日常

【ワーホリ】カナダでの仕事の探し方【バンクーバー・トロント】

 

ワーホリでカナダに来て、もの凄く心配な事と言えば

仕事探し

ですよね。

僕もカナダに来るまでは、仕事を見つけれるかとても心配でした。

今回はそんな仕事探しの不安を解消する記事です。

 

スポンサー

 

カナダで働く

カナダには日本と同様、様々な仕事があります。

レストラン、バー、カフェ、アパレル、教師etc…

先に言っておくと

仕事を選ばなければすぐに見つかります!

特に日本人に大人気の、

ジャパニーズレストラン(ジャパレス)

なんかは山程あります。

また日本で身につけた技術を活かせる職種、美容師、ネイリスト、エステティシャンなども多くの働き口があります。

そしてウィスラーなど、スキーやスノボーが盛んな場所ではインストラクターなどの仕事もあります。

なので、カナダで職に就けないなんてことはほぼ無いです。

給料はTipが左右する

さて働くとなると気になるのが

給料

ですよね。

2020年6月現在、僕が住んでいるブBC州バンクーバーの最低時給は

$14.60

となっております。

※2020年6月から時給が、$13.85から$14.60に引き上げられました。

この最低時給は州によって異なります。

ココがポイント

またカナダにはTip制度があり、時給とは別にTipも貰えます。

このTipも職種によって貰える額が異なります。

Tipが稼ぎを左右すると言っても過言ではないぐらい、とても大切です。

実際どれぐらい稼げるかなどは、こちらの記事を参考にしてください。

おすすめ
【カナダ】結局ワーホリっていくら稼げるの?【バイト・仕事】

続きを見る

仕事の条件や目標などを明確に

仕事を探す前に、仕事探しの準備をします。

まずは

・自分が就きたい仕事、職種、目的

・1週間に何日入れるのか

・毎月いくら稼ぎたいのか

を明確にします。

自分が就きたい仕事は何なのか、お金を稼ぎたいのか、英語力をアップさせたいのか。

ココがポイント

お金をしっかり稼ぎたい方はジャパレス、英語力をアップさせたい方はローカルのカフェやレストランなどがオススメです。

ジャパレスは一品一品の値段がそこそこ高く、そのぶん客単価も高いため貰えるTipも多いです。

その反面、環境によっては英語をほぼ使わな、もしくは使っても同じフレーズになることが多いです。

ローカルのお店は基本的に英語環境なので、英語に触れる機会も多く英語力をアップできます。

ただそれ相応の英語力も必要です。

ココに注意

また全ての仕事でフルタイム(週40時間)働けるとは限りません。

週5を希望しても、週3や週4しか働けないなんてことも多々あります。

なので毎月稼ぎたい金額の目標を決め、フルタイムで働ける仕事を探すのか、はたまた掛け持ちをするのかなども明確にしておきましょう。

SINナンバーの取得

カナダで働く際には

SINナンバー

という物が必要です。

このSINナンバーは社会保険番号で、カナダで働く全ての方が必要になります。

これが無いと仕事先を見つけても、働くことができません。

SINナンバーの取得方法は、こちらの記事を参考にしてください。

レジュメの作成

最後に

Resume(レジュメ)

です。

レジュメとは、日本でいう履歴書です。

ただ日本の履歴書とは異なり、フォーマットが決まっていないので自分で自由に作成します。

それ故、作成が少し困難でもあります。

レジュメの作成方法は、こちらの記事を参考にしてください。

フォーマットを添付しているので、必要な方はぜひ使ってくださいね。

スポンサー

仕事探し

それでは仕事探しの方法です。

仕事の探し方は

・店頭に直接レジュメを持って行く

・求人サイトを使う

こちらの2つがメジャーです。

それでは詳しく説明していきます。

店頭に直接レジュメを持って行く

カナダにあるレストランやお店の店頭には

Hiring

と書かれた紙が貼られていることが多いです。

これが貼られいるお店は正に、人材を募集しているお店です。

普段ダウンタウンなどを歩いているとよく見かけるので、気になったお店は全てメモで残すなどをし覚えておきます。

そして後日レジュメを持って行きます。

ココがポイント

また普段からレジュメを持ち歩き、気になったらすぐに渡せるようにするのも一つの手です。

特にお店が密集している場所では、常に気を抜かず注意深くお店をチェックしましょう。

1軒だけでなく、510軒レジュメを配るぐらいの気持ちでいくほうが良いです。

その場ですぐに面接が始まることもあるので、事前に受け答えができるようにフレーズを用意しておきましょう。

直接渡すのは凄く勇気が必要ですし、恥ずかしい気持ちもありますが何より行動が大切です。

求人サイトを使う

次に

求人サイトを使う

を使う方法です。

カナダには求人サイトがいくつかあり、

・JPCanada

・e-Maple

・craiglist

この3つを使い仕事を探す方が多いです。

JPCanada

JPCanadaは日本語のサイトなので、使いやすくとてもオススメです。

もちろんジャパレスなど日系のお店などが多いですが、時々ローカルのお店なども英語で求人を出しています。

JPCanadaのホームページはこちら

e-Maple

e-Mapleも日本語のサイトですが、JPCanadaと比べると求人数は少ないです。

なのでJPCanadaと平行してチェックするのがオススメです。

e-Mapleのホームページはこちら

craiglist

craiglistは全て英語ですが、様々な職種の求人が掲載がされています。

ですが、やはり基本的にはローカルのお店がメインです。

英語力に自信がある方は、craiglistがオススメです。

craiglistのホームページはこちら

今回はJPCanadaでの探し方を詳しく説明していきます。

JPCanadaで仕事を探す

まずはJPCanadaのホームページへいきます。

JPCanadaのホームページはこちら

ホームページにいったら、下へスクロールします。

するとクラシファイドという項目があります。

仕事・求人の項目の閲覧・投稿をクリックします。

地域ごとに分かれているので、自分が住んでいる都市を選んでくださいね。

今回は僕が住んでいるバンクーバーを選択します。

するとこのように、一覧で表示れます。

気なる投稿のタイトルをクリックします。

クリックすると、詳細が表示されます。

今回はカレー屋ZAC・ZACさんの投稿をお借りします。

詳細のページでは

時給(Tipの有無)

勤務時間

出勤可能日数

業務内容

は必ずチェックしましょう。

また応募条件等があるお店もあるので、こちらかも必ずチェックしましょう。

そして良い条件であれば、タイトル下にあるEmailをクリックします。

そして必要な項目を入力し、送信します。

あとは返事を待つだけです。

お店によってはEmailアドレスを詳細欄に記入してあるお店もあるので、その際はそのEmailアドレスに送ります。

その際レジュメを添付して送信します。

レジュメを作成した時点で、PDFで保存しておきましょう。

またクラシファイドの項目で、検索をクリックするとカテゴリー別に絞り込み検索もできます。

こちらも1軒だけでなく、数軒に応募するのがオススメです。

返事が来ない

なんてこともあります。

レジュメを直接渡すよりハードルは低いので、どんどん応募しましょう。

もし気になるお店などで友達が働いているのであれば、募集しているかを聞きましょう。

働きやすいか、Tipはいくら貰えるか、などの情報も入手できます。

まとめ

1軒目で決まる人もいれば、数軒目でようやく決まる人もいます。

なので、働き始める日の1ヶ月前ぐらいから準備、仕事探しをすることをオススメします。

特にレストランなどは日本と同様に、土日祝日に入れる方を優先して採用します。

僕の友達は、1度落ちたけど何回も通って採用してもらえた、ということがありました。

冒頭でもお伝えしましたが、カナダにはたくさんの仕事があります。

根気強く続ければ必ず見つかります。

仕事探しは本当にタイミングなので、1軒落ちただけでくじけず気楽にいきましょう。

 

スポンサー

 

-日常