カナダ編 日常

【ビザ】あなたに合ったビザはどれ?カナダのビザの種類を大解説【ワーホリ・留学】

  スポンサー   カナダへ留学・ワーホリをする予定の方で どのビザが一番自分に合っているのかな? と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? ビザにはいくつか種類があり、それぞれ滞在可能期間や就労規則などが異なります。 今回はカナダのビザの種類についてご紹介させていただきます。 自分に合ったビザを適切に選びましょう。   スポンサー   タップできるもくじ1 ビザとは2 カナダのビザの種類2.1 観光ビザ2.2 学生ビザ2.3 ワーキングホリデービザ3 あなたにオ ...

ReadMore

カナダ編 学校情報

【語学学校】ワーホリで語学学校に行くメリット・デメリット【ワーキングホリデー】

  スポンサー   ワーホリに行きたい方、これからワーホリへ行く方が悩む事の一つに 語学学校 があると思います。 語学学校に行くべきなのか、行かないべきなのか、、、。 英語力は伸びる?友達はできる? そんなみなさんのお悩みを解消するため、今回は語学学校へ行くメリット・デメリットをご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 語学学校のメリット・デメリット2 メリット2.1 英語力をアップできる2.2 友達ができる2.3 アクティビティに参加で ...

ReadMore

レストラン ロブソンストリート

【DaeBakBonGa】夜9時以降は格安で焼肉食べ放題!韓国焼肉レストラン【ダウンタウン・バンクーバー】

スポンサー   日本ではお馴染みの 焼き肉食べ放題 ですが、バンクーバーにはそういった食べ放題のレストランが少ないです。 今回はそんな希少な焼き肉食べ放題のレストラン、をご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 Dae Bak Bon Ga2 Dae Bak Bon Gaの場所と行き方2.1 Dae Bak Bon Gaに到着2.2 メニュー2.3 料理が届きました2.4 お会計3 まとめ Dae Bak Bon Ga 今回ご紹介させていただくのは ...

ReadMore

ガスタウン レストラン

【BURO】勉強・読書・作業するならこのカフェへ【バンクーバー・ガスタウン】

スポンサー   みなさん勉強や読書、作業をしたい時、どこへ行きますか? 家でする方もいると思いますが、カフェに行く方も多いと思います。 そんなカフェで作業などをする方にオススメの場所を、今回はご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 BURO The Espresso Bar2 BUROの場所と行き方2.1 BUROに到着2.2 メニュー2.3 コーヒーが入りました3 まとめ BURO The Espresso Bar 今回ご紹介させていただくカフ ...

ReadMore

カナダ編 日常

【ヘアサロン】バンクーバーで美容室を探している方必見!【美容院】

  スポンサー   今回は僕が働いている美容室のご紹介です。 僕は今現在、Joyceにあるローカルサロンで働いています。 どこの美容室に行けば良いかわからない、、、。 ローカルの美容室は言葉が通じるか不安、、、。 カラー剤とかは大丈夫なのか、、、。 と思っている方も多いはずです。 そんな不安を、僕が解消します。   スポンサー   タップできるもくじ1 経歴2 ヘアスタイルについて2.1 ヘアカラーについて2.2 薬剤について3 料金4 美容室の場所4.1 美容室の ...

ReadMore

セブ島留学編 日常

【セブパシフィック】チケットの購入方法

スポンサー   留学に行く際、少しでも安く抑えたいのが 航空券 ですよね。 前回の記事でもお伝えしましたが、僕はLCC格安航空の セブパシフィック を利用しました。 そんなセブパシフィックの利用方法と注意点をシェアさせていただきます。 スポンサー   タップできるもくじ1 LCCとは1.1 セブパシフィックとは2 チケットの買い方2.1 大切な項目の入力2.2 支払い方法3 手荷物と受託手荷物の注意点4 当日のチェックインについて5 まとめ LCCとは 最近良く耳にするLCC格安航空で ...

ReadMore

カナダ編 日常

【ワーホリ】カナダ渡航前に知っておくべき9個の常識、文化【留学・旅行】

  スポンサー   海外に行くと、日本とは全くことなる異なる常識や文化、習慣があります。 日本ではできたのに! といったように、日本ではできたことができない国も多々あります。 逆に日本ではできないことが、海外ではできたりと、カルチャーショックを受けます。 ということで、今回はカナダのルール9個をご紹介します。 カナダへ渡航するご予定がある方は、ぜひ渡航前にチェックしてくださいね。   スポンサー   タップできるもくじ1 カナダの常識1.1 外ではお酒が飲めない1. ...

ReadMore

カナダ編 日常

【Starbucks】海外のスタバで働く方法【ワーホリ・留学】

  ワーホリ、留学生に人気のお仕事と言えば スターバックス ですよね。 海外のスタバで働くってお洒落ですし、英語力アップにも繋がるし、なにより憧れますよね。 今回はその憧れであるスタバで働く方法をご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 働くまでの流れ1.1 求人に応募1.2 面接2 まとめ 働くまでの流れ それでは実際に働くまでの流れをざっくりとご紹介します。 基本的に流れは日本と同じで、 step1求人に応募する step2店舗で面接 step ...

ReadMore

レストラン ロブソンストリート

【Kingyo】居酒屋が恋しくなったらこのレストランへ!居酒屋ジャパレス【バンクーバー・ダウンタウン】

  スポンサー   海外に長期で滞在していると 日本の居酒屋 が恋しくなってくるのは僕だけでしょうか? 美味しいご飯、活気のある雰囲気 僕は居酒屋がめちゃくちゃ好きです。 今回はそんな日本に帰ってきたかのような気持ちにしてくれるジャパレス、をご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 Kingyo2 Kingyoの場所と行き方2.1 Kingyoに到着2.2 メニュー2.3 料理が届きました2.4 お会計3 まとめ Kingyo 今回ご紹介 ...

ReadMore

カナダ編 日常

どこで鍛える?バンクーバーにあるオススメのジム5選を徹底解説【カナダ】

  ここ最近、ジムに通う方が増えましたね。 ジムの利用者は年々増えており、フィットネス市場も拡大しています。 バンクーバーに来る前まで、日本でジムに通っていた方も多いのではないでしょうか? また海外のジムに行くのが初めてという方は、料金やシステムはたまたどのジムが良いのかわからないって方も多いと思います。 今回はバンクーバーにあるオススメのジム5つをご紹介させていただきます。 ・バンクーバーでもジムに通いたい方 ・これからジムに通いたい方 ぜに参考にしてくださいね。   スポンサー & ...

ReadMore

カナダ編 日常

【海外で美容師】実際に海外で美容師をして感じたこと【ワーホリ・就労】

 

スポンサー

 

僕は今バンクーバーで美容師をしています。

この記事を見ている方はおそらく

海外で美容師がしたい!

海外で美容師をしてみたいけど不安がたくさん、、、。

と思っている方だと思います。

今回は僕が実際に海外で美容師をして、感じたこと思ったことを記事にします。

 

スポンサー

 

海外で美容師

僕は今現在ワーキングホリデービザを取得し、バンクーバーで美容師をしています。

昔から

海外で1度は美容師をしてみたい!

と思っていました。

そしてちょうど1年前に海外へ行く!と決め、今に至ります。

実際に海外で美容師をするにあたり、たくさんの期待がありましたがそれよりも不安がたくさんありました。

・英語が話せないけど大丈夫なのか

・本当に日本よりも楽で稼げるのか

・働くお店はあるのか

etc…

これから海外で美容師をする方、したいと思っている方、全ての方がこう思っているはずです。

そんな疑問や不安を1つずつ解消していきます。

海外で美容師は稼げるのか

まず1番気になる

海外で美容師は稼げるのか

から解説していきます。

結論から言うと、

50/50

です。

これは雇用形態や給料体制、お店の集客力、個人の集客力によります。

僕は以前日系サロンで働いていましたが、その時は日本で貰っていた給料とさほど変わらない、もしくは少し多いぐらいでした。

今はローカルサロンで働いていており、そこでは日本の給料より約1.5倍ほど多く貰っています。

カナダにはTip制度があるので、それもあって稼げるというは正直あります。

なぜこんなにもお店によって給料が変わるのか

それは歩合制が有るか無いかです。

日系サロンのときは、いくら売り上げても時給+Tipしか貰えませんでした。

今のサロンは時給は最低保障とし、もし売り上げ額の数十%が時給を超えたら売り上げ額を採用してくれます。

説明が難しい、、、。

まぁ美容師さんであれば分かると思います。

なので今は時給or歩合+Tipとなっています。

ただもしサロンに集客力が無い、かつ個人での集客力も無い、となると結局は時給+Tipしか貰えないということです。

また完全歩合制のサロンもあります。

これは時給は無く、売り上げに応じて給料が変わります。

売り上げが0であれば、給料ももちろん0。

なので働くサロンを探すときは、給料体制を必ず確認することをオススメします。

海外での美容師は楽なのか

次に

海外での美容師は楽なのか

という点です。

なにを楽とするかは人それぞれですが、決して楽ではないです。

というのも、やはり接客業なのでそれなりに英語力が必要です。

僕自身、まだまだ英語力が足りないので、上手くコミュニケーションが取れない時もあります。

なのでそういった意味では、楽ではないです。

ただ時間で言うと凄く楽です。

就業終了時間になるとすぐ帰れます。

7時閉店だとしたら、7時ぴったりに帰ります。

もしお客様が営業時間を超えるメニューを追加したいと言った場合、僕は予定があれば断っています。

そしてお客様もそれを理解してくれます。

もちろん施術が長引いたりした場合は別です。

日本で働いているときは、家に帰るのが夜の12時1時でした。

なので仕事の後に美容師以外の友達と遊んだりご飯に行ったりなど、ほとんどありませんでした。

でも今では美容師以外の友達とも会えるし、ご飯を食べに行けるし、映画も観に行けます。

1日の内の自分の時間が大幅に増えました。

給料についての付随ですが、例ば日本と海外が同じ給料だとしても、拘束時間が違います。

日本では12時間以上、海外では8時間。

そういった意味では楽して稼げる、のかもしれませんね。

英語力は必要なのか

先程も軽く触れましたが

英語力は必要なのか

という点ですが、もちろんあったほうが良いです。

正直0でもできないことはないです。

カウンセリングは写真を見せる、見せてもうらうで解決できます。

今はSNSという便利なツールがありますし、Googleで検索すれば色々の髪型の写真が出てきます。

それだけでもお客様の希望のヘアスタイルがわかります。

ですがより深いカウンセリングが必要な時は、英語力が必要です。

またお家でのケアであったり、スタイリングのコツや方法を伝えるときも英語力が必要です。

0でも良いけど、あったほうがお客様も自分自身も納得のいく仕上がりになります。

最低限スタイリストになってから

バンクーバー以外は確かではありませんが、基本的に募集しているのは

スタイリストのみ

です。

アシスタントを募集している日系サロン、ローカルサロンも極稀に見かけますが、

日本でスタイリストになってから行くほうが良いです。

正直、日本の美容師さんの技術レベルはやっぱり高いですし、気遣いなどができるのは凄く強みです。

もちろん全ての技術が上というわけではなく、ハイライトだったりハイトーンカラーなどは、やはり海外の美容師さんのほうが上手いという印象です。

ただカットに関しては、左右の髪の長さが違うお客様が来るなんかは日常茶飯事なので、やはりカットは日本人のほうが上手いです。

また気遣い、丁寧な仕事ができるだけで、本当にお客様が自分たちを見る目が変わります。

あなた本当に丁寧ね

などを言っていただけます。

そんな気遣いや丁寧な仕事も日本人ならではの強みだと思います。

そういった点も含め、日本でしっかり技術・接客を学んでからスタイリストなり、それから海外へ行くというのがオススメです。

安心してください。

日本人美容師はどの国でも需要はめちゃくちゃあるので、必ず働くサロンは見つかります。

プロとして任せてもらえる

僕が海外で美容師をして、一番驚いたことは

プロとして任せてもらえる

ということです。

ほとんどのお客様が、僕たち美容師というプロの意見をしっかり聞いてくれて、なおかつ任せてもらます。

例えば

「髪の長さはどう?」

「髪の量はどう?」

と聞くと

「あなたはどう思う?あなたが良いと思うならそれでいい」

などと言ってくれます。

何かを聞くたびに、プロとしての意見を求められます。

そして、できない事はできない、良くないものは良くない、とはっきり伝えれます。

カウセリングの時点で、

「あなたを信じるから、似合うように好きにして」

と言ってもらえることもあります。

全てを任せてもらえるぶん凄くハードルは上がりますが、喜んでもらえた時は凄く嬉しいですし、やりがいを感じます。

アジア人の髪はアジア人が制する

最後に

アジア人の髪はアジア人が制する

です。

僕が住むバンクーバーには、たくさんのアジア人がいます。

アジア人と髪といえば、太く量が多い

ローカルの美容師さん達が言うには、アジア人の髪は難しく上手く切れないとのこと。

そうなってくると、アジア人の髪に慣れている日本人美容師の出番です。

1人の方を満足させることがきたら、口コミでどんどん広がます。

するとどんどんお客様が増えていきます。

アジア人の方たちからの需要は凄くあります。

実際僕も有り難いことに、口コミと紹介でたくさんのお客様にご来店いただいています。

スポンサー

まとめ

僕は正直、美容師という仕事が好きなので日本で長時間バリバリ働くのも好きです。

そして海外で、仕事とプライベート両方を充実させるのも好きです。

どの国の人たちも、可愛くなりたい、キレイになりたい、かっこよくなりたい、その気持は全員一緒です。

僕たち美容師はどこの国へ行っても、お店に来ていただいた全てのお客様たちの期待に応えるだけです。

海外に来て改めて美容師という職業を選んで良かったと思いますし、もっと好きになりました。

僕はやっぱり美容師が大好きです。

 

スポンサー

 

 

-カナダ編, 日常

Copyright© YUYA WORLD TRIP. , 2020 All Rights Reserved.