

 

でも担当の方がわかりやすく、丁寧に対応してくれたので簡単に開設することができました。

 

カナダの方は英語を上手く話せない方に慣れているので、わからない所はわかるまで説明してくれます。

必要な物

口座を開設する際に必要な物がいくつかあります。

必要な物

・パスポート

・ビザ(ワーホリビザもしくは学生ビザ)

・滞在先の住所がわかるもの

・SINナンバー

・メールアドレス

・電話番号

です。

 

滞在先の住所に関して、僕はホームステイをしていたのでホームステイ先の住所が書かれている書類を持って行きました。

 

もし住所が変わる場合は、ネットかアプリもしくはメールで変更可能です。

 

ワーホリの方はSINナンバーが必ず必要なので、口座開設の前に必ず取得しましょう。

 

また電話番号も必要ですが、開設時にSIMカードを購入していなくてもメールアドレスがあれば開設はできます。

 

後日SIMカードを購入した時に、メールで電話番号を伝えます。

※電話番号がないとアプリとオンラインバンキングに登録できません

SINナンバー、SIMカードの購入についてこちらの記事を参考にしてください。

予約

まずは口座開設の予約をします。

 

基本的に銀行はいつも混んでいるので、予約をしたほうがスムーズに開設できます。

 

もちろんタイミングが合えば予約をしなくても大丈夫ですが、予約はしたほうが良いです。

 

予約方法は

予約方法

・店舗で直接予約をする

・ネットで予約をする

の2種類です。

 

ネットのほうが楽なのでオススメです。

 

店舗にて直接予約をする方は、窓口の方に口座の開設をしたいと伝えると予約をしてくれます。

>> CIBC公式サイト

店舗に行く

予約をした日、店舗に行きます。

受付で

・予約をしていること

・名前

を使えると、担当の方が個室へ案内してれくます。

口座の種類

担当の方に

CIBC smart for Foreign Workers

 

もしくは

CIBC smart for Student

と伝え、持ってきた書類を渡します。

 

後はタブレットを使いながら説明を受けたり、サインをしたりするだけです。

 

欧米の方は漢字が書けないのでサインは防犯上、漢字のほうが良いと言われています。

 

僕は漢字にしておきました。

 

ちなみに色々と説明していただいたのですが、僕は8割理解できませんでした、、、笑

 

ただカナダの銀行口座には

銀行口座の種類

・Chequing

・Savings

の2種類があり、基本的に使うのはChequingのみです。

 

Savingsは日本でいうところの、定期預金の口座です。

 

ココに注意

Savingsに預けると利子が付くのですが、自由に引き出したり利用することができません。

 

そのため、お金を預けるのも支払いに使うのもChequingだけです。

 

これはCIBCの方も、念押しに2ほど伝えてくれました。

ATMでパスワードの設定

説明とサインが終わると、その場でデビットカード/キャッシュカードが渡されます。

 

その後、担当の方とATMに行きATMの使い方を教えてもらいます。

 

その際にカードのパスワードを登録するため、4桁の数字を2回入力します。

これで口座の開設の完了です。

 

常に残高を確認できるように、アプリをインストールしておきましょう。

CIBC Mobile Banking

CIBC Mobile Banking
開発元:CIBC
無料
posted withアプリーチ

 

ATMの使い方

それではATMの使い方をご紹介します。

 

基本的には日本のATMと同じです。

ATMでの引き出し方

まずは引き出し方です。

 

キャッシュカードを入れます。

4桁のパスワードを入力します。

メニュー画面でWithdrawを選択します。

Chequingを選択します。

引き出す金額を選択もしくは入力します。

紙幣の種類と枚数を選択します。

Exitを選択します。

ATMの右下から紙幣が出てきます。

最後にカードを取り出します。

ATMでの預け入れ方と小切手

次に預け入れ方と、小切手の入金方法です。

 

まずはキャッシュカードを入れます。

4桁のパスワードを入力します。

メニュー画面でDepositを選択します。

Chequingを選択します。

Continueを選択します。

ATMの左下に紙幣もしくは小切手を入れます。

紙幣の枚数と金額を確認し、Depositを選択します。

 

小切手の場合、小切手に書かれてある金額が表示されます。

Exitを選択します。

最後にカードを取り出します。

アプリで小切手を入金

最後にアプリを使って小切手を入金する方法です。

 

アプリを立ち上げたら、左上のメニューボタンをタップします。

メニューの中にあるeDepositをタップします。

小切手の表面裏面の写真を撮り、金額を入力Chequingを選択します。

最後にNextをタップし、金額等を確認したら完了です。

※タックスリターンの小切手は、ATMのみ入力が可能です。

まとめ

銀行口座の開設ってかなり緊張しますよね。

 

ただ書類さえしっかり揃えて持って行けば、特に問題はないです。

 

また口座の開設以外に何度かCIBCの店舗に行きましたが、CIBCの方はみんな優しくて丁寧です。

 

口座を開設しないと本当に不便なので、カナダに到着したらすぐに開設することをオススメします。

 

スポンサー

-カナダ編, 日常

Copyright© YUYA WORLD TRIP. , 2021 All Rights Reserved.