カナダ編 学校情報

【ホームステイ】ホームステイの真実。メリット、デメリットを教えます

  スポンサー   多くのワーホリの方や留学生の方が利用する ホームステイ 今回はそのホームステイを実際に経験した僕が色々と解説していきます。 メリットやデメリット、実際とのところは、などなど、、、。 ホームステイを検討している人はぜひ参考にしてください。   スポンサー   タップできるもくじ1 リアルな日常生活を体験できるホームステイ2 ホームステイのメリット2.1 ①英語が上達する2.2 ②現地の文化を体験できる2.3 ③カバン1つで行ける2.4 ④ご飯を作る ...

ReadMore

カナダ編 日常

【在留届】海外へ長期滞在する方は必ず提出【留学・ワーホリ・移住】

  スポンサー   海外にワーホリ、もしくは留学で3ヶ月以上滞在する方は 在留届 を在外公館(大使館・総領事館)に提出しないといけません。 今回は在留届の提出方法をご紹介させていただきます。 現地に到着後、住む場所が決まったら提供しましょう。   スポンサー   タップできるもくじ1 在留届とは2 たびレジ3 提出方法3.1 準備物4 オンラインでの提出(ORRネット)4.1 たびレジの登録方法5 まとめ 在留届とは 在留届とは、 旅券法に定められた届で、日本国籍を ...

ReadMore

グランビル周辺 レストラン

【Kokoro】東京から来た本家台湾まぜそば!こころ【バンクーバー・ダウンタウン】

  スポンサー   みなさん まぜそば ってご存知ですか? ざっくりご説明すると、汁の無いラーメンって感じです。 今回は東京に店舗を構えるまぜそば屋さんから来た、台湾まぜそばをご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 まぜそばとは2 Kokoro2.1 Kokoroの場所と行き方2.2 Kokoroに到着2.3 メニュー2.4 まぜそばができました2.5 お会計3 まとめ まぜそばとは お店のご紹介の前に、まぜそばを知らない方もいると思う ...

ReadMore

カナダ編 日常

これがあれば安心!ワーホリ・留学に持って行って良かったもの9選

  スポンサー   ワーホリや留学の準備をしていて 何を持って行けば良いのかな? って考えている方も多いはずです。 今回は僕が特に持って行って良かった物をご紹介します。 ついでにいらなかった物もご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 持って行って良かったもの9個1.1 J&L 電源タップ1.2 延長コード1.3 圧縮袋1.4 折りたたみ傘1.5 バックパック1.6 ライトダウンジャケット1.7 マウンテンライトジャケット1.8 ...

ReadMore

レストラン ロブソンストリート

【Liuyishou Hotpot】寒い冬を乗り切るなら火鍋【ダウンタウン・バンクーバー】

  スポンサー   冬目前のバンクーバーです。 毎日雨が降り気温も低く、凍える日々を過ごしています。 そんなときは体が温まる鍋を食べたくなります。 はい、ということで今回ご紹介させていただくのは 火鍋 です。   スポンサー   タップできるもくじ1 火鍋とは2 Liuyishou Hotpot3 Liuyishou Hotpotの場所と行き方3.1 Liuyishou Hotpotに到着3.2 メニュー3.3 料理が届きました3.4 お会計4 まとめ 火鍋とは 気 ...

ReadMore

カナダ編 観光スポット

【Victoria】ビクトリアのオススメ観光地とレストラン

  スポンサー   今回はビクトリアのオススメ観光地とレストランです。 ビクトリア全てを周りきれたわけではないですが、僕が観光して良かった場所をご紹介します。 買い物を楽しみたい方、ランチやディナーを楽しみたい方、ぜひ参考にしてください。 ビクトリアへの行き方はこちらの記事からどうぞ。   スポンサー   タップできるもくじ1 GREEN CUISINE’S1.1 Il Terrazzo1.2 Mo:Lé1.3 CANOE2 ブリティッシュコロンビア州議事堂2.1 ...

ReadMore

バーナビー レストラン ロブソンストリート

【JINYA】ラーメン屋なのにバー?陣屋ラーメン【ダウンタウン・バンクーバー】

  スポンサー   ラーメン激戦区のバンクーバーで、高級ラーメン屋と言われている JINYA Ramen 外観もさながら店内も、本当にラーメン屋さん?と疑いたくなるようなオシャレな作りです。 今回はそんな高級ラーメンを食べてきました。   スポンサー   タップできるもくじ1 Jinya Ramen Bar2 Jinya Ramen Barの場所と行き方2.1 Jinya Ramen Barに到着2.2 メニュー2.3 ラーメンができました2.4 お会計3 まとめ ...

ReadMore

カナダ編 観光スポット

【Whistler】格安バスで行く日帰りウィスラーの行き方【スキー・スノボー】

  スポンサー   カナダにはたくさんの観光地があります。 今回はスキーやスノボーが好きな方なら一度は行きたい ウィスラー に行ってきました。 こちらの記事ではウィスラーへの行き方をご紹介させていただきます。 観光地やレストランなどはこちらの記事でご紹介しています。   スポンサー   タップできるもくじ1 Whistlerとは2 Whistlerに行く方法2.1 Whistlerridesの予約方法2.2 Whistlerへ出発2.3 バラード駅へ出発3 まとめ ...

ReadMore

バラード周辺 レストラン

【HONOLULU COFFEE】ハワイアンカフェでまったり【バンクーバー・ダウンタウン】

  スポンサー   気温が1桁になり増々寒くなってきたバンクーバーです。 毎朝寒くて目が覚めます。 そんな時は常夏のハワイに行きたくなります。 ということで、今回ご紹介させていただくのはハワイ発祥のカフェです。   スポンサー   タップできるもくじ1 HONOLULU COFFEE2 HONOLULU COFFEEの場所と行き方2.1 HONOLULU COFFEEに到着2.2 メニュー2.3 ドリンクをオーダー3 まとめ HONOLULU COFFEE 今回ご紹 ...

ReadMore

レストラン ロブソンストリート

【Perverted Ice Cream】黒いコーン?ダウンタウンのオススメアイスクリーム【バンクーバー】

  スポンサー   夏真っ只中のバンクーバーです。 日本も暑いみたいですが、バンクーバーも気温は日本と比べると低いものの、日差しが強くとても暑いです。 そんな暑い日に食べたくなるもの。そうそれは アイスクリーム ですね。 普段アイスクリームは食べませんが、友達に連れられて行ってきました。 スポンサー   タップできるもくじ1 Perverted Ice Cream2 Perverted Ice Creamの場所と行き方3 Perverted Ice Creamに到着3.1 ア ...

ReadMore

英語学習

【留学生が徹底比較】結局ネイティブキャンプとDMM英会話どっちが良いの?

2020年5月28日

 

約20社あるオンライン英会話のなかでも人気1位、2位を争う

人気オンライン英会話

の2社ですが、共にネイティブ講師のレッスンを受けれることが最大のメリットです。

人気が故に、どちらを利用するか悩んでいる方も多いはずです。

・料金はどっちが安いの?

・教材はどっちが良いの?

・結局どっちがおすすめ?

etc…

僕もオンライン英会話を始める際に、どちらを利用するかかなり悩みました。

色々悩んだ末、僕が選んだの

DMM英会話

です。

今回は留学経験のある僕が2社を徹底的に比較すると共に、なぜ僕がDMM英会話を選んだのかなどもご紹介させていただきます。

この記事でわかること

  • 2社の共通点と相違点
  • 2社のメリット、デメリット
  • あなたに合ったオンライン英会話

YUYA
フィリピンで3ヶ月間、カナダで1年間留学していたよ

 

スポンサー

 

先に結論!あなたにはこれ

先にだらだらと説明しても仕方ないので、先に結論からお伝えさせていただきます。

2社ともに無料体験レッスンを受けることができるので、実際にレッスンを受けてみてから決めれます。

毎日ネイティブのレッスンを受けたいならDMM英会話

DMM英会話には2つのプランがあります。

DMM英会話の料金プラン

・スタンダードプラン

・プラスネイティブプラン

料金は少し高いものの、プラスネイティブプランであればネイティブによるレッスンを1日に1〜3レッスン、受けることができます。

YUYA
1回のレッスン時間は25分だよ

そのため毎日ネイティブのレッスンを受けたい方は、DMM英会話がおすすめです。

また種類豊富な教材も魅力的です。

無料体験レッスンを2回受けてみる

合わせて読みたい
【初心者も大歓迎】業界No.1のDMM英会話で英語が話せる自分になろう!【料金・口コミ】

  ここ最近英語の勉強をする方が増え、自宅でレッスンを受けることができるオンライン英会話の ...

続きを見る

1日2回以上のレッスンを受けたいならネイティブキャンプ

一方ネイティブキャンプは、月額6,480円で毎日無制限でレッスンを受けることができます。

※非ネイティブ講師も含む

YUYA
ネイティブキャンプも1回のレッスン時間は25分だよ

25分間のレッスンって実はとても短く、あっという間に終わってしまうため物足りなさを感じてしまう事も少なくないです。

ですがネイティブキャンプであれば、1日に3回や4回、なんなら10回以上レッスンを受けることができます。

そのためコスパ重視の方、毎日たくさんレッスンを受けたい方は、ネイティブキャンプがおすすめです。

7日間の無料体験レッスンを受けてみる

合わせて読みたい
毎日英会話レッスン受け放題!?ネイティブキャンプを利用してみた【料金・口コミ】

  年々利用者数が増えてきている オンライン英会話レッスン いつでもどこでもレッスンを受け ...

続きを見る

スポンサー

2社の共通点

それではまず2社の共通点をご紹介します。

共通点としましては、

共通点

・ネイティブのレッスンが受けれる

・世界中に在籍している講師のレッスンが受けれる

・日本人講師が在籍している

・24時間対応

となっております。

それでは1つずつ解説していきます。

ネイティブのレッスンが受けれる

冒頭でもお伝えした通り、2社の最大の魅力は

ネイティブのレッスンを受けることができる

という点です。

オンライン英会話はフィリピン人講師によるレッスンが主流となっており、ネイティブのレッスンを受けることができません。

ですがDMM英会話とネイティブキャンプでは、ネイティブのレッスンが受けれます。

ココがおすすめ

そのため発音はもちろんのこと、言い回しなど様々な表現も学ぶことができます。

日本にいながら、留学をしているような感じですね。

世界中に在籍している講師のレッスンが受けれる

2社共にネイティブ講師だけでなく、世界中に在籍している講師のレッスンを受けることができます。

欧米はもちろんのこと、アジア南米中東など様々な国籍の講師がいます。

・DMM英会話 → 119ヶ国以上

・ネイティブキャンプ → 100ヶ国以上

それぞれの国によってアクセントは異なります。

YUYA
もちろんジャパニーズアクセントもあるよ

そういった様々な国のアクセントに触れることができるのは、本当に魅力的であり勉強になります。

日本人講師が在籍している

2社共にオンライン英会話では珍しく、日本人講師が在籍しています。

そのため、日本語でもレッスンを受けることができます。

特に初心者の方には、不安な点が多々あると思います。

ココがおすすめ

そういった方でも日本人講師がいることで、安心してレッスンを受けることができます。

また勉強方法などのアドバイスも受けることができるため、モチベーションを維持しながら英会話レッスンを継続することができます。

24時間対応

2社共にレッスンを24時間、自分の好きなタイミングで受けることができます。

レッスンを受ける時間帯は、人それぞれです。

学校や会社へ行く前、お昼休憩中、寝る前などなど、、、

そんな全ての方のライフスタイルに合わせて、レッスンを受けることができます。

またパソコンだけでなく、タブレットスマホにも対応しているので場所も問わずレッスンが受けれます。

YUYA
ネイティブキャンプのアプリは本当に使いやすいよ

 

スポンサー

 

2社の相違点

それでは今回の本題である、2社の相違点をご紹介します。

相違点は

相違点

・料金(レッスン回数)

・予約制度

・教材の数

・カランメソッド

・英語学習アプリ

となっております。

それでは1つずつ解説していきます。

料金(レッスン回数)

まずは始めに両者の決定的な違いである、料金とレッスン回数です。

DMM英会話の料金

先程もお伝えした通り、DMM英会話には2つのプランがあります。

さらに、その中からレッスン回数が異なる3つの料金プランを選ぶことができます。

スタンダードプランはフィリピン人講師を中心とした、世界119ヶ国以上の講師からレッスンを受けることができます。

料金はこちら

スタンダードプランレッスン時間料金1回あたりのコスト
毎日1レッスン25分6,480円(税込)209円
毎日2レッスン50分10,780円(税込)174円
毎日3レッスン75分15,180円(税込)163円

プラスネイティブプランでは119ヶ国以上の講師に加えて、アメリカやイギリスなど800人以上にも及ぶネイティブ講師のレッスンを受けることができます。

そのぶん料金は、スタンダードプランよりも高くなります。

プラスネイティブプランレッスン時間料金1回あたりのコスト
毎日1レッスン25分15,800円(税込)510円
毎日2レッスン50分31,280円(税込)503円
毎日3レッスン75分45,100円(税込)485円

ネイティブ講師のレッスンを受けたい方は、プラスネイティブプランを選ぶ必要があります。

ちなみに僕は、スタンダードプランを選んでいます。

というのも、正直ネイティブ講師以外の講師でも十分満足できるからです。

ココがポイント

特にフィリピン人講師は、英語を教えることに関しては最も質が高いと言われています。

フィリピン人にとって英語は第二言語ではあるのですが、フィリピンでは小学校から授業が英語で行われています。

YUYA
初心者の方にはフィリピン人講師がおすすめだよ

さらに大学で、英語教育を専攻している講師の方もいます。

プランはいつでも変更できるので、上級者の方でフィリピン人講師で物足りなさを感じるのであればプラスネイティブプランに変更するってのも有りです。

ネイティブキャンプの料金

DMM英会話が1日1〜3回のレッスンに対し、ネイティブキャンプは月額6,480円で無制限にレッスンを受けれます。

プラン料金レッスン回数
プレミアムプラン6,480円無制限
ファミリープラン1,980円無制限

そのためレッスンを受ければ受けるほど、1回あたりのコストが安くなります。

料金はDMM英会話とは同じですが、レッスン回数によっては1回あたりのコストが大きく変わってきます。

YUYA
レッスン回数が無制限なのはネイティブキャンプだけだよ

特におすすめなのは、ファミリープランです。

ココがおすすめ

ご家族の中で誰かがプレミアムプランを利用していれば、2人目からは月額1,980円で利用することができます。

YUYA
2親等までの家族が適応されるよ

1日に2回以上レッスンを受けたい方ご家族でレッスンを受けたい方におすすめです。

予約制度

次に予約制度についてです。

2社の違いは

2社の予約制度

・DMM英会話 → 予約が必須

・ネイティブキャンプ → 予約が不要

となっております。

DMM英会話では、15分前までにレッスンの予約をする必要があります。

一方ネイティブキャンプでは、予約をする必要がなくパソコンやスマホのアプリを立ち上げたと同時にレッスンを受けることができます。

YUYA
ものの数秒でレッスンが開始できるよ

一見凄く便利なシステムであるのですが利用者がどんどん増えているため、時間帯によってはなかなかレッスンを受けることができません。

ココに注意

せっかくレッスン可能な講師を見つけたとしても、講師のプロフィールを見ている最中に他の方に取られてしまうなんてことが多いです。

ネイティブキャンプでもレッスンの予約をすることは可能ですが、別途でお金を払いコインという物を購入する必要があります。

コイン料金
500コイン1,000円
1600コイン3,000円
2700コイン5,000円
5500コイン10,000円

特に人気の講師やネイティブの講師となると、予約をしないとレッスンが受けれないと言っても過言ではありません。

レッスンが受けれたら誰でもいい!

って方はあまり気にならないと思いますが、英会話レッスンで大切なのは講師との相性です。

一人ひとりしっかりプロフィールと見て選ぶことが、僕は大切だと思っています。

それだったら予約必須でも、確実にレッスンが受けれるDMM英会話のほうがよくない?

と思い、僕はDMM英会話を選びました。

ネイティブキャンプの予約が不要というのも凄く魅力的ですが、なかなかレッスンが受けれずイライラしてしまったので、、、笑

教材の数

2社共にたくさんの種類の教材が用意されており、自分に合ったレベルや目的などによって選ぶことができます。

レベルは10段階と細かく分けれているので、初心者の方から上級者の方まで幅広く対応できます。

各社の教材数は

教材数

・DMM英会話 → 8,000以上

・ネイティブキャンプ → 6,000以上

となっており、DMM英会話が若干ではありますが多いです。

僕も実際に両社の教材を見たり使用してみましたが、質の差はそこまでないかな?といった感じです。

個人的にDMM英会話であれば語彙が、ネイティブキャンプであれば発音コースが良いなという印象を受けました。

YUYA
教材は公式サイトで見ることができるよ

なので、数で選ぶのであればDMM英会話です。

カランメソッド

ネイティブキャンプには、DMM英会話にはない特別なカリキュラムがあります。

それはカランメソッドです。

カランメソッドとは

カランメソッドとは、通常の学習法より4倍速で英語脳になると言われている学習法です。

先生の質問に対して瞬時に答えるという練習を反復して行うことで、英語脳を形成していきます。

カランメソッドのレッスンをしっかり受けたプロの講師のみが、指導を行うことができます。

このカランメソッドは、正式提携校でしか導入できないカリキュラムです。

講師が発言する英語を聞き、英語で返答する

という流れを高速で行うことで、日本語に翻訳する時間を亡くし英語脳を鍛え上げます。

ココがポイント

人によって向き不向きはありますが、真剣に取り組めばしっかりリスニングとスピーキングが鍛えれますよ。

YUYA
慣れるまでは大変だけど、初心者にもおすすめだよ

英語学習アプリ

DMM英会話に入力すると、有料の英語学習アプリ

iKnow!

を無料で利用することができます。

iKnow!はDMMが提供しているサービスで、脳のメカニズムに沿って記憶が定着するまで繰り返し問題を出してくれます。

通常は月額1,510円です。

ココがおすすめ

iKnow!をオンラインでのレッスンと併用することで、予習や復習などがしっかりでき、英語の基本的な4技能(読む、書く、聞く、話す)を強化できます。

インプットをiKnow!で、アウトプットをオンラインレッスンで、のように組み合わせて使うことでより効率良く英語の学習ができます。

DMM英会話の口コミ

DMM英会話に関する口コミを集めてみました。


ネイティブキャンプの口コミ

次にネイティブキャンプの口コミです。

まとめ

いかがでしたか?

2社のメリット、デメリットがご理解いただけたと思います。

それでは共通点、相違点を改めておさらいします。

共通点

・ネイティブのレッスンが受けれる

・世界100ヶ国以上の講師のレッスンが受けれる

・日本人講師が在籍しているので初心者でも安心

・24時間対応、ライフスタイルに合わせることができる

相違点

・レッスンを受ける回数によってはネイティブキャンプのほうがコスパが良い

・DMM英会話は予約が必須、ネイティブキャンプは予約が不要(課金すれば予約可能)

・ネイティブキャンプではカランメソッドが受講できる

・DMM英会話では英語学習サービスのiKnow!が無料で利用できる

となっております。

僕はDMM英会話を選びましたが、全ての方に合うわけではありません。

結局は自分が楽しく継続できるか、がポイントです。

英語学習では継続が一番大切です。

料金が高ければい良いってわけではなく、自分に合った物を選ぶのがベストなのです。

DMM英会話では無料体験が2回ネイティブキャンプでは7日間利用できます。

時間に余裕がある方は、ぜひ2社の無料体験を利用して比較してみくださいね。

 

スポンサー

 

 

-英語学習

Copyright© YUYA WORLD TRIP. , 2020 All Rights Reserved.