ロブソンストリート

【DAMSO】格安!コスパ最強のサムギョプサル食べ放題【バンクーバー・ダウンタウン】

  カナダは多国籍国家ということもあり、たくさんの種類のレストランがあります。   その中でも今回、僕が紹介するのは格安でサムギョプサルを食べることができる韓国料理屋 DAMSO です。   最近は落ち着きましたが、一時期は毎週1、2回は通っていたお店です。   スポンサー   タップできるもくじ1 DMASO2 DAMSOの場所と行き方3 DAMSOに到着3.1 メニュー3.2 KOREAN BBQ3.3 お会計4 まとめ DMASO 今回ご紹介するのは ...

続きを読む

バラード周辺

【Cactus Club Cafe】高級ファミレス!?カクタスに行ってきました【バンクーバー・ダウンタウン】

  スポンサー   日本には気軽に行くことができる ファミリーレストラン があります。 実はバンクーバーにもファミレスがあります。 でも普通のファミレスとは違い、お値段が少し高めの 高級ファミレス です。   スポンサー   タップできるもくじ1 Cactus Club Cafe2 Cactus Club Cafeの場所と行き方2.1 Cactusに到着2.2 メニュー2.3 料金が届きました2.4 お会計3 まとめ Cactus Club Cafe 今回行ってきた ...

続きを読む

グランビル周辺

【Cartems Donuts】味はミスド以上?ふわふわもちもちドーナツ【ダウンタウン・バンクーバー】

  スポンサー   みなさんドーナツは好きですか? 僕は好きです。 ミスタードーナツだと、ポンデ黒糖が好きです。 ということで、今回はダウンタウンにあるドーナツ屋さんをご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 Cartems Donuts2 cartemsの場所と行き方2.1 Cartems Donutsに到着2.2 メニュー2.3 ドーナツが届きました3 まとめ Cartems Donuts 今回ご紹介させていただくのは、ダウンタウンに ...

続きを読む

美容情報

【完全版】美容師がおすすめのシャンプーを価格別にまとめてみた

  ヘアケアアイテムと聞いて、真っ先に思いつくのは シャンプー だと思います。   毎日使うシャンプーはヘアケアにおいて凄く重要で、シャンプー1つで髪や頭皮の状態は改善できます。   そんなシャンプーは今現在、たくさんの種類が販売されており、価格もピンキリです。 YUYA1,000円ぐらいの物もあれば、10,000円を超える物もあるよ   それ故に、、、 疑問や悩み ・安くても良いシャンプーはあるの? ・高くても良いから、とにかく髪に良いシャンプーが知りたい ・私に ...

続きを読む

日常

【ワーホリ】カナダでの仕事の探し方【バンクーバー・トロント】

  ワーホリでカナダに来て、もの凄く心配な事と言えば 仕事探し ですよね。 僕もカナダに来るまでは、仕事を見つけれるかとても心配でした。 今回はそんな仕事探しの不安を解消する記事です。   スポンサー   タップできるもくじ1 カナダで働く1.1 給料はTipが左右する1.2 仕事の条件や目標などを明確に1.3 SINナンバーの取得1.4 レジュメの作成2 仕事探し2.1 店頭に直接レジュメを持って行く2.2 求人サイトを使う2.2.1 JPCanada2.2.2 e-Map ...

続きを読む

準備編

次なる国は・・・?

スポンサー

 

セブから帰国してもうすぐ2周間。

相変わらずセブロスが続いております。

写真を見返す度に涙が出そうになります 笑

でもそう言っている暇はなく、

519

から次なる国へ向かいます。

スポンサー

 

準備期間

54日に帰国し、地元である香川で準備をし、その後大阪へ、そして今は東京にいます。

実家に帰省し、とりあえず夏服しか入っていないスーツケースに、冬服を投入。

でも、変えるものと言えば服ぐらいなのですんなり終わりました。

元々あまり実家に帰省しない方で、今回は久しぶりに家族とゆっくり過ごすことができました。

僕が帰省すると外食に行きがちですが、今回は全て断り、久しぶりに母親の料理を味わいました。

しばらく美味しい日本食は食べれないと思うので 笑

父親とは元々あまり話さないのですが、海外に行くということもあり、少しですが話ました。

大阪では専門学生時代の友達と飲んだり、ふらふら遊びに行ったり。

卒業してから8年経ちますが、今でも集まれる友達がいるということは本当に嬉しいです。

これは京都の嵐山です。

海外に行ったからこそ、日本の文化、景色の良さが分かる。気がします。

東京でも友達と会ったり、以前勤めていたサロンの先輩達と会ったり、仕事したりと色々やってます 笑

準備も進めてます。

スポンサー

次なる国は・・・?

前置きが長くなりましたが、次なる国は・・・

カナダ

です!

519日の夜の飛行機でカナダへ向かいます。

もちろんカナダには行ったことがなく、初めましてからのスタートです。

セブの10倍不安ですが、全力で学んで、全力で楽しんでまいります。

カナダについて

ひとまずカナダについてざっくりまとめると、

首都:オタワ

面積9,985,000 km²(ロシアに次ぐ世界第2位、日本の27倍)

人工:約3,724万人

言語:英語、フランス語

ちなみに10の州と3の準州にわかれています。

移民を多く受け入れている多民族国家なので、色々な国の方と知り合うことができます。

そうです。ナイアガラの滝のカナダです。

ちなみに僕はカナダのバンクーバーへ行きます。

バンクーバーについてもざっくりまとめます。

:ブリティッシュコロンビア州

面積115 km²

人工:約250万人

バンクーバーはトロント、モントリオールに次ぐ第3の都市です。

世界で住みやすい都市ランキング

は常に上位に入っています。

他の州と比べて比較的温暖なため過ごしやすいのと、

都会でありながらも自然もたくさんあるため、両方を楽しむことができます。

香港などのアジア人が多く、チャイナタウンなどもあります。

なぜカナダなのか

みなさんが気になるところですよね

なぜカナダなのか

言ってしまえば、なんとなくです 笑

あえて言うのであれば

1他のワーホリ協定国と比べて英語が綺麗

2いろいろな国の人と知り合うことがきる

3比較的治安が良い

これぐらいですかね、、、

でも1番の理由は英語が綺麗ってところですね。

エージェントの方に相談させていただき、オーストラリアと悩みましたが、まずは綺麗な英語を身につけたかったのでひとまずはカナダにしました。

まぁ比較したことないので、僕にはまだわかりませんが。

それと色々な国の人と知り合うことができるのは、僕にとっては凄く嬉しいことです。

色々な国の文化や習慣など知りたい僕にはうってつけです。

治安に関しては気にしていませんが、一応理由にあげました。

ちなみにトロントではなくバンクーバーにした理由は、寒いのが嫌いだからです 笑

それだったらオーストラリアにしろよって感じですよね。

それと都会と自然があるからです。

大都会も良いけど、せっかくなのでゆったりと暮らしたいし、自然の写真もたくさん撮りたいです。

また日本人の方も多く住んでいます。

バンクーバーでも美容師をするので、日本人のお客様もいたら楽しいだろうなって思ったのも理由の1つです。

ビザについて

ビザに関してですが、今回は

ワーキングホリデービザ

を取得しました。

ワーホリってやつです。

ワーキングホリデービザについてもざっくりまとめると、

18歳~30歳を対象としたビザで、学校で勉強したり、現地で働いたり、はたまた旅をしたりと、かなり自由度が高いビザです。

日本ワーキングホリデー教会

学生ビザでもアルバイト程度のみできる国もありますが、かなり制限されます。

でもワーホリビザは大きな制限もないため、がっつり働くことでき、かつ学校にも通えます。

最高ですね。

滞在は基本的に1年間のみ。

イギリスは2年、オーストラリアはセカンドビザを取れば2年滞在できます。

ただワーホリビザを使うことができるのは、各国1回のみです。

申請は基本的にオンラインですることができます。

ほとんどの方はエージェントの方にお願いすると思いますが、僕は自力で申請しました。

かなり大変でしたが、これも経験なのでやっとこって感じでやりました。

また別の記事で申請方法をシェアさせていただきます。

まとめ

ということで出発まであと少しです。

えぇ不安ですよ。もちろん。

でもその100倍楽しみです。

僕がたやりたいことをできるから。

僕の友達や知り合いは良い人達ばかりなので、僕の今回の選択に関してポジティブな意見を言っていただけてますが、

なかにはネガティブな意見を言ってくる人もいます。

でも僕は気にしません。

だって僕の人生だし、僕がこれを選んだからってあたなに迷惑かからないでしょ?だからほっといて。

って感じです。

でも日本人って新しいことを始める人に対して否定から入るみたいです。

人の変化に対して自分が変化しないことの理由、意味付けに否定をする。

そんな人はほっといて大丈夫です。

僕は自分がやりたいことを全力でやります

ありがたいことに僕の周りには肯定的に人達ばかりです。

応援してくれている人達のためにも頑張らないとです。

スポンサー

-準備編
-, , , , ,

© 2021 YUYA WORLD TRIP.