カナダ編 学校情報

【いくらで行ける?】カナダ留学とワーホリ費用を徹底解説!【3ヶ月・半年・1年】

  これから留学へ行きたい方、ワーホリで海外に住みながら働きたい方 そんな方達が気になるのって、 費用 ですよね? 疑問や悩み 色々なサイトを見たけど、いまいちピンとこない、、、。 結局いくらあれば留学・ワーホリに行けるの? そんな疑問を持つ方も多いと思います。 ということで、今回はカナダでの留学費用とワーキングホリデー費用、またカナダで働く予定の方が一体どれぐらい稼げるのかを解説していきます。 ちなみに僕が今回、カナダのために用意した費用は 約80万円 です。 僕は元々カナダで働く予定だったの ...

ReadMore

レストラン ロブソンストリート

【TaBom】チーズタッカルビが食べたいときはこのレストラン【バンクーバー・ダウンタウン】

  スポンサー   辛い食べ物が食べれない僕ですが、ふと突然 韓国料理が食べたい と時々思います。 なぞの衝動です。 ということで今回は日本でも人気の チーズタッカルビ が食べれる韓国料理レストランを、ご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 TaBom Korean Cuisine2 TaBom Korean Cuisineの場所と行き方2.1 TaBom Korean Cuisineに到着2.2 メニュー2.3 料理が届きました2.4 ...

ReadMore

ガスタウン レストラン

【Nicli Antica Pizzeria】ガスタウンの超人気ピザ屋さん【バンクーバー・ダウンタウン】

スポンサー   カナダの食べ物といえば、プーティンやチキンウィングなどがありますが、それ以外に人気なのが ピザ です。 ダウンタウンだけでもピザ屋さんは、たくさんあります。 今回はガスタウンにある、超人気のピザ屋さんをご紹介します。 スポンサー   タップできるもくじ1 Nicli Antica Pizzeria2 Nicli Antica Pizzeriaの場所と行き方3 Nicli Antica Pizzeriaに到着3.1 メニュー3.2 料理が届きました。3.3 お会計4 まと ...

ReadMore

美容情報

【30代〜50代女性必見】プラーミアでエイジングケア!いつまでも美しい女性へ【シャンプー】

  年齢を重ねると同時に変化する髪や頭皮の悩み。 ・パサつくようになった ・ハリコシが無くなった ・トップのボリュームがでなくなった などなど、様々な悩みがあると思います。 髪や頭皮の状態は、年齢によって異なります。 いつまでも美しい髪を保つためには、エイジングケアが必要になります。 そんな30代〜50代女性の方にオススメのヘアケア商品 プラーミア を今回はご紹介させていただきます。 この記事でわかること エイジングケアについて プラーミアの特徴や魅力 プラーミアの選び方 YUYAこのブログでは ...

ReadMore

カナダ編 日常

どこで鍛える?バンクーバーにあるオススメのジム5選を徹底解説【カナダ】

  ここ最近、ジムに通う方が増えましたね。 ジムの利用者は年々増えており、フィットネス市場も拡大しています。 バンクーバーに来る前まで、日本でジムに通っていた方も多いのではないでしょうか? また海外のジムに行くのが初めてという方は、料金やシステムはたまたどのジムが良いのかわからないって方も多いと思います。 今回はバンクーバーにあるオススメのジム5つをご紹介させていただきます。 ・バンクーバーでもジムに通いたい方 ・これからジムに通いたい方 ぜに参考にしてくださいね。   スポンサー & ...

ReadMore

バーナビー レストラン

【Toyo Sushi】本格的、そして上質なお寿司を食べるならここ【ダウンタウン・バンクーバー】

  スポンサー   バンクーバーにはお寿司屋さんがたくさんありますが、 そのなかでもバーナビーは特に激戦区です。 今回はそんな激戦区にある、本格的なお寿司屋さんをご紹介させていただきます。 たまには良いお寿司が食べたいって方にオススメです。   スポンサー   タップできるもくじ1 Toyo Sushi Japanese Restaurant2 Toyo Sushiの場所と行き方2.1 Toyo Sushiに到着2.2 メニュー2.3 料理が届きました2.4 お会計 ...

ReadMore

カナダ編 観光スポット

北米最大級!?リッチモンドのナイトマーケット【バンクーバー・カナダ】

  スポンサー   先日、北米で一番大きいナイトマーケット リッチモンド ナイトマーケット に行ってきました。 北米最大級なだけあり屋台の数も多く、たくさんの人で賑わってました。   スポンサー   タップできるもくじ1 リッチモンドナイトマーケットとは2 リッチモンドナイトマーケットの行き方3 営業時間と入場料4 入場4.1 屋台4.2 雑貨4.3 アトラクション類5 まとめ リッチモンドナイトマーケットとは リッチモンドナイトマーケットはリッチモンドで開催されて ...

ReadMore

カナダ編 日常

やり忘れたことはない?帰国時にすること6項目【ワーホリ・留学】

  入国したかと思えばあっという間に帰国日が来てしまう、ワーキングホリデーと留学。 入国してから色々と手続きなどをしたと思いますが、帰国する際も同様に手続きなどが必要です。 ということで、今回は 帰国時にすること6個 をご紹介させていただきます。   スポンサー   タップできるもくじ1 帰国時にすること6項目2 飛行機のチケットを購入3 部屋の解約4 銀行口座の解約5 SIMの解約6 領事館へ帰国届け7 タックスリターンの申告8 まとめ 帰国時にすること6項目 ワーホリの1 ...

ReadMore

セブ島留学編 観光スポット

【ボホール島の行き方】自力で行く方法2/2

スポンサー   前回に引き続き今回はボホール島内を、自力で行動する方法です。 前回の記事はこちらからどうぞ もちろん自力で行動することに関して、メリット、デメリットがあります。 そちらも一緒にご紹介していきます。 ただ道中、テンションが上がりすぎて写真をほぼ撮っておりません、、、。   スポンサー   タップできるもくじ1 ボホール島に到着2 モータサイクルを借りよう2.1 モータサイクルの契約3 まずはチャコレートヒルズへ3.1 チャコレートヒルズに到着4 ターシャが見たく ...

ReadMore

グランビル周辺 レストラン

【Browns Crafthouse】落ち着いた空間で美味しいお酒とハンバーガー【バンクーバー・ダウンタウン】

  スポンサー   バンクーバーにあるレストランは、どのお店も美味しい! ですがガヤガヤしていたりと、落ち着いてご飯を食べることができるレストランが少ないです。 今回はたまには落ち着いた空間でゆっくり食べたい、って方にオススメのレストランです。 スポンサー   タップできるもくじ1 Browns Crafthouse2 Browns Crafthouseの場所と行き方2.1 Browns Crafthouseに到着2.2 メニュー2.3 料理が届きました2.4 お会計3 まと ...

ReadMore

カナダ編 学校情報

【ホームステイ】ホームステイの真実。メリット、デメリットを教えます

2019年6月9日

 

スポンサー

 

多くのワーホリの方や留学生の方が利用する

ホームステイ

今回はそのホームステイを実際に経験した僕が色々と解説していきます。

メリットデメリット実際とのところは、などなど、、、。

ホームステイを検討している人はぜひ参考にしてください。

 

スポンサー

 

リアルな日常生活を体験できるホームステイ

さて今回のテーマはホームステイですが、ワーホリや留学などを検討している方は既にご存知かと思います。

ご存知じゃない方のために、説明いたしますと、、、

ホームステイとは

留学生やワーキングホリデービザを使って海外に行った方が、現地の一般家庭から1部屋借り、その家族と一緒に生活を共にすること

です。

リアルな現地の私生活を見ることができるので、語学の勉強以外にも文化の違いなども直接学ぶことができ凄くいい経験になります。

ホストファミリーと仲良くなることができると、英語を上達することができますし、とても良い思い出もできます。

スポンサー

ホームステイのメリット

それでは早速ホームステイのメリットからです。

メリット

①、英語が上達する

②、現地の文化を体験できる

③、カバン1つで行ける

④、ご飯を作る必要がない

⑤、勉強に集中できる

⑥、安心して生活できる

などがあります。

それでは1つずつ解説していきます。

①英語が上達する

1番のメリットはこれだと思います。

英語の環境に身を置くことになるので、英語の上達が早くなります。

もちろんホストファミリーと全く会話をしない、となると話は別ですが、、、。

積極的に話かけることで、英語を話す機会が増え上達に繋がります。

②現地の文化を体験できる

現地に住んでいる家族と一緒に過ごすことができるので、生活習慣や食生活などリアルな文化を直接体験することができます。

ホームステイしないと体験できないことも多くあり、日本との違いを知ることで視野も広がります。

世界各国の文化が知りたい僕には最適な環境です。

③カバン1つで行ける

ホームステイをするということは、一般家庭に住むということになります。

そうなると家具や家電を買う必要がないなので、カバン1つで行くことができます。

ホームステイ先によってはシャンプーなどの日用品も提供してくれる事もあります。

いきなりシェアルームやシェアハウスに住むとなると、自分で用意しないといけないこともあるので時間と手間がかかります。

④ご飯を作る必要がない

ホームステイには2食、もしくは3食が含まれています。

そのため自分で食事を作る必要がないです。

特に料理が苦手な方は、外食に頼ってしまったり食べないなどもある思います。

ホームステイだとホストファミリーが食事を提供してくれるので、きちんとした食事を食べることができます。

僕のホストファミリーはフィリピン人なので、基本的にフィリピン料理が多いです。

とある日の3食を紹介します。

朝食

朝ご飯は僕が朝早く家を出るので、自分で作ることが多いです。

だいたいパンシリアルコーヒーです。

昼食

学校がある日はお弁当を作ってくれます。

毎日サンドイッチですが、毎回具材を変えてくれます。

もちろん学校がない日も作ってくれます。

その際は一緒に食べることが多いです。

夕食

夕ご飯はホストファミリーと一緒に食べます。

肉類が多いです。時々野菜スープや魚料理などもあります。

ただこれはホームステイ先によって変わってくるので、デメリットの項目で説明します。

⑤勉強に集中できる

留学期間中、ずっとホームステイをする方は勉強以外に悩む問題もあまりないため勉強に集中できます。

働かず学校だけに通う方には、凄く最適な環境です。

授業と自主学習でインプットし、ホストファミリーと会話をしアウトプットする。

僕の場合だとホストファミリーに小学生のお子さんがいて、宿題を手伝っていただいています 笑

⑥安心して生活できる

ホストファミリーがいるというのは、精神的にも安心できます。

わからない事があればすぐ聞けるし、悩みごとなどがあれば相談できますし、色々と助けてくれます。

幸いなことに僕のホストファミリーは本当に良い人達で、僕のことを気にかけてくれますし英語も教えてくれます。

本当に運が良かったなと思います。

ホームステイを楽しむ秘訣はコミュニケーションをしっかり取ることです。

英語が上手く話せなくても、ホストファミリーは英語が上手く話せない留学生達などに慣れているので、理解しようとしてくれます。

積極的に会話をすることをオススメします。

ホームステイのデメリット

それでは次にデメリットです。

デメリット

①気をつかう

②ルールがある

③食事が合わないと辛い、作ってくれないことがある

④英語環境じゃないことがある

⑤交通の便が悪い

⑥費用が高い

などがあります。

①気をつかう

家族の一員として迎えられますが、やはり気はつかいます。

夜遅くお風呂に入りにくかったり、物音をなるべくたてないようになど気をつかう場面は多々あります。

夜中の1時や2時に帰ってきたときはお風呂に入らずそのまま寝ます 笑

特に英語があまり話せないとなると、伝えたいことも伝えれずでストレスが溜まります。

②ルールがある

これはどこのホームステイ先にもあると思います。

僕がお世話になっているホストファミリーはそこまでルールは無いです。

あっても洗濯は1週間に1回だけなどです。

友達の話を聞いていると、門限があったり、Wi-Fiを使っての通話がダメなどもあるみたいです。

特にお風呂はトラブルの元になります。

海外は日本と違ってシャワーのみの家庭が多く、日本みたいに湯船に浸かるという習慣が無いです。

ただ郷に入れば郷に従えなので、これは仕方ないのかなとも思います。

③食事が合わないと辛い、作ってくれないことがある

短期であればまだ我慢できる食事問題ですが、長期となるとやはり辛いものです、、、。

家庭によって味付けや作る料理が異なるので、難しいところではあります。

僕は美味しいご飯を作っていただいていますが、あまりにも肉類が多かったのでやんわりと野菜が食べたいと伝えました。

すると次の日から野菜が出ることが増えました。

こうやって我慢せず、伝えるのも大切です。

さて作ってくれない問題です。

ホームステイ先によっては、材料だけ買ってくるから後は自分で作ってというホストファミリーもいるみたいです。

さすがに3食全てではないにしろ、お金を払ってるのだから最低限作ってほしいものです。

また友達は5日間毎日、同じメニューだったこともあるみたいです。

留学生などをたくさん抱えているホストファミリーほど、こういった傾向があると感じます。

④英語環境じゃないことがある

必ずしも全てのホストファミリーが現地の方ではないです。

中国人や香港人、フィリピン人などアジア人のホストファミリーも多いです。

なかには英語が片言しか話せないなんてパターンもあります。

なので、絶対に現地の方の家庭に住めるって期待はしないほうがいいです。

特に僕が滞在しているカナダは、アジア人の方がたくさん住んでいるのでそういった家庭にあたる方は多いです。

⑤交通の便が悪い

ほとんどのホストファミリーは郊外に住んでいます。

そのため、学校までの通学時間がかかることがあります。

僕の場合だと学校までバスで40分ほどかかります。

友達はバスと電車を乗り継いで1時間ほどかけて来ている子もいます。

まぁこれも仕方ないことです。

⑥費用が高い

やはりルームシェアやシェアハウスと比べると費用がかかります。

時期によっては1ヶ月で1000ドル以上かかります。

僕の場合だと1ヶ月で$1,210(¥99,000)でした。

改めて計算すると高い、、、。

また仲介手数料などもかかります。

極力費用を抑えたい方は、到着後ホームステイではなく安いルームシェアやシェアハウスに住んでいます。

まとめ

実際にホームステイして感じたメリット、デメリットです。

本当にホームステイには当たり外れがあり、運が良ければ楽しい期間を過ごすことができますが、運が悪ければ最悪な時期を過ごすことになります。

ただいきなりルームシェアやシェアハウスに住むのはなかなか大変なので、始めはホームステイにすることをオススメします。

滞在期間も1週間〜選べるようになっています。

もしホームステイ中に次の部屋が見つからなかったら延長もできます。

合う合わないがあるので滞在期間を短めにしといて、合うようであれば延長するっていうのも有りです。

もちろんホームステイ先を変えることができるエージェント、学校もありますので事前に確認したほうが良いです。

何度も言いますが、僕は運良く素敵なホストファミリーと出会うことができました。

僕の記事が少しでも皆さんのワーホリ生活、留学生活のお役に立てたら嬉しいです。

 

スポンサー

 

-カナダ編, 学校情報
-, , , , , , ,

Copyright© YUYA WORLD TRIP. , 2020 All Rights Reserved.