カナダ編 日常

自分で簡単にできる!?Simple Taxでタックスリターン【カナダ・ワーホリ】

  スポンサー   ワーホリなどで働いている方が、一度は耳にしたことがある タックスリターン そんなタックスリターンに対して ・そもそもタックスリターンってなに? ・どうやってやるの? ・私はやる必要あるの? なんて疑問を持っている方も多いはずです。 今回はタックスリターンについて、そしてタックスリターンを自分でやる方法をご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 タックスリターンは年末調整1.1 対象者は全員1.2 しないと損をする1.3 ...

ReadMore

チャイナタウン レストラン

【大勝軒】元祖つけ麺Taishoken Ramen【ダウンタウン・バンクーバー】

  スポンサー   仕事が終わった後、飲み会の後って無性にラーメンが食べたくなりますよね。 ということで、仕事終わりにラーメンが食べたくなったので行ってきました。 ちなみに飲み会後にラーメンが食べたくなるのは、アルコールで体の水分と塩分減るからとのことです。 今回ご紹介するのは、日本でも有名なあのラーメン屋です。   スポンサー   タップできるもくじ1 Taishoken Ramen2 Taishoken Ramenの場所と行き方2.1 Taishoken Ram ...

ReadMore

レストラン ロブソンストリート

【DAMSO】格安!コスパ最強のサムギョプサル食べ放題【バンクーバー・ダウンタウン】

  スポンサー   カナダは多国籍国家ということもあり、たくさんの種類のレストランがあります。 その中でも今回、僕が紹介するのは格安でサムギョプサルを食べることができる韓国料理屋 DAMSO です。 最近は落ち着きましたが、一時期は毎週1、2回は通っていたお店です。   スポンサー   タップできるもくじ1 DMASO2 DAMSOの場所と行き方3 DAMSOに到着3.1 メニュー3.2 KOREAN BBQ3.3 お会計4 まとめ DMASO 今回ご紹介するのはコ ...

ReadMore

レストラン ロブソンストリート

【Red Robin】安くお腹いっぱいハンバーガーを食べるならレッドロビンへ【ダウンタウン・バンクーバー】

  スポンサー   海外といえば ハンバーガー そんなイメージをお持ちの方も多いと思います。 ということで今回はバンクーバーにある、お手頃価格でハンバーガーを食べることができレストランへ行ってきました。   スポンサー   タップできるもくじ1 Red Robin Gourmet Burgers and Brews2 Red Robinの場所と行き方2.1 Red Robinに到着2.2 メニュー2.3 ハンバーガーができました2.4 お会計3 まとめ Red Ro ...

ReadMore

グランビル周辺 レストラン

【ROMANO’S PIZZA】毎週火曜と木曜はこの格安ピザ屋さんへ!【ダウンタウン・バンクーバー】

  スポンサー   お久しぶりのピザ記事です。 ついに発見しました! 格安でピザが食べれるピザ屋さん おそらくダウンタウンで一番安いピザ屋さんです。   スポンサー   タップできるもくじ1 ROMANO’S PIZZA2 ROMANO’S PIZZAの場所と行き方2.1 ROMANO’S PIZZAに到着2.2 メニュー2.3 ピザができました3 まとめ ROMANO’S PIZZA さてさて今回ご紹介させていただくのは、ダウンタウンにある格安ピザ屋さん ROMA ...

ReadMore

カナダ編 観光スポット

北米最大級!?リッチモンドのナイトマーケット【バンクーバー・カナダ】

  スポンサー   先日、北米で一番大きいナイトマーケット リッチモンド ナイトマーケット に行ってきました。 北米最大級なだけあり屋台の数も多く、たくさんの人で賑わってました。   スポンサー   タップできるもくじ1 リッチモンドナイトマーケットとは2 リッチモンドナイトマーケットの行き方3 営業時間と入場料4 入場4.1 屋台4.2 雑貨4.3 アトラクション類5 まとめ リッチモンドナイトマーケットとは リッチモンドナイトマーケットはリッチモンドで開催されて ...

ReadMore

カナダ編 日常

【Compass Card】コンパスカード購入方法と使用方法、バス・スカイトレインの乗り方

  スポンサー   バンクーバーに住む方であれば、ほとんどの方が持っている Compass Card(コンパスカード) 今回はコンパスカードの購入方法と使用方法のご紹介です。 これ1つあればバスなどの公共機関を使用する際、とても便利になります。   スポンサー   タップできるもくじ1 コンパスカードはICカード2 ゾーンで料金が変わる3 カードの種類と購入方法4 コンパスカードの使い方5 券売機での購入方法とチャージ方法 5.1 コンパスカード発券5.2 定期の買 ...

ReadMore

セブ島留学編 観光スポット

【ボホール島の行き方】自力で行く方法2/2

スポンサー   前回に引き続き今回はボホール島内を、自力で行動する方法です。 前回の記事はこちらからどうぞ もちろん自力で行動することに関して、メリット、デメリットがあります。 そちらも一緒にご紹介していきます。 ただ道中、テンションが上がりすぎて写真をほぼ撮っておりません、、、。   スポンサー   タップできるもくじ1 ボホール島に到着2 モータサイクルを借りよう2.1 モータサイクルの契約3 まずはチャコレートヒルズへ3.1 チャコレートヒルズに到着4 ターシャが見たく ...

ReadMore

セブ島留学編 日常

【YouTube】パラセーリング行ってきました☆

スポンサー 学校が始まって1周間。 週末にパラセーリングに行きました。 たまには息抜きも必要ですよね。 チャンネル登録もぜひよろしくお願いします! スポンサー

ReadMore

グランビル周辺 レストラン

【GELATO EXPRESS】種類が豊富なアイスクリーム屋【ダウンタウン】

  スポンサー   またまたアイスクリーム屋さんに行ってきました。 バンクーバーには本当にたくさんのアイスクリーム屋さんがあります。 元々あまりアイスは食べないのですが、バンクーバーに来てから食べるようになりました。 最近はまりつつあります。   スポンサー   タップできるもくじ1 GELATO EXPRESS2 GELATO EXPRESSの場所と行き方2.1 GELATO EXPRESSに到着2.2 アイスクリームをオーダー2.3 アイスクリームができました3 ...

ReadMore

セブ島留学編 学校情報 学校情報

【フィリピン留学VSカナダ留学】フィリピン留学とカナダ留学を徹底比較

2019年8月9日

 

スポンサー

 

今回はみなさんが気になる

フィリピン留学

カナダ留学

この2つの経験者である僕が徹底的に比較します。

それぞれメリット、デメリットがあるのでぜひ参考にしていただけたら嬉しいです。

ちなみに上の写真は1番楽しかったクラスの集合写真です。

このクラスは本当にみんな仲が良く、毎日学校に行くのが楽しみでした。

 

スポンサー

 

費用

まずはみなさんが1番気になるであろう

費用

の比較です。

僕が3ヶ月のフィリピン留学に使ったお金は¥779,795です。

詳細はこちらの記事からどうぞ。

おすすめ
【セブ島留学】格安の海外留学!?フィリピン留学の費用を徹底解説!

  スポンサー   海外留学のなかでも特に格安で行くことができる フィリピン留学 ...

続きを見る

それに対し、2ヶ月半のカナダ留学に使ったお金は¥765,766です。

詳細はこちらの記事からどうぞ。(比較するためにこちらの記事とは少し値段を変えています。)

おすすめ
【いくらで行ける?】カナダ留学とワーホリ費用を徹底解説!【3ヶ月・半年・1年】

  これから留学へ行きたい方、ワーホリで海外に住みながら働きたい方 そんな方達が気になるの ...

続きを見る

ただ半月の差があります。なので、もし3ヶ月間カナダに留学したとすれば、、、

そうです!カナダ留学が少し高いぐらいで、正直そこまで変わりません!

もちろんプランなどにもよりますが、格安と言われているフィリピン留学でも結構費用はかかります。

でもフィリピン留学は寮付きの学校がほとんどですし、ご飯も3食付きが多いです。

それに比べカナダ留学はホームステイもしくはシェアハウス、ご飯もホームステイをしなければ自炊です。

さらに外食するとなりと、物価が約1/3のフィリピンは¥1000あればお腹いっぱい食べられますが、カナダはお腹いっぱい食べようと思えば¥3,000¥4,000はかかります。

学費等にあまり差が無いにしても、私生活でかなりの差が生じます。

なのでトータルで考えると、やはりフィリピン留学の方が安いです。

学校への申し込みは2校とも、

School With

にお世話になりました。

掲載されている学校の掲載数が多く、また口コミもリアルなのでともて参考になります。

担当の方も親身になって、相談にのってくださいました。

また申し込み後は特典として、オンライン英会話のレアジョブで1ヶ月間レッスンを、たったの¥1で受けることができます。

授業内容

それでは次に授業内容です。

これは実際に僕も友達から聞かれます。

結論から言うと

フィリピン留学はスピーキングが伸び、

カナダ留学はリスニングと発音が伸びます。

これは授業内容がフィリピンとカナダで大きく異るからです。

フィリピン留学は基本的にマンツーマンで授業が行われます。

僕がフィリピン留学で受けていた授業ですが、

1日の授業時間は8時間

マンツーマンレッスンが6時間、グループレッスンが2時間

となっております。

マンツーマンレッスンは先生と1対1のため、嫌でも話さないといけません。

グループレッスンも生徒数は45人のため発言する頻度は高いです。

そのため、スピーキングが伸びますし、間違いなどもすぐ指摘してくれます。

また1日中学校にいるので、先生と会う機会も多く、英語で会話する機会が多いです。

なので先生とも仲良くなれます 笑

それに対し、カナダ留学は基本的にグループレッスンです。

1日の授業時間は5時間

5時間全てがグループレッスンで、生徒数も1518人です。

そのため発言する機会がフィリピン留学と比べて圧倒的に少ないです。

自分から発言しないと、1日ほぼ発言することなく学校が終わります。

ですが、ネイティブの先生の授業を受けるため、リスニングやスピーキングの発音が伸びます

またネイティブならではの言い回しなども学ぶことができ、表現の幅が広がります。

フィリピンの先生達もネイティブに近いですが、やはり本場とは異なりますし、僕たちに合わせてゆっくり話してくれるので聞き取りやすいです。

僕自身、カナダに来た当初はネイティブの英語がほとんど聞き取れず苦しみました 笑

そのため、授業中も先生が何を喋っているのか分からないこともありました。

今でも聞き取れないことはありますが、以前よりかは聞き取れるようになりました。

フィリピン留学を検討中の方、これから行く方はこちらの記事を参考にしてください。

おすすめ
【セブ島留学】誰でもできる!フィリピン留学を成功させる11個の方法

  スポンサー   これから留学へ行く方は、高額なお金とたくさんの時間を費やすこ ...

続きを見る

私生活の充実

次に学校以外の私生活についてです。

費用の項目でも少し触れましたが、フィリピンは物価が安いため、何をするのにも安い値段で済みます。

レストランは1人あたり¥1,000ほどなので、頻繁に友達と外食をしていました。

ビールなんてお店によっては1杯あたり¥100です。

またアクティビティが多く、特に綺麗な海でのアクティビティは本当に楽しかったです。

毎週末はどこかしらに出かけていました。

それに比べカナダは物価が高く外食なんて頻繁にできませんし、遊ぶのもお金が結構かかります。

レストランへ行けば1人あたり¥3,000¥4,000はかかります。

カクテルなんか1杯あたり¥1,000を軽く超えます。

また僕がいるバンクーバーは本当にすることがありません 笑

観光地はあるものの、ぱっとするものは無いです 笑

自然が多いので、ゆっくり過ごしたい方にはオススメです。

実際、僕は公園やビーチで友達と話しながらゆっくり過ごすことが多いです。

ただフィリピンは1年を通して夏ですが、カナダは春夏秋冬があり日本と似ています。

夏はBBQ、冬はスキーやスノボーなどを楽しむことができます。

でも、休日などは圧倒的にフィリピンが楽しいです。

友達

次に友達です。

フィリピンの学校は圧倒的にアジア人が多く、僕の通っていた学校は

日本人、韓国人、中国人、台湾人、モンゴル人、ベトナム人

がほとんどです。たまにロシア人もいます。

なので、友達のほとんどがアジア人でした。

それに比べ、カナダの学校がたくさんの国籍の方がいます。

アジア、南米、ヨーロッパ

など本当に国際色は豊かです。

なので、色々な国の友達を作ることができます。

また、たくさんの文化の違いなども学ぶことができます。

ちなみに僕が通っていた学校は国籍の比率を一定に保っているため、学校全体でアジア人が圧倒的に多いなどは無かったです。

たくさんの国籍の方と話せたのは自分の中でとても良かったです。

ただ人によりますが結局のところ、アジアの方はアジアの方同士、ヨーロッパの方はヨーロッパの方同士、南米の方は南米の方同士で仲良くなります 笑

こういった点では、カナダ留学の方が良いなと思います。

スポンサー

フィリピン留学向けの方

目的は人それぞれですが、僕がフィリピン留学に向いていると思う方は、

・英語を1から始める方、全く話せない方

・低予算で留学がしたい方

・1日中勉強に励みたい方

・学校が休みの週末を存分に楽しみたい方、海が好きな方

以上の方です。

英語力が0の方はまず

英語を話すことに慣れる

必要があります。

フィリピン留学の魅力はなんと言ってもマンツーマンレッスンと価格です。

もしカナダでマンツーマンレッスンを受けるとなると、費用がかなり変わってきます。

マンツーマンレッスンだと話す機会も多く会話に慣れることができます。

授業時間も長く、自習もする方は1日中勉強をすることができます。

また週末などにアクティビティを楽しみたい方もオススメです。

海は本当に綺麗ですし、アクティビティの種類も多いです。

なので、バカンスでセブに来たついでに英語を勉強するって方もいました 笑

あ、ちなみに虫は多いので苦手な人は注意してくださいね。

カナダ留学向けの方

次にカナダ留学に向いている方は、

・文法などを理解していて、日常会話などの英語を話すことができる方

・ネイティブの先生の授業を受けたい方

・綺麗な発音を身につけたい方

・自然が好きな方

以上の方です。

日常会話が話せる方は思い切ってカナダに行きましょう。

ある程度話せるスキルがあるのにもかかわらず、フィリピンで勉強するのはもったいないです。

ネイティブの先生から英語を学び、ネイティブ達に囲まれて生活するほうが良いです。

ただ、授業はグループレッスンが基本なので発言する機会は少ないです。

なので積極的に発言しないといけません。

費用もフィリピン留学と比べると高いので、予算に余裕が無いと難しいです。

また自然が好きな方にもオススメです。

僕が住んでいるバンクーバーも、車やバスで1時間ほど走ると広大な自然が広がっています。

公園なども多く、休日はのんびり過ごしたい方にはうってつけです。

オススメする留学コース

僕と同じ、英語力が0だけどワーホリに行きたいって方は

フィリピン留学→カナダ留学

このコースがオススメです。

まずはフィリピン留学で英語を勉強し、英会話に慣れる。

それからカナダへワーホリに行き、学校へ行く、もしくは働く。

僕自身も、

フィリピンに留学しといて良かった

とカナダに来て改めて実感しています。

フィリピンで英語を勉強していなければ、今頃充実した生活を過ごせていなかったと思います。

基本的な英語が話せるだけで良いって方は

フィリピン留学

だけでも充分だと思います。

今以上に英語のスキルを上げたい、流暢に話せるようになりたい、TOEICIELTSなどのスコアを上げたいって方は

カナダ留学

がオススメです。

英語力0でもカナダに行く!

って方は最低でも基本的な文法を勉強し、CD付きの教材などを買い英語をたくさん聞いてから行くことをオススメします。

カナダでbe動詞から勉強するのは本当に時間とお金がもったいないです。

ちなみに、僕はフィリピンの方が好きです 笑

まとめ

目的は人それぞれですが、自分の目的をしっかり明確にし、目的に合った留学先を選んだほうが良いです。

格安と言われるフィリピン留学でも、プランによっては結構な金額になります。

目的も無く行っても、時間とお金を無駄にします。

それでも自分に合った留学コースが分からないって方は、エージェント会社に相談しましょう。

プロに相談するのが1番です。

僕もエージェント会社に相談し、留学期間やコースを決めました。

お互い充実した海外ライフを送りましょうね。

 

スポンサー

 

-セブ島留学編, 学校情報, 学校情報
-, , , , , , ,

Copyright© YUYA WORLD TRIP. , 2020 All Rights Reserved.