美容情報

【ヘアアイロン】美容師が厳選したオススメのコテ・アイロン5選【カール・ストレート】

  毎日のヘアスタイリングに欠かせない ヘアアイロン ですが、みなさん既にお持ちでしょうか?   この記事を読んでいる方は、おそらく ・アイロンを既に持っているけど、新しく買い替える予定の方 ・初めてアイロンを買ってみる方 ・どのアイロンを選んだらいいか分からない方 のいずれかだと思います。   でもヘアアイロンってたくさんあるので、凄く悩みますよね、、、。 ということで今回は、美容師である僕がオススメするコテ・アイロンをご紹介させていただきます。   ちなみに今回 ...

ReadMore

グランビル周辺 レストラン

【Freshslice Pizza】バンクーバーを代表するピザ屋【フレッシュスライスピザ】

  スポンサー   今回はずっと気になっていたものの、なかなか行けなかったピザ屋さんです。 カナダのピザはとにかく安い! 日本と比べて半額ぐらいの値段です。 先日行ってきたので、ご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 Freshslice Pizza2 Freshslice Pizzaの場所2.1 Freshslice Pizzaに到着2.2 メニュー2.3 ピザが届きました3 まとめ Freshslice Pizza 今回行ってきたの ...

ReadMore

カナダ編 学校情報

【いくらで行ける?】カナダ留学とワーホリ費用を徹底解説!【3ヶ月・半年・1年】

  これから留学へ行きたい方、ワーホリで海外に住みながら働きたい方 そんな方達が気になるのって、 費用 ですよね? 疑問や悩み 色々なサイトを見たけど、いまいちピンとこない、、、。 結局いくらあれば留学・ワーホリに行けるの? そんな疑問を持つ方も多いと思います。 ということで、今回はカナダでの留学費用とワーキングホリデー費用、またカナダで働く予定の方が一体どれぐらい稼げるのかを解説していきます。 ちなみに僕が今回、カナダのために用意した費用は 約80万円 です。 僕は元々カナダで働く予定だったの ...

ReadMore

カナダ編 日常

【Compass Card】コンパスカード購入方法と使用方法、バス・スカイトレインの乗り方

  バンクーバーに住む方であれば、ほとんどの方が持っている Compass Card(コンパスカード)   今回は、コンパスカードの購入方法と使用方法のご紹介です。   これ1つあればバスなどの公共機関を使用する際、とても便利になります。   スポンサー   タップできるもくじ1 コンパスカードはICカード1.1 ゾーンで料金が変わる1.2 カードの種類と購入方法1.3 コンパスカードの使い方2 券売機での購入方法とチャージ方法 2.1 コンパスカード発券 ...

ReadMore

カナダ編 観光スポット

【Tsawwassen Mills】バンクーバー最大級のアウトレットモールの行き方【バス・スカイトレイン】

  スポンサー   先日、バンクーバー最大級のアウトレットモール Tsawwassen Mills へ行ってきました。   少しでも安く服や靴などを買いたい方は必見ですよ!   スポンサー   タップできるもくじ1 Tsawwassen Millsとは2 Tsawwassen Millsの場所3 Tsawwassen Millsの行き方3.1 シャトルバスでの行き方4 Tsawwassen Mills散策4.1 ランチタイム5 まとめ Tsawwassen ...

ReadMore

カナダ編 日常

自分で簡単にできる!?Simple Taxでタックスリターン【カナダ・ワーホリ】

  ワーホリなどで働いている方が、一度は耳にしたことがある タックスリターン   そんなタックスリターンに対して 疑問 ・そもそもタックスリターンってなに? ・どうやってやるの? ・私はやる必要あるの? なんて疑問を持っている方も多いはずです。   今回はタックスリターンについて、そしてタックスリターンを自分でやる方法をご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 タックスリターンは年末調整1.1 対象者は全員1.2 しないと損をす ...

ReadMore

レストラン ロブソンストリート

【Dinesty】小籠包が大人気の中華料理レストラン【バンクーバー・ダウンタウン】

  スポンサー   バンクーバーに来たからには、色々なレストランに行きたいですよね。 僕は週3ぐらいで外食しています。 決して安くはないのですが、せっかくなので、、、笑 ということで今回は 小籠包 が大人気の中華料理レストランへ行ってきました。   スポンサー   タップできるもくじ1 Dinesty Dumpling House2 Dinesty Dumpling Houseの場所と行き方2.1 Dinesty Dumpling Houseに到着2.2 メニュー2 ...

ReadMore

カナダ編 日常

【口座開設】カナダワーホリ・留学生におすすめの銀行はCIBC!開設方法を徹底解説【バンクーバー・トロント】

  ワーホリや留学に来たら、まずするべき事の1つに 銀行口座の開設 があります。   カナダにはいくつか銀行がありますが、個人的にオススメの銀行はCIBCです。   ただ、口座を開設するにあたって 悩み・疑問 そもそも何で口座を開設しないといけないの? 英語があまり話せないから不安 口座の開設方法がわからない といった悩みや疑問があると思います。   ということで今回はオススメの銀行CIBCについてと、口座の開設方法をご紹介させていただきます。   スポン ...

ReadMore

レストラン ロブソンストリート

【Ole chicken】唐揚げを山盛り食べたいならここ【バンクーバー・ダウンタウン】

  スポンサー   僕は唐揚げが大好きで、居酒屋などに行くと必ずオーダーします。 ふと 唐揚げを山盛り食べたいな と思いました。 ということで、行ってきました。 唐揚げを山盛り食べることができるレストランへ。   スポンサー   タップできるもくじ1 Ole chicken2 Ole chickenの場所と行き方2.1 Ole chickenに到着2.2 メニュー2.3 料理が届きました2.4 お会計3 まとめ Ole chicken 今回ご紹介するのは、唐揚げを山 ...

ReadMore

カナダ編 日常

【ワーホリ・留学】渡航までにやるべきこと8選【住民票・保険】

  スポンサー   ワーホリ、留学に行く! と決めてから、渡航の日まで色々と準備をしますが、その準備に必要な期間は 半年〜1年 と言われています。 今回はそんな準備期間にやるべきこと8選をご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 渡航までにやるべきこと1.1 住民票1.2 携帯電話1.3 運転免許証の更新1.4 歯の治療1.5 海外保険に加入1.6 クレジットカードを作る1.7 生活用品を揃える1.8 パスポートの発行2 まとめ 渡航まで ...

ReadMore

セブ島留学編 観光スポット

【ボホール島の行き方】自力で行く方法2/2

2019年3月23日

 

スポンサー

 

前回に引き続き今回はボホール島内を、自力で行動する方法です。

前回の記事はこちらからどうぞ

合わせて読む
【ボホール島の行き方】自力で行く方法1/2

  スポンサー   先日、ずーーーっと行きたかった 【ボホール島】 に行ってきま ...

続きを見る

もちろん自力で行動することに関して、メリット、デメリットがあります。

そちらも一緒にご紹介していきます。

ただ道中、テンションが上がりすぎて写真をほぼ撮っておりません、、、。

 

スポンサー

 

ボホール島に到着

セブからフェリーに乗ること、約2時間。

ようやくボホール島のタグビラランに到着しました。

タグビラランに到着するやいなや、キャッチのお兄さん達がたくさんいます。

このお兄さん達はバンのドライバー達です。

多くの観光客の方はこのバンを貸し切って観光地を周ります。

8人乗りのバンで、相場は2500〜3000ペソ(約5300円〜6300円)です。

大人数で行く方は正直バンの方がお得です。

ただあくまでガイドではなく、ドライバーなので自分たちでルートを決めないといけません。

今回は【自力】がテーマなので、お断りしながら進みます。

スポンサー

モータサイクルを借りよう

今回僕の移動手段はモータサイクル(バイク)です。

事前にモータサイクルを借りれる場所を調べて向かっていたのですが、途中でキャッチのお兄さんに声をかけられました。

話を聞いていると、予定していた所と値段が同じなのでこちらでお借りすることにしました。

ということで、今回モータサイクルをお借りしたのはこちらです。

【NOVIM MOTORBIKE RENTAL】

場所はフェリー乗り場から徒歩で約5分ぐらいの所です。

これといって目印はありませんが、歩いていると声をかけてくるので心配はいりません。

お値段は1日借りて500ペソ(約1000円)です。

ガソリン代は自分持ちです。

モータサイクルの契約

借りることが決まったら、5分程歩いた所にある事務所に向かいます。

声をかけてきたお兄さん達はあくまでキャッチだけです。

ということで契約書にサインをします。

この時必要なのが、

ポイント

パスポート

もしくは

日本の運転免許

です。

ただ借りるときに、デポジットとして何かしらの身分証を預けないといけないので、

両方とも持って行きパスポートを預けることをオススメします。

運転免許は警察に止められた時に必要になるので、持っといてと言われました。

ちなみに僕は運転免許しか持って行ってなかったので、学校のルームキーを預けました。

契約書のサインが終われば、使い方を説明してくれます。

バイクは125ccです。

写真がこれしかありませんでした、、、笑

まずはチャコレートヒルズへ

今回のボホール島で僕が1番行きたい所

【チョコレートヒルズ】

へ向かいます。

現地でのマップですが、僕はこのアプリを使いました。

オフラインのマップ、GPS ナビゲーション:MAPS.ME

オフラインのマップ、GPS ナビゲーション:MAPS.ME

MY COM無料posted withアプリーチ

 

これはオフラインでもマップを見ることができ、なおかつ経路も出してくれます。

注意ポイント

事前にボホール島のマップをダウンロードをする必要があるので、出発までに済ませておいてください。

ボホール島にWi-Fiはほぼ無いですし、電波が繋がらない場所もあります。

今回のルートはこんな感じです。

ただ適当に走っていたので、この通りのルートで行ってないと思います。

途中でマップを確認したり休憩を挟んだりしていたので、1時間45分ほどかかりました。

ガソリンですが、ガソリンスタンドが道中にたくさんあるので心配しなくて大丈夫です。

満タン入れて100ペソ(約220円)ぐらいでした。

チャコレートヒルズに到着

道に迷いながらも無事チョコレートヒルズに到着しました。

到着したらまずエントランスフィーの50ペソ(約110円)を支払います。

子ども達が歌と踊りで迎えてくれます。

では展望台を向かいます。

ながーい階段を登りきると、、、

こんな絶景が広がっています!

時期的にまだチョコレートになりきれていません。

5月もしくは6月頃に行くと、草木が枯れてチョコレートになります。

それでも僕は大満足です。

重たい広角レンズを持って来て正解でした。

ターシャが見たくて

スケジュールがタイトなため、チョコレートヒルズの滞在時間は30分程でした。

次に向かうのは世界最小のメガネザル

ターシャ

を見に行きます。

ターシャを見ることができる場所は2箇所あり、今回は

Tarsier Sanctuary

へ向かいます。

注意ポイント

16時に閉店なので、それをふまえてプランを立ててください。

マップでは約1時間15分ほどとなっていますが、実際は50分ほどで到着しました。

道中にはこんな道もあります。

ここは

Man-Made Forest

人工で植林されているため、この名前になったとのことです。

ここも人気でたくさんの方が写真を撮っていました。

写真を撮る方は車に気をつけてくださいね。

Tarsier Sanctuaryに到着

Tarsier Sanctuaryに到着しました。

エントランスフィーは50ペソ(約110円)です。

1人のガイドさんが敷地を案内してくれるのですが、注意点があります。

注意ポイント

大声を出さない

・触らない

・フラッシュで写真を撮らない

これは必ず守らなくてはいけません。

というのも、ターシャは凄く繊細でフラッシュや大きな声でストレスが溜まってしまい、自殺をしてしまうからです。

ガイドさんいついていき、指差す方を見ると、、、

ターシャがいました!

かわいーーーー!

ターシャは体長約10cm程と、かなり小さいです。

密漁などで数が減っていらしく、45体程しか見れませんでしたが大満足です。

滞在時間は15分程でした。

セブ島へ帰る

ターシャも見終わったのでセブ島へ帰ります。

え?たった2箇所だけ?

と思った方も多いと思います。

僕たちは自力なので土地勘も無く道に迷ったあげく、途中休憩を挟んだりしていたので2箇所しか周れませんでした。

ちなみにお昼ご飯は食べていません。

これが自力で行くことのデメリットですね。

費用は抑えれますが、そのぶん行ける場所が限られてきます。

もちろん事前にルートなどの下調べ、計画は立てていました。

※もっと事前に調べて向かう方はもう少し行けると思います。

バンでの移動であればドライバーは現地の方なので道もわかっているし、

最適なコースもわかっているのでもっと色々な場所に行けると思います。

ただモータサイクルであの大自然を走れたことは本当に良い経験、思い出になりましたし、

バンでは見れない景色を見ることができたのかなと思います。

なにより凄く楽しかったです。

まとめ

ツアー、自力、それぞれメリットデメリットはあります。

僕は色々ありましたが、自力で良かったなと心から思います。

自力で行く方は2日間あればもっと充実したボホール島の観光でができます。

先生達もボホール島に行くなら2日間が良いと言ってました。

僕が行った場所以外にもたくさんの観光地があるので、そちらもぜひ行ってみてください。

 

スポンサー

 

-セブ島留学編, 観光スポット
-, , , , , , , , , ,

Copyright© YUYA WORLD TRIP. , 2021 All Rights Reserved.