グランビル周辺 レストラン

【Browns Crafthouse】落ち着いた空間で美味しいお酒とハンバーガー【バンクーバー・ダウンタウン】

  スポンサー   バンクーバーにあるレストランは、どのお店も美味しい! ですがガヤガヤしていたりと、落ち着いてご飯を食べることができるレストランが少ないです。 今回はたまには落ち着いた空間でゆっくり食べたい、って方にオススメのレストランです。 スポンサー   タップできるもくじ1 Browns Crafthouse2 Browns Crafthouseの場所と行き方2.1 Browns Crafthouseに到着2.2 メニュー2.3 料理が届きました2.4 お会計3 まと ...

ReadMore

レストラン ロブソンストリート

【Red Robin】安くお腹いっぱいハンバーガーを食べるならレッドロビンへ【ダウンタウン・バンクーバー】

  スポンサー   海外といえば ハンバーガー そんなイメージをお持ちの方も多いと思います。 ということで今回はバンクーバーにある、お手頃価格でハンバーガーを食べることができレストランへ行ってきました。   スポンサー   タップできるもくじ1 Red Robin Gourmet Burgers and Brews2 Red Robinの場所と行き方2.1 Red Robinに到着2.2 メニュー2.3 ハンバーガーができました2.4 お会計3 まとめ Red Ro ...

ReadMore

美容情報

【20代女性必見】美容師がジェミールフランを徹底解説&おすすめの選び方【ミルボン・シャンプー・トリートメント】

  世の中たくさんのヘアケア商品がありますが、その中でも一番多いのが シャンプー トリートメント ですよね。 でも、、、 たくさんありすぎて、どれが自分に合ってるかわからない、、、。 って悩んでいる方も多いと思います。 YUYA正直僕も把握しきれてないよ 今回ご紹介させていただくのは、朝バタバタして忙しい方、これからヘアケアを始めたい方にオススメの ジェミールフランシリーズ です。 この記事でわかること ジェミールフランとは ジェミールフランシリーズの特徴 ジェミールフランシリーズの選び方 YU ...

ReadMore

カナダ編 日常

【ビザ】あなたに合ったビザはどれ?カナダのビザの種類を大解説【ワーホリ・留学】

  スポンサー   カナダへ留学・ワーホリをする予定の方で どのビザが一番自分に合っているのかな? と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? ビザにはいくつか種類があり、それぞれ滞在可能期間や就労規則などが異なります。 今回はカナダのビザの種類についてご紹介させていただきます。 自分に合ったビザを適切に選びましょう。   スポンサー   タップできるもくじ1 ビザとは2 カナダのビザの種類2.1 観光ビザ2.2 学生ビザ2.3 ワーキングホリデービザ3 あなたにオ ...

ReadMore

カナダ編 日常

自分で簡単にできる!?Simple Taxでタックスリターン【カナダ・ワーホリ】

  スポンサー   ワーホリなどで働いている方が、一度は耳にしたことがある タックスリターン そんなタックスリターンに対して ・そもそもタックスリターンってなに? ・どうやってやるの? ・私はやる必要あるの? なんて疑問を持っている方も多いはずです。 今回はタックスリターンについて、そしてタックスリターンを自分でやる方法をご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 タックスリターンは年末調整1.1 対象者は全員1.2 しないと損をする1.3 ...

ReadMore

レストラン ロブソンストリート

【金子半之助】ボリューム満点の天丼を食べるならここ【ダウンタウン・バンクーバー】

  スポンサー   今回は東京、日本橋にある老舗の天丼屋さんがバンクーバーにお店をオープンしたので早速行ってきました。 ちょうどそろそろ天丼が恋しくなっていたので、良いタイミングです。 日本でも大人気の天丼屋さんなので期待大が膨らまみます。   スポンサー   タップできるもくじ1 金子半之助とは2 Kaneko Hannosuke3 Kaneko Hannosukeの場所と行き方3.1 Kaneko Hannosukeに到着3.2 メニュー3.3 料理が届きました ...

ReadMore

カナダ編 学校情報

【いくらで行ける?】カナダ留学とワーホリ費用を徹底解説!【3ヶ月・半年・1年】

  これから留学へ行きたい方、ワーホリで海外に住みながら働きたい方 そんな方達が気になるのって、 費用 ですよね? 疑問や悩み 色々なサイトを見たけど、いまいちピンとこない、、、。 結局いくらあれば留学・ワーホリに行けるの? そんな疑問を持つ方も多いと思います。 ということで、今回はカナダでの留学費用とワーキングホリデー費用、またカナダで働く予定の方が一体どれぐらい稼げるのかを解説していきます。 ちなみに僕が今回、カナダのために用意した費用は 約80万円 です。 僕は元々カナダで働く予定だったの ...

ReadMore

美容情報

【30代〜50代女性必見】プラーミアでエイジングケア!いつまでも美しい女性へ【シャンプー】

  年齢を重ねると同時に変化する髪や頭皮の悩み。 ・パサつくようになった ・ハリコシが無くなった ・トップのボリュームがでなくなった などなど、様々な悩みがあると思います。 髪や頭皮の状態は、年齢によって異なります。 いつまでも美しい髪を保つためには、エイジングケアが必要になります。 そんな30代〜50代女性の方にオススメのヘアケア商品 プラーミア を今回はご紹介させていただきます。 この記事でわかること エイジングケアについて プラーミアの特徴や魅力 プラーミアの選び方 YUYAこのブログでは ...

ReadMore

カナダ編 日常

ついにカナダに到着

スポンサー   カナダ出発当日からたくさんのハプニングがありました。 カナダに向けて出発 それでも、なんやかんやで無事カナダに到着致しました! カナダに着いてからもハプニングはありましたが、、、笑 スポンサー   タップできるもくじ1 北京を出発2 フライト時間は約11時間2.1 エアチャイナの機内食3 バンクーバー国際空港に到着4 またもやハプニング発生5 ホームステイ先へ到着6 まとめ 北京を出発 結局ホテルで1泊したので、日付が変わってしまいましたが、いよいよ北京を出発です。 今 ...

ReadMore

レストラン ロブソンストリート

【Kingyo】居酒屋が恋しくなったらこのレストランへ!居酒屋ジャパレス【バンクーバー・ダウンタウン】

  スポンサー   海外に長期で滞在していると 日本の居酒屋 が恋しくなってくるのは僕だけでしょうか? 美味しいご飯、活気のある雰囲気 僕は居酒屋がめちゃくちゃ好きです。 今回はそんな日本に帰ってきたかのような気持ちにしてくれるジャパレス、をご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 Kingyo2 Kingyoの場所と行き方2.1 Kingyoに到着2.2 メニュー2.3 料理が届きました2.4 お会計3 まとめ Kingyo 今回ご紹介 ...

ReadMore

カナダ編 観光スポット

【Whistler】格安バスで行く日帰りウィスラーの行き方【スキー・スノボー】

2019年11月23日

 

スポンサー

 

カナダにはたくさんの観光地があります。

今回はスキーやスノボーが好きな方なら一度は行きたい

ウィスラー

に行ってきました。

こちらの記事ではウィスラーへの行き方をご紹介させていただきます。

観光地やレストランなどはこちらの記事でご紹介しています。

おすすめ
【Whistler】ウィスラーのオススメ観光地とレストラン【スキー・スノボー】

  スポンサー   前回に引き続きウィスラーの記事です。 今回は、ウィスラーのオ ...

続きを見る

 

スポンサー

 

Whistlerとは

今回行ってきたのは、世界でも有数のスキーリゾート

ウィスラー

です。

バンクーバーのダウンタウンから北へ120km、車やバスで2時間の場所にあります。

2010年のバンクーバーオリンピックが開かれた場所です。

ウィスラーのゲレンデは北米最大級で、世界中からスキー・スノボー好きな方が訪れます。

また100店舗以上もレストランやショップがある、ウィスラービレッジ

2008年に開通したウィスラー山とブラッコム山を結ぶゴンドラ、Peak 2 Peak

などがあります。

先にお伝えしておきますが、ウィスラーに行くのであれば夏もしくは冬に行くことをオススメします。

僕は11月という中途半端な時期に行ったので、アクティビティなどもなくただ観光するだけで終わりました 笑

夏はハイキングやサイクリング、冬はスキーやスノーモービルなどを楽しむことができます。

またその時期はイベントなどもたくさんあります。

5月〜10月

12月〜3月

がウィスラーへ行くベストシーズンです。

スポンサー

Whistlerに行く方法

ウィスラーに行く方法は

バス

があります。

今回は格安バスでの行き方をご紹介します。

ウィスラー行きのバス会社はいくつかありますが、今回僕が利用したバス会社は

Whistlerrides

です。

Whistlerridesのホームページはこちら

Whistlerridesはダウンタウンのバラード駅発で、ウィスラーのウィスラービレッジ着のバスです。

他のバス会社は、乗り心地が良いなどメリットがありますが料金は少し高めです。

このWhistlerridesだと、往復で約$32、その他消費税などを入れて

約$43

です。

めちゃくちゃ安いです。

日本円で¥3,400です。

破格、、、。

ちなみにバスの中でWi-Fiを利用することもできます。

Whistlerridesの予約方法

ではWhistlerridesの予約方法です。

まずは時刻表です。

バラード駅→ウィスラービレッジ

6:20am-8:10am

8:20am-10:10am

10:30am-12:20pm

2:00pm-3:50pm

5:30pm-7:20pm

ウィスラービレッジ→バラード駅

8:30am-10:20am

10:30am-12:20pm

2:00pm-3:50pm

5:30pm-7:20pm

7:30pm-9:20pm

となっております。

予定に合わせてバスの時間を選んでください。

それではバスのチケットを予約、購入します。

まずトップ画面で

片道もしくは往復・乗車場所・降車場所・日付

を選択し、Searchをクリックします。

片道の方は ONE WAY

往復の方は ROUNDTRIP

を選択します。

行き先は

Whistler Village

を選択します。

次に

乗車時間・乗車場所・降車場所

を選択します。

選択したら、

人数と名前

を入力します。

選択と入力が終わったら、PURCHASE TICKETSをクリックします。

次に乗車場所・時間に間違いがないを確認し、良ければPROCEED TO CHECKOUTをクリックします。

次に

会員登録をしないで購入

会員登録をして購入

を選択する画面が表示されます。

これはどちらでも大丈夫です。

今回は会員登録せずにチケットを購入します。

どちらかを選択したらCONTINUEをクリックします。

次に

名前・メールアドレス・電話番号

を入力します。

入力が終わったらCONTINUEをクリックします。

次に支払い方法を選択します。

支払い方法は

クレジットカード

デビットカード

PayPal

のどれかです。

クレジット・デビットカードで支払う方は、カードの情報を入力します。

入力が終わったら、チップの金額を選択します。

$0

$1

$2

のどれかから選びます。

入力と選択が終わったらCONTINUEをクリックします。

最後に最終確認をし、良ければPLACE ORDERをクリックします。

これで予約の完了です。

数分後にメールでチケットがPDFで送られてきます。

このチケットを乗車する際に提示します。

Whistlerへ出発

それではウィスラーへ向かいます。

バスの乗車場所はバラード駅からすぐ近くの、Vancouver City Centerというバス停です。

出発の10分前ぐらい前には、バス停に行きましょうね。

この小型バスでウィスラーへ向かいます。

チケットを運転手さんに見せて乗り込みます。

車内はわりと狭めで、座席は20席ほどです。

ココに注意

山道を走るので酔いやすい方は、酔い止めの薬を飲んでおいてくださいね。

この日は雲ひとつ無い天気です。

遠足日和ですね。

1時間ほど走ったらところで、一度休憩を取ります。

休憩場所から綺麗な自然を見ることができます。

セブンイレブンがあるので、トイレに行きたい方、食べ物や飲み物が欲しい方は行っておきましょう。

ということでウィスラーに到着しました。

バスが到着する場所は、ウィスラービレッジのすぐ目の前にあるバス停です。

帰りのバスもここから出発するので、必ず覚えておきましょう。

バラード駅へ出発

観光地を巡り、レストランでご飯をお腹いっぱい食べたのでバラード駅へ帰ります。

先程もお伝えした通り、バラード駅行きのバスも到着した時と同じバス停から出発します。

もちろん帰りのバスも同じくこちらの小型バスです。

帰りのバスはご覧の通り、ほぼ貸し切りでした。

1日中動き回っていたので、疲れ果てて一瞬で寝てしまいました。

あっという間の2時間でした。

運転手さんによっては、帰り道に家がある方はその辺りで降ろしてくれます 笑

めちゃくちゃ優しい、、、。

まとめ

自分の車やレンタカーで行く方は、山道での運転に気をつけてくださいね。

時期によっては雪で滑りやすくなっています。

個人的にはやはりバスで行くことをオススメします。

特に帰り道は疲れていると思うので、バスのほうが’楽です。

スキーやスノボーに行く方もぜひ参考にしてくださいね。

 

スポンサー

 

 

-カナダ編, 観光スポット

Copyright© YUYA WORLD TRIP. , 2020 All Rights Reserved.